【学生限定】元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成入門」

人を動かすことに必要な図解のスキルを学びます

learn

こんなことを学びます

『元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座」』は2010年から毎月20名限定で50回以上開催し、800名以上にご参加いただいています。北海道、大阪、名古屋、金沢、静岡、長崎からもご参加頂いています。

https://www.street-academy.com/myclass/2238

2日間講座では経営企画やマーケティングなどの企画職を目指すビジネスパーソンからのご支持をいただいてきましたが、これから社会にいつか出ていく学生の皆さまにも講座を受けていただく機会を持ちたいと思ってきました。

2日間講座は38,000円と学生にとっては高額ですので、本講座では特別に学生向けとして3,000円で開催することにいたしました。

サークルやクラブ活動で企画をより周りにうまく伝えたい、バイト先での仕事をよりよいものにしたい、ゼミでの発表をよりわかりやすくしたい、など学生生活をより充実したいという方を対象としています。

今回は学生限定の講座として、2時間で講座の内容の一つである「図解の技術」をご紹介いたします。(定員は最大で12名です)

コンサルタントの資料作りの体系、ノウハウをご紹介しようと思います。

講師のTwitterはこちらです→https://mobile.twitter.com/Rubato201008

※1 2日間コースの内容と一部重複しております。予めご了承ください。
※2 申し込み後に学生証の写真を送っていただきます
※3 中学生や高校生の参加も歓迎です
※4 社会人学生は今回は対象外となります

<講義パート>
・「一人歩きする資料」のつくりかた
・海外とのやりとりには英語ではなく図解が重要
・文字だけの資料は読まれない、ビジュアルばかりの資料もわからない
・ビジネスパーソンが図解を使えない3つの理由
・押さえておきたい基本6図解(列挙型、背景型、合流型 etc.)
・図解強調の3つのポイント

<問題演習>

図解演習
・リーマンショックの影響
・プロダクトライフサイクル
・ソフトバンクの発展 etc.

<Q&A>
最後に皆さんからの質問に講師がお答えします。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥3,000

受けたい
4人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

松上 純一郎のプロフィール写真
松上 純一郎
  • 1165人
  • 78回
努力系 元外資戦略コンサル 資料作成のプロ

松上 純一郎

同志社大学文学部、神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程を修了。

米国戦略コンサルティングファームMonitor Groupに入社し、外資系製薬企業のマーケティング戦略や営業戦略、途上国政府の依頼によるツアリズムのマーケティング戦略、国内企業の海外市場進出戦略やパートナーシップ戦略策定にも参画。
その後、シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト原丈人率いるアライアンス・フォーラム財団に参画。発展途上国プロジェクトの企画立案・実行に従事。ザンビア、バングラデシュでの日本企業のマーケティング支援に携わる。

現在は株式会社ルバート代表取締役を務め、コンサルティング事業、研修事業に従事。「津田塾大学学外学修センター特別講義「はじめてのプレゼン資料作成講座」担当講師。

著作に『ドリルで学ぶ!人を動かす資料の作り方』(日本経済新聞出版社)、『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』(技術評論社)
http://ur2.link/PYyB

Twitter @Rubato201008 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <講義パート>
    ・「一人歩きする資料」のつくりかた
    ・海外とのやりとりには英語ではなく図解が重要
    ・文字だけの資料は読まれない、ビジュアルばかりの資料もわからない
    ・ビジネスパーソンが図解を使えない3つの理由
    ・押さえておきたい基本6図解(列挙型、背景型、合流型 etc.)
    ・図解強調の3つのポイント

    <問題演習>

    図解演習
    ・リーマンショックの影響
    ・プロダクトライフサイクル
    ・ソフトバンクの発展 etc.

    <Q&A>
    最後に皆さんからの質問に講師がお答えします。
  • こんな方を対象としています

    資料作成のスキルを学びたい学生の方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    資料はPDFで配布予定ですので、パソコンあるいはタブレットをお持ちください
    筆記用具とノートをお持ちください
more

この先生の他の講座

43

開催リクエスト受付中

コース
relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています