【即戦力・2日間】データを自在に取得し可視化する極意

【高コスパ!】EXCELでの資料作りからヴァージョンアップ!10のアプリを一気に学び、データの取得、クレンジング、可視化まで。

learn

こんなことを学びます

【差し上げます】
講義で使用するオリジナルPDF、60〜70ページ四種類とサンプルデータのプレゼント付き。

【こんなことを学びます】
データを取得してから可視化するまで、複数のウェブアプリを活用して、汎用性の高い、効果的な方法を学びます。

・データ取得(Web API、Webスクレイピング、PDF抽出)
・データクレンジング(キレイに洗濯して使える状態にすること)
・データ可視化(汎用的な方法で)

【こんなことが出来るようになります】

■一日目

・データの様々な取得方法として、グーグルのColaboratory(無料)を活用します。プログラミングを駆使しないと取得できないデータを、出来るだけ簡単に取得できる方法をお教えします。

・データのクレンジングをするアプリとして、Open RefineとTrifacta(どちらも基本は無料)をご紹介します。データ分析の88割の時間を使うというデータのクレンジング機能を、できるだけ楽にするための手法をご紹介します。概要紹介と一部機能の体験をしていただけます。

・データから探索的に発見する多次元データの可視化について、マイクロソフトのPower BI(基本は無料)とグーグルのColaboratory(無料)を活用します。Excelから一歩上へ。Excelでチャートを作るとき、分析をするときは仮説ありきではないでしょうか?そもそも仮説がないときに、データを探索するところから仮説を見つける方法をお教えいたします。

■二日目

・行政や自治体の公開しているデータを効率よく取得し、3D地図で主題地図(テーママップ)を作成する方法を習得いただけます。

・可視化の基礎となるベースマップを、ニーズにあわせて加工する手順を伝授いたします。

・ベースマップとテーマデータを組み合わせて、いくつかの地図可視化サービスを用いて、あまり日本語で情報が流通していない、デジタル地図の作り方を伝授いたします。

【こんなデータを扱います】
・ECサイトの売上上位50点の商品情報を取得(Webスクレイピング)
・助成金申請支援団体の実績データを取得(PDFから表データ抜き出し)
・フォロアー一万人以上のツイッターアカウントからRT、Favの多いツイートを取得(Web APIから取得)
・RESAS API(内閣府)からデータ取得(Web APIから取得)
・ワールドカップの全試合結果(探索的な可視化)

【こんな風に教えます】
少人数制のグループで丁寧にお教えします。
三時間実習 + 一時間休憩 + 三時間実習を二日間で、お忙しい方でも集中的に学ぶことができます。

【持ち物】
ノートPCをご持参いただきます。Power BIのみWindows PCが必要になります。事前準備はお申込者にご案内します。

【定員】
10名程度

【ご注意】
本講座資料を用いた、独自の講座の開催はお断りいたします。
ご参加いただいていない社内の方への資料の展開はお断りいたします。
著作権法違反となりますので、ご注意のほどお願いいたします。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

7月20日(土)

10:30 - 17:30

東京 / 秋葉原・御茶ノ水

予約の締切り日

7月19日(金) 10:30 まで

参加人数

0/10人

開催場所

銀座線 末広町駅 徒歩2分
東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331

価格(税込)

¥43,200

  • 受付中

    7月20日(土)

    10:30 - 17:30

    東京 /秋葉原・御茶ノ水

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
30人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

データの活用をどなたにでも

合同会社ノーテーション 代表社員。データ・ビジュアライゼーションの実践と普及に関する様々な活動をおこなっています。ストアカに登録する前の、自主開催講習は一年ほど開催し、これまで百名弱の方たちに受講いただいています。

講習:
データビジュアライゼーション講習 https://data-viz-lectures.com/

教育のお仕事:
・多摩美術大学 情報デザイン学科 3年次 メディアデザイン 非常勤講師
・株式会社日立インフォメーションアカデミー データビジュアライゼーション基礎 講師

執筆のお仕事:
・「RESASの教科書」共著書
・Yahoo!ニュース個人オーサー

研究活動:
・千葉工業大学 デザイン科学 修士課程
・国立国会図書館 委嘱研究員
・東京大学空間情報科学研究センター 柴崎研究室 協力研究員

・コミュニティ活動:
コード・フォー・トウキョウ 代表
データ・ビジュアライゼーション・ジャパン 発起人 https://www.facebook.com/groups/datavizjapan/ + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    一日目:10:30〜17:30(間に一時間休憩を挟みます)--------------------

    ■座学
    ・データ可視化の価値
    ・これまでと何が違うのか?
    ・事例

    ■データの取得
    ・Webスクレイピングしてデータ取得する方法
    ・APIアクセスしてデータ取得する方法
    ・PDFを楽に表データへ変換する方法
    ・ECサイトの売上上位50点の商品情報を取得
    ・助成金申請支援団体の実績データを取得
    ・フォロアー一万人以上のツイッターアカウントからRT、Favの多いツイートを取得
    ・RESAS API(内閣府)からデータ取得
    ・e-stat API(総務省統計局)からデータ取得

    ■データのラングリング
    ・クレンジング
    ・整形

    ■多次元データの探索的チャート化
    ・表データの本当の意味
    ・チャートの種類
    ・データとチャートの関係
    ・サッカーの試合結果の探索的データ分析

    二日目:10:30〜17:30(間に一時間休憩を挟みます)--------------------

    ■座学
    ・主題地図とは何か?
    ・主題地図の分類
    ・データの分類から考えるカラースキーム
    ・大事なカラースキームの話

    ■地理データの取得と整形
    ・地理データ(統計データ、スマートデバイスデータ)の取得
    ・データを加工する(編集、整形、テーブル結合)
    ・データの書き出し

    ■ウェブでの主題地図の可視化
    ・ツールの紹介(CARTO、jSTAT MAP、Mapbox)
    ・Kepler.gl(3D地図可視化ツール)を用いた主題地図の作成
  • こんな方を対象としています

    ・プログラミング初心者
    ・Excelはもう学び、一歩上の手法を学びたい方
    ・様々な手法でデータの取得方法を学びたい方
    ・データを扱う基本的な考え方を学びたい方
    ・Excel以上のデータ可視化の表現を学びたい方
    ・位置情報を活用した(マーケティングなど)ビジネスをされている方
  • 受講料の説明

    領収書の発行はいたしません。ご希望の方は別途ご連絡ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

review

レビュー

  • 4
  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 3 )

  • 行く価値あり!( 3 )

  • 女性

    この講座は「エンジニア向けの講座」でした

    パソコンスキルの高い方だとすぐ活用できる大変中身の濃い講座でした!
    私のスキルだとついていくのでやっとでした!

  • 女性 50代

    この講座は「濃密てんこ盛り」でした

    普段会社の仕事では様々な理由でオープンソースは利用できないので、教えていただきながら触れたのは良かった。
    とはいえ、もっと自分のやりたいことを明確にしておいた方が、理解が進んだと思い反省している。
    入り口に立たせていただき、ありがとうございました。

  • 男性 40代

    この講座は「関心はあったものの自分で試すに至らなかったツールやサービスを実際に試す良い機会」でした

    2019年5月4,5の2日間の講習会に参加した者です。2日間で多数の、比較的新しいweb系・クラウド系のツールやサービスを中心に触れることができました。こんな機会でもないと新しいツールを試そうとも思わなくなるので、今回の参加はとても有意義でした。関心はあったものの自分で試すに至らなかったアプリをインストールして動かしたり、習う側ではなく教える側だと思われる参加者もいたりで、とても良い刺激になりました。1日目の中核の1つであるColaboratoryは、最近始めたPythonの学習との相乗効果が得られそうなので、サンプルコードを頂けたのは地味にありがたいです。2日間で様々なツールやアプリに触れましたが、即戦力を名乗るには消化不良であるため、ツールを絞り込んで振り返りたいと考えており、特に、Open RefineとTrifactaによる地味なデータの前処理に重点を置きたいと考えています。もし、データの整形の実務に特化した講習会が開催されるようであれば受講したいと思います。
    ※持参予定のパソコンのスペック(OSやメモリなど)や、当日用いるツールのインストールやサービスのアカウント取得などに不安のある方は、事前に先生へ問い合わせたほうが良いかもしれません。

  • 男性

    この講座は「様々なツールを使って実際にデータの見えるか実践し体験できる講座」でした

    最近、会社でも案件が増えてきたデータ分析に関して、少しでも勉強したいという思いから受講しました。一重に分析と言っても、データを色んな角度から見る方法、統計的な手法に基づいて科学計算を加えて分析する方法があると思いますが、本講座は前者に属するものかなと思います。データのクレンジングや整形、地図へのデータマッピングなどなかなか他では学ぶことができないような内容で大変興味深く、また為になりました。
    講師の方も海外の色々なサイトやトレンドなども踏まえて説明してくださったのも良かったです。ありがとうござました。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています