手ぬぐいづくりワークショップ

手ぬぐいを知る、作る、使う

learn

こんなことを学びます

 東京本染手拭(注染)で使う渋紙を彫って、その後、その型紙を使って刷り込み技法で自分好みの手拭を作ります。
お作りになられた手拭はお持ち帰りいただけます。
(※この染色方法は本来の東京本染手拭(注染)とは異なる技法です。予めご了承願います)
15人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:浅草・上野

    受講料:¥ 3,527

よみうりカルチャー金町 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

瀧澤 一郎

東京和晒株式会社 代表取締役社長

瀧澤 一郎:明治22年創業の東京和晒株式会社、代表取締役。手ぬぐい半天など注染による日本の伝統布モノを扱う会社を経営するかたわら、手拭いの文化としての価値を広めるため「東京和晒創造館」を設立、豊田コレクションの保存展示、注染塾の開催などを行っている。浅草に「お祭りミュージアム」を開館し、「いなせな浅草っ子のお祭りガイド 」を出版したお祭り人でもある。
矢作 萌(やはぎめぐみ):「女子美術大学 デザイン・工芸学科 工芸専攻 テキスタイルコース 染」26年卒。在学中、広幅生地に染色する注染の技術を研究。海と犬とブルーカラーが好みで、これらをよくモチーフにした作品を制作することが多い。
現在は「東京和晒創造館」のてぬクリ工房において、注染手拭 染体験の講師を勤めている。

Thumb 921b815a 6071 422c a196 5f2774ad5850

この講座の主催団体

よみうりカルチャー金町

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    オリジナルデザインの自分だけの手ぬぐいを作りたい方
  • 受講料の説明

    参加費にはレッスン料、教材費、場所代がふくまれております。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    道具、教材はすべてご用意いたします