お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

3回コース サッカー経験者、高校生必見!トメテケルに没頭する1時間!

トメテケルに自信がなくて、ボールを受けるのが怖い。 それをとことん克服するコースです。

こんなことを学びます

~内容~

1.トメテケルのトレーニング(40分)
→一見、普通のパス練習ですが、自分の思い通りにできた時、できなかった時をご自身で説明できるようになって頂きます。自分の身体を思い通りに動かす為に、かなり頭を使う練習になっております。

2.ゲーム形式で実践(20分)
→練習したことを、実際に相手がいる状態で実践します。
とことん意識して、とことん考えながらミニゲームを行って頂きます。


これを月3日、全く同じことを行って頂くコースになっております。


続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催日程がありません

開催予定エリア

奈良県内

価格(税込)

¥6,000(¥2,000 × 3 回)

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
1人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。

この講座の先生

奈良県のトメテケル、クリエイター

小学校2年からサッカーを始め、プロを目指していましたが、結局なれませんでした。(一条→関西大学)

私がプロになれなかった理由は、たった1つだと思っています。

トメテケル技術を
高校時代に身に付けなかったこと。
これのみです。

高校時代は、全国にも10番を付けて出場しましたが、
大学で、ユース上がりの選手のトメテケルを見た時、相当な危機感を覚えました。

がむしゃらに練習しましたが、全然上達せず、身体が上手く使えない私は、グロインペインを患い、復帰までに1年ほど費やしました。その間も「トメテケル」についてたくさん考え、分析を重ね、そこから身に付けるまでに1年もかかりました。その1年は、2時間の練習以外で、4時間はその行き着いた答えが染み付くまで練習しました。
そのせいで、負荷が上がり大怪我をし、
プロを諦めたのが大学最後の年です。

今、高校生で、
プロになる為に、必死に努力している皆さん。
ぜひ、一緒に上手くなりましょう。
もちろん、高校生限定ではありません。
本気で、「トメテケル」に打ち込む1時間を過ごせるのを楽しみにしています。

+ 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 トメテケル!そして、考える!!

    1.トメテケルのトレーニング(40分)
    →一見、普通のパス練習ですが、自分の思い通りにできた時、できなかった時をご自身で説明できるようになって頂きます。自分の身体を思い通りに動かす為に、かなり頭を使う練習になっております。

    2.ゲーム形式で実践(20分)
    →練習したことを、実際に相手がいる状態で実践します。
    とことん意識して、とことん考えながらミニゲームを行って頂きます。

  • 第2回 トメテケル!そして、考える!!

    1.トメテケルのトレーニング(40分)
    →一見、普通のパス練習ですが、自分の思い通りにできた時、できなかった時をご自身で説明できるようになって頂きます。自分の身体を思い通りに動かす為に、かなり頭を使う練習になっております。

    2.ゲーム形式で実践(20分)
    →練習したことを、実際に相手がいる状態で実践します。
    とことん意識して、とことん考えながらミニゲームを行って頂きます。

  • 第3回 トメテケル!そして、考える!!

    1.トメテケルのトレーニング(40分)
    →一見、普通のパス練習ですが、自分の思い通りにできた時、できなかった時をご自身で説明できるようになって頂きます。自分の身体を思い通りに動かす為に、かなり頭を使う練習になっております。

    2.ゲーム形式で実践(20分)
    →練習したことを、実際に相手がいる状態で実践します。
    とことん意識して、とことん考えながらミニゲームを行って頂きます。

  • こんな方を対象としています

    プロを目指している高校生
    ボールを自由自在に扱いたいサッカー大好きな皆さん
  • 受講料の説明

    受講料、コート代は含まれております。
    それ以外の飲み物、着替え等は、各自ご持参下さい。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    トレーニングは、フットサルコートで行いますので、シューズは忘れないようにしてください。
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?