無難から一歩抜け出す!働く女性のためのパーソナルカラー診断

仕事で着る服はどうしても黒や紺になってしまう…。そんなあなたに「色」を使ったコーディネートのコツをお伝えします。

こんなことを学びます

120色のドレープと呼ばれる布の中から、代表的な色をお顔の下にあてて、パーソナルカラー(=似合う色)を診断します。
「あなたのパーソナルカラーは〇〇ですよ」と診断されても、実際にお店にいくと無数の色があり、迷ってしまわれる方もいらっしゃいます。
そこで雑誌を使い、自分のパーソナルカラーを選ぶコツを丁寧にお教えします。

学べる内容
1)自分のパーソナルカラーを選ぶコツ(雑誌利用)
2)イエローベース・ブルーべ―スの考え方によるメイク用品の選び方
3)パーソナルカラーを使ったコーディネートのコツ
4)オフィスファッションへのパーソナルカラーの取り入れかた
など

パーソナルカラーを知る効果
・買い物の時間が短縮される
・買い物にかけるお金の節約
・若見え効果

4名までのグループレッスンのため安価な価格設定となっております。
ぜひお試しください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催日程がありません

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥6,800

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
0人が受けたい登録しています

この講座の先生

【品格研究所】働く女性のための外見コンサルタント

無難から一歩抜け出す!働く女性のための外見コンサルティングを行う「品格研究所」主宰。
役員秘書として外資系上場会社に勤務をしていたものの、産後仕事と子育ての両立に悩み、失意のどん底に…。
体重が激減したため、スーツを新調しようとしたところ、致命的に似合わないものがあることを知る。
それから徹底して自分に似合う洋服のみ着用することで、外見イメージを改善。
周りの反応も明らかに変わり、自分に自信を取り戻す。
その経験から、何かの拍子に自信を失いかけたり、本来のポテンシャルを発揮しきれていない働く女性が、十分に能力を発揮できるような外見イメージ戦略を提案したいと、イメージコンサルタント資格を取得。2016年より活動開始。
現在は社長秘書として働くかたわら、イメージコンサルタントとして、働く女性の外見づくりをサポートしている。

【活動実績】
・雑誌のクールビズ特集を監修
・百貨店にて、パーソナルカラーイベントに登壇
・カルチャーセンターにて骨格診断、パーソナルカラー診断の講座を開講
・現在までに420名以上の骨格診断、パーソナルカラー診断、メイクレッスンを実施。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1)講師自己紹介 5分
    2) パーソナルカラーの説明 15分
    3)パーソナルカラー診断 30分(4名の場合)
    ドレープと呼ばれる布をお顔の下にあてて顔映りを見ながら、スプリング、サマー、オータム、ウインターのいずれかの診断をします。
    4)雑誌を使って、ご自身のパーソナルカラーに基づいたお洋服やメイク用品をバーチャルショッピングしてみましょう。60分(4名の場合)
  • こんな方を対象としています

    ・いろいろな色にチャレンジしたいのに、結局無難な色のものを買ってしまう…
    ・なんとなく着ていない色の服がある
    ・欲しくて買ったリップの色が似合わなかった
    ・どうせ買うなら、似合う色のものを買いたい。結局何色が似合うの?
    ・髪の色を明るくしたら、なんとなく浮いてしまった…
    ・買い物にかける時間を短縮したい
  • 受講料の説明

    ・A4サイズ オリジナル資料

    ※ご希望の方にのみ、パーソナルカラーの色見本帳を1,620円(税込)で販売します。
    ※雑誌をお忘れの方は、当日近隣のコンビニ等でお買い求めください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <持ち物>
    ・お好きなファッション雑誌(通販カタログなど無料のものや、過去の雑誌でもOK)
    ・A4サイズの資料が入る袋やバッグ
    ・診断してもらいたい色の洋服やメイク用品
    ・コンタクト容器(カラーコンタクトを外される方のみ)

    <ご注意>
    ・ごく薄いメイクでお越しください(色のつかない下地プラスお粉など)特にアイシャドウ、チーク、リップには色を使わずにお越しください。診断終了後はメイクをして頂いてOKです。
    ・カラーコンタクトは、診断時に外して頂きます。
    ・ご希望の方のみパーソナルカラーの色見本帳を販売します(1,620円 税込)。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?