お写ん歩レッスン☆洋館と日本庭園の紅葉を撮ろう!旧古河庭園

バラ園と日本庭園のある旧古河庭園で、重厚な洋館やバラと紅葉のコラボ写真・日本の美しさを表現する写真を楽しみましょう。

こんなことを学びます

☆紅葉&秋バラの状況☆
16日からは、「錦秋深まる旧古河庭園」が開催されます。
紅葉と秋バラの両方が楽しめる庭園で、秋色に染まる贅沢な撮影を楽しみませんか?
モミジが紅く染まり、紅葉の見ごろを迎えています。(12月1日現在)

<錦秋深まる旧古河庭園>
11月16日から12月8日は、錦秋深まる旧古河庭園が開催されます。

<旧古河庭園>
東京都北区の武蔵野台地南斜面に建つ旧古河庭園は、大正6年(1917年)に古河虎之助の別邸として建てられた洋館とその庭園です。
北側には急勾配の切妻屋根と屋根窓、多角形をした出窓が特徴的な洋館があり、南側には日本庭園が広がります。
日本庭園の紅葉は大変美しく、池にリフレクションする景色や静かなお茶室など、趣のある日本の風景を撮影することができます。

<講師より>
旧古河庭園には、洋庭園(バラ園)と日本庭園のふたつお庭があり、和と洋の紅葉を楽しむことができます。
苔の上に落ちた赤く色づいた葉やお茶室まわりの紅葉は、大変美しくバラの時期とは、まったく違った景色が広がります。

<もうひとつの古河庭園レッスン>
旧古河庭園では、春と秋のバラの季節には、洋館とバラを中心に撮影するレッスンを開催しています。
「お写ん歩レッスン☆旧古河庭園で洋館とバラを撮ろう!」
https://www.street-academy.com/myclass/15199

<レッスンで学ぶこと>
旧古河庭園のバラの咲くお庭や紅葉の美しい日本庭園を、講師と一緒にお写べりしながら楽しくお写ん歩します。
美しい紅葉を撮ることはもちろん、背景に洋館を入れたり、日本庭園のお茶室や池に写りこむ紅葉のある風景写真の撮り方を学びます。
タイミングによっては、バラの写真や紅葉を背景にしたバラの写真も撮影することが可能です。
紅葉黄葉が美しいポイントをご案内しながら、あなたのイメージに合わせた撮影方法をアドバイスします。

レッスンは、「どう撮るか?」と講師が一方的にレクチャーするのではなく、「こう撮りたい。」というあなた自身のイメージを大切に進めていきます。
「イメージを形」にする方法も、わかりやすくレクチャーさせていただきますので、写真を始めて間もない方でも安心してご参加ください。
イメージ通りに写真が撮れるようになると、写真がとっても楽しくなります。
もっと、写真が好きになります。一緒に、写真を楽しみましょう!

<講座のレベル>
★★★☆初級者以上
絞り優先などで、写真の明るさを変えて撮影することができれば、紅葉撮影が初めての方でもご参加いただけます。
少人数制なので、参加者のスキルレベルに合わせて、指導いたします。

<参加レベルの目安>
安心してご参加いただけるように、おおよその目安としてレベルを設けました。
ご自分のレベルがわからないという方は、遠慮なくご相談ください。
★☆☆☆入門者:レンズ交換式カメラを初めて使う方・購入したばかりの方
★★☆☆初心者:フルオート(すべてカメラまかせ)なら写真が撮れるという方
★★★☆初級者:カメラの操作が、ある程度できる方(撮影モード絞り優先などで、写真の明るさを変えることができればOK)
★★★★中級者:カメラの機能を、ある程度理解できている方(露出についの知識があればOK)

<教える内容>
レクチャーとワーク(撮影)を組み合わせた2部構成です。
講師と一緒に、バラと洋館を撮りながら楽しく学べます。
・風景撮影に適した、カメラの基本設定について。
・紅葉のある風景・紅葉の魅力を引き出す撮影方法を、撮影ポイントごとにアドバイスします。
・あなたが撮りたい紅葉のイメージに合わせた撮影方法をアドバイスします。

<レンズについて>
標準ズームレンズ・望遠ズームレンズをお持ちください。
(標準ズームレンズ1本でも、参加可能です。)
・風景撮影には、標準ズームレンズを推奨します。
・紅葉ののクローズアップには、望遠ズームレンズを推奨します。
☆単焦点レンズ1本だけですと撮影表現が制限される場合があります。
単焦点レンズを使用されたい場合は、ズームレンズもご一緒にお持ちください。
☆お持ちのレンズについて、ご質問がある場合はお問い合わせください。

<三脚について>
通行の妨げになりますので三脚は使用いたしません。
レッスンは、手持ち撮影となります。

<同伴者について>
受講者以外の同伴は、ご遠慮ください。

<キャンセルについて>
予約締め切り日時を過ぎてのキャンセルは、返金の対応をしておりません。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催日程がありません

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥5,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
5人が受けたい登録しています

この講座の先生

写真でこころを表現するフォトセラピスト

フォトセラピストの三本尚実(みもとなおみ)です。
私は、フラワーアーティスト、アロマセラピストとして、美しい花たちの生命力に包まれて、20年以上仕事をしてまいりました。
最初は、デザインの記録として撮っていた花の写真が、いつの間にか自分のこころを見つめるためのツールとなり、今では写真を撮ることが私自身のセラピーとなっています。

フォトレッスンでは、「どう撮るか?」ではなくひとりひとりの「こう撮りたい。」を大切に、写真を撮る時に感じる「思い」や「こころ」を自由に表現する方法をお伝えしたいと思っております。
イメージ通りに写真が撮れれば、写真が楽しくなり、もっともっと写真が好きになります。一緒に写真を楽しみましょう。

撮影した作品は500pxにアップしています。
500px
https://500px.com/ruritsuki
ロケハン、レッスンで撮った写真は、ブログにアップしています。
ブログ
http://ruritsukimaria.blog.fc2.com/

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分
    時間はおおよその目安です。
    参加者のスキルレベルや状況により、時間配分や内容が変更になる場合があります。

    <当日のレッスンの流れ>
    ・旧古河庭園 集合
    ・自己紹介
     (一緒にお写ん歩する仲間で、自己紹介をします。)
    ・カメラの設定についてレクチャー
    ・紅葉のある風景などを撮影
    ・ベストショットをシェア
     (お気に入りの写真を、みんなで見せ合いっこします。)
    ・まとめ
    ・現地解散
    (レッスン後も撮影できるように、旧古河庭園の中で解散いたします。)
    • こんな方を対象としています

      ・紅葉撮影の基礎を学びたい方。
      ・リフレクションを活かした撮影をしたい方。
      ・背景ボケや玉ボケを活かした撮影をしたい方。
      ・紅葉の色を美しく表現したい方。
    • 受講料の説明

      受講料は、レッスン代(テキスト付)のみです。
      別途、旧古河庭園の入園料150円(一般)が必要です。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      <お願い>
      お申込み時に、お使いのカメラメーカーと機種名・携帯電話番号をお知らせください。
      (リピーターの方も、お知らせいただけると嬉しいです。)

      <集合場所と携行品の確認>
      集合場所と携行品の詳細なご案内は、お申し込み後グループメッセージにてご確認いただけます。

      <集合時間>
      講座開始5分前までに、集合場所にお越しください。
      時間厳守でお願いいたします。

      <当日の持ち物>
      ・カメラ :レンズ交換できる、一眼レフ・ミラーレスカメラ。
      ・レンズ : 標準ズームレンズ、望遠ズームレンズなど。
      ・電池:必ずフル充電でお持ちください。(予備電池があれば安心です。)
      ・空の記憶メディア :容量の不足にならないように、空き容量の確認をお願いします。
      ・カメラの説明書:カメラ操作に慣れていない方は、必ずお持ちください。
      ・筆記用具:ペンをお持ちください。

      <当日の服装>
      ・動きやすい服・歩きやすい靴 : 徒歩で移動しながら撮影します。
      ・荷物:園内は混み合いますので、荷物はコンパクトにまとめてください。
       リュックは背中から降ろして、撮影いただくようにお願いします。

      <雨天中止>
      屋外撮影のため、雨天の場合はレッスンは中止となります。
      中止の場合は、グループメッセージにてご連絡をし、返金手続きをさせていただきます。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • W1

    女性 50代

    この講座は「撮りたい写真が撮れるようになる講座」でした

    「この被写体をこんな風に撮りたい」と思いがあるのに、なかなか上手く行かずに悩んでいましたが、三本先生は的確にアドバイスとヒントを下さいます。
    今回のレッスンでいろいろなコツを掴めて来ましたので、これからの撮影に活かしたいと思います。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?