2回コース 通帳だけでOK!「ラクに」「続く」家計管理を学ぼう

家計簿いらずでできる家計管理法。家計改善の優先順位のつけ方を女性FPが伝授します

learn

こんなことを学びます

「来年こそ家計簿をつけて節約しよう!」
そう考えて家計簿を購入したものの
1月の途中で早くも挫折した……
など苦い経験をお持ちの方は少なくないのでは?

いいんです、
大丈夫なんです。

最初に断言します!
家計簿なしでも
家計管理はちゃんと「できます」。


どんぶり勘定の人に多い
「我が家の家計は赤字なのか、黒字なのかわからない」
「ハデに使っているつもりはないけど、貯まらない……」

不安をそのままにしておくと辛いですよね。
どんどん不安も大きくなりがちです。

でも、家計簿なんてつけたことがないし…
支出費目をどれにするかで迷ったり
レシートがどんどん財布に貯まって困る~。

それなら、いっそ家計簿はやめて
通帳をつかって、月イチ資産管理はいかが?

そのほか、1週間これだけ財布や
費目別クレジットカード使いなどでやりくりする方法もアリ。


ズボラ管理ならおまかせの
大雑把なO型FPの私が

☆どんぶり勘定の人でも「ラクに」「続く」
☆家計簿いらずの家計管理のアレコレ

を90分×2回の講義で伝授します。

少数ならではの
各々家計に合ったアドバイスをしながらの
ラクラク家計管理講座です。

<こんな人に向いています>
・家計簿をつけて挫折したことがある人
・忙しくて毎日家計簿をつけるのは無理な人
・家計簿の数字と実際の貯蓄が合っていないと思う人
・生活費が足らず、
 プライベート口座からお金を引き出しがちな人

できない自分をあきらめるのではなく
できることを組み合わせて家計管理ができれば
ストレスもたまりません。

お金とのつきあいは死ぬまで続きます。

明日の自分から感謝される
人生100年時代を乗り切るための知恵を
身につけておいて損はありません。

また、家計簿をつけるだけで
どう改善したらよいかわからない人にもおすすめ♪

家計改善のキモ、優先順位のつけ方を
おひとりおひとりに合わせてお伝えしていきます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

千葉・幕張

価格(税込)

¥7,800(¥3,900 × 2 回)

受けたい
1人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

起業女子、副業初心者が知るべき情報発信のコツを伝授

ファイナンシャルプランナー/住宅ローンアドバイザー
千葉市在住。「ラクに・続く」家計アドバイスが好評。
WEBマーケティング会社勤務の経験を活かし、暮らしに無理なく続けられるお金とのつきあい方や金融情報などをメディアで発信中(電子書籍やマネー診断制作実績あり)。

<講座実績>
千葉市男女共同参画センター様
「しごと応援ゼミ 子育てと仕事を両立するためのマネープラン」
千葉で朝活様「お仕事のお金の基本講座」
消費生活の安定及び向上に向けた県民提案事業採択講座
「お金とくらしのイザ!に備える6つの知恵袋」

<執筆実績>
It Mama様 MINE様 楽天の保険ニュース&リサーチ様 住宅ローンのほんとのところ様 ZUU ONLINE様 キャリタス様 他

<取材協力>
ママスタセレクト「扶養に入っているママは、いくら稼ぐのが得?ママたちに知ってほしい『2つの扶養の壁』とは」(2019年1月)
東京新聞「新年へ向け家計見直し 通帳で年間の状況知ろう」(2014年12月)
FPアンサーズ「引受基準緩和型保険に加入すべきかどうか」(2014年7月) + 続きを読む

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 自分に合った家計管理法を見つけよう!

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10分 自己紹介と講座のゴール設定
    80分 講義&ミニワーク・アドバイス
    20分 質疑応答

  • 第2回 年間貯蓄ペースの確認と毎月の生活費予算を立てる

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    80分 講義&ミニワーク・アドバイス
    10分 シェアタイム

  • こんな方を対象としています

    家計簿を途中で挫折した経験のある人
    家計簿をつけているのになぜか節約できない人
    家計収支が黒字か赤字か知りたい人 など
  • 受講料の説明

    受講料には次のものが含まれます。
    (1) 講座資料・ワークシート代
    (2) レシート保存、袋分け予算管理に便利なドキュメントファイル1冊
    (3) 30分の個別相談
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講座当日は【電卓】と【筆記用具】をお持ちください。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています