【1ランク上の自分らしさ】キャッチコピーは”見つける”もの。

キャッチコピーの作成に、もし『迷ったら』、見てください。迷うということは勘違いされている可能性が高いです。

こんなことを学びます

最近では、ほとんどの会社がHPを持っていますし、個人でも沢山の方が持たれています。更にブログやSNSにいたっては、もっともっと多くの個人が発信しています。

そんな時代に便利で、必要で、効果があるのが、キャッチコピーです。

どのようなコピーがお好みでしょうか?
・かっこいいコピーがいいでしょうか、
・かわいいコピーがいいでしょうか、
・素敵なコピーがいいでしょうか、
・驚いてもらうコピーがいいでしょうか、
それとも・・・

自分にはどんなキャッチコピーが似合うのだろう!!

このようにキャッチコピーを考えるというのは、凄く楽しいのですが・・・。ちょっと待ってください。

先程書いたように今の時代、多くの個人・会社が様々な情報を発信しています。
それはその分キャッチコピーが使われている、ということです。
言葉を変えると、キャッチコピーが氾濫している、ということです。

勘の良い方なら、危険!と思われたかも知れませんね。


つまり、ちょっとキャッチコピーの方法を間違うと
あなたのキャッチコピーが『その他大勢』に入ってしまう
ということです!!


キャッチコピーですが、『その他大勢』に入った時点で、本来の効果が消えて失くなってしまいます。


この講座では、

上記のような『その他大勢』に入らず、
自分に似合ったキャッチコピーを見つける方法を

学んでいただくものです。



▼キャッチコピーの優れているところ

(ご存知だと思いますが、一応。)

・人に興味を持ってもらえます
・人が集まってきます
・人に感謝されます
等々

この点は、まさにキャッチコピーの効果、といったところでしょう。
そんなキャッチコピーですが、反面困ったところも持っています。

▼キャッチコピーの困ったところ

・出来上がったものが、自分のイメージとは合わない
・ネットや本に、いろいろなキャッチコピーのつくり方があり、結局どうしてよいか分からない。
・出来上がったものが、良いのかどうか判別がつかない
・これでいいのか、悩む、迷う。
・ちゃんと考えないと、すぐに”その他大勢”に入ってしまう

のように、どうも自分のイメージと合わない、だから迷う悩む。が繰り返されます。それだけならまだ良いのですが、もっとも困る点、それが”その他大勢”に紛れてしまう、ということ。こうなってしまうと、キャッチコピーの存在意義がなくなります。


実はこれらのこと、キャッチコピーを作ろうと考えているから、起こることです。


▼この講座で得ていただくもの

『その他大勢』に入らず、自分に似合ったキャッチコピーの見つけ方。です。


キャッチコピーは作るものではなく、見つけるもの、と捉えることで「困ったところ」をクリアしていただこうと思います。


▼こんなお悩み、思われたことないでしょうか。

・上手くつくれない
・どうしても他人と似てしまう
・どうもイマイチ、ピンとこない
・何度作り直しても、納得がいかない
・自分のキャッチコピーは、こうじゃないのに、と納得がいかない
・見られていないんじゃないか?と不安。
等々


もし1つでも思われたことがあるなら、それは(無理に)作ろうとしているのではないでしょうか。
作ろうとするから起こるのです。
そうではなく、見つけるもの、と転換すれば、こういったことは無くなります。


そのような見つけ方を、この講座ではご紹介いたします。



この講座では、2年(2017-2018)で148社に実施し、総合評価4.6/5.0を貰っている企業向けライティング研修の中からキャッチコピー部分だけを抜き出してお伝えいたします。
ご参考)この研修についての評価の一部です。
 http://kyuki-kb.com/profile/c-voice2018/

ご注意ください)念の為、以下の点をご確認ください。
キャッチコピーには2種類あります。
1つは、大企業がTVCMや新聞、駅や電車の中で用いているコピーです。
  例:「そうだ 京都、行こう!」「わんぱくでもいい、たくましく育て」「NO MUSIC NO LIFE」など
もう1つは、HPやブログや商品広告に使われているコピーです。

この講座の対象は、後半のHPやブログや商品広告につけるものです。この点、ご了承ください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥9,800

受けたい
1人が受けたい登録しています

この講座の先生

▶▶▶ 仕事をもっと面白く!

知る→興味を持つ→覚える→1度できる→いつでも使える→応用できる
何かを習得するときはこのような順番で身についていく。

現場で最も必要とされるのは「応用できる」人。だから、これと決めたものは最低限「応用できる」まで仕立てあげないと意味がない。そして「応用できる」ようになると、仕事って途端に面白くなる。

というのが基本的な考え方。

私の20年以上の経験をもとに、仕事を面白くする為のスキルをお伝えしています。


現在は、企業のデータ活用(生産性向上やマーケティング等)の支援等をしています。(91社/2017年、57社/2018年)

同志社大学工学部卒業後、銀行系IT企業に入社。その後2社(IT企業)に転職し、2016年に独立。3社で、業務、WEB、分析システムと、データの発生から活用までの一通りのIT構築を経験。
「ITを応用するには一通りを経験しないと!」と考え至った為。

趣味は、読書とランニング、英会話(勉強中)です。
2017年に初フルマラソンを完走しました!(3時間42分17秒@つくばマラソン) + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    2時間30分の予定です。

    ・講師や参加者の自己紹介及び、講座の進め方の説明など
    ・ブレスト(脳をすっきりさせる)
    ・見つけ方(方法を知る)
    ・見つけ方(やってみる)
    ・ディスカッション
    ・まとめ
  • こんな方を対象としています

    以下のように思われている方

    ・上手くつくれない
    ・どうしても他人と似てしまう
    ・どうもイマイチ、ピンとこない
    ・何度作り直しても、納得がいかない
    ・自分のキャッチコピーは、こうじゃないのに、と納得がいかない
    ・見られていないんじゃないか?と不安。
  • 受講料の説明

    テキスト代・場所代等すべて含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    筆記用具をお持ち下さい。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?