思いが届く「スピーチ」強化練習

3段構成スピーチの「構成」と「ストーリー」の整理術を学んで、スピーチ練習をおこないます。

こんなことを学びます

長くても5分程度のショートスピーチでは3段構成をおすすめします。
〈世の中の出来事について語かたるスピーチ〉でも
〈自分のことについて語かたるスピーチ〉でも
〈自分の意見を表明するスピーチ〉でも3段構成をおすすめします。
 

「思い浮かんだ順番」と「説明する順番」は違います。
自分が考えたとおりの順番で話したり、自分の頭の中に浮かんだことをそのまま口にすると、聞き手に伝わらない残念な結果になりかねません。
 
そうかといって、学生時代に慣れ親しんだ起承転結を使ったショートスピーチは難易度が高いです。
というのも、 起承転結は漢詩の構成にすぎず、論理的な文章の構成には向いていません。
「転」では場面を転換して、人の意表に出るような奇抜さを見せ所とします。
そのため、起や承の内容と無関係のようなことを「転」で突然言い出したり、「結」に導くためにスピーチの可能な限り後半で「転」を話す傾向となりがちです。


【スピーチのポイント】 

スピーチのポイントは、
 ▶「それで、何がいいたいの!?」とならないこと
 ▶聞き手が知らない情報を含めること
 
事実を述べるだけでは、聞き手が退屈してしまいます。
テレビやラジオで繰り返し流れるニュースがそれです。
 
テレビやラジオで文字通りに「新しいこと」を聞いているときは新鮮味があるものの、同じニュースを何回も聞いていれば飽きてしまうことでしょう。

「自分自身の出来事や考え」は、聞き手にとって知らいないことが多いはずなので、スピーチのテーマに
 ▶自分自身の出来事
 ▶自分自身の考えや意見
を選べば、「聞き手が知らない情報を含めること」についてはクリアしやすいです。
 
 
【「それで、何がいいたいの!?」とならないためには】

まず始めに、スピーチ全体を通じて「聞き手に伝えたいこと」を決めることです。
「聞き手に伝えたいこと」を決めてから、スピーチの内容を考えるようにしてみましょう。
主題は1つにするのがコツです。
 
 ▶何を伝えたいのか。
 ▶なぜ伝えたいのか。
 ▶何をわかってほしいのか。
 ▶なぜわかってほしいのか。
 
あなたの思いや気持ちを素直に伝えるようにしましょう❣
 

【3段構成とは】

スピーチは「始まり」から「終わり」に向かって時間が流れるから、「聞き手に伝えたいこと」を流れに乗せやすい「3段構成」がおすすめです。
【序論】→【本論】→【結論】の3段構成で考えれるとよいです。

ショートスピーチで、3段構成をすすめる理由は3つあります。
1.スピーチの始めに、スピーチの概要や論点を述べることで、自分と聞き手の意識を合わせることができる。それにより、自分も話しやすくなるし、聞き手ても安心して聞くことができる。
2.最初に論点を述べているので、途中がうまく話せなくても聞き手に大意が伝わりやすい。
3.最後に考えを繰り返し述べることで伝えたいことを強調できる。
 

【3段構成の基本】

3段構成の基本は
 1.序論
 2.本論
 3.結論の繰り返し
です。
 
1段目.考え
1段目は、スピーチのテーマを明確にし、聞き手の関心を引きつける役割がある。
スピーチの概要あるいは論点を述べる。
 
2段目.事実
2段目は、重要なポイントを強調し、体験などを述べることで詳しく具体的に伝える役割がある。
《考え》の根拠・理由・具体例を述べる。
経験や体験した事実、見聞きした事実や具体例、伝えたいこと繋がる根拠や理由などを述べる。
 
3段目.考えの繰り返し
3段目は、《考え》を繰り返し述べることで、伝えたいことをしっかりと伝える役割がある。
《考え》を簡潔にまとめて述べる。


【スピーチのまとまりを高たかめる方法】  

メリハリの効いたスピーチをするためには、スピーチの構成をはっきりしたものにしなければなりません。
例えば、いくつかの話題や出来事を話すときには、先に数字を提示する方法が有効です。
「言いたいことが3つあります。」
「2つのことをお話したいと思います。」
「理由は2つあります。」など
 

【締めくくりの言葉】

終わりをしっかり伝えることで、スピーチを完結したものにできます。
「以上でスピーチを終わります。」
「私のスピーチは以上です。」
「以上です。ありがとうございました。」
「終わります。ありがとうございました。」など
 
もしも、途中で時間がなくなってしまっても、終わりをはっきり告げます。


【講座の効果】

 ▶スピーチの3段構成の原則がわかる
 ▶どのようなメッセージ(伝えたいこと)が必要かがわかる
 ▶話をわかりやすく的確に伝える秘訣がわかる


【こんなことを学び、体験します】

 1.「聞き手に伝えたいこと」の決め方
 2.3段構成の基本型
 3.スピーチの内容の整理術
 を学び、体験します。


【こんな風に進行します】

 ▶講義、演習、振返りを繰り返しおこないます。
 ▶講師は、ひとりひとり丁寧にフィードバックとアドバイスをいたします。
 ▶あなたは講座内で再挑戦してください。その場で受講効果を実感いただけます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥6,000

受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

石井 和人のプロフィール写真
自分らしく堂々と生きる「道しるべ」を手に入れよう!

石井 和人

場かず、人馴れ、立ち馴れの場、コミュニケーション能力を高める「ヒューマン話し方教室」代表。
1500人のカウンセリング、500人のスピーチ・プレゼンの個人レッスンの実績をもつ。
実のところ、受講者に親身に対応することだけが取り得でもある。
 
 
☑人前であがる
☑声が震える
☑頭が真っ白になる
☑思っていることを伝えられない。
☑できることならスピーチを避けたい
☑面接で本当の自分を伝えられない
☑伝わるプレゼンができない

など、このようなお悩みをもたれている方が訪ねていらっしゃいます。


しかし、これらの解消は、本当の目的に向かっていく手段に過ぎないように思うことがよくあります。

レッスンを通じて、あなたは新たな感覚や違う感覚に出会えます。
そして、その存在に気づくことが大切で、気づかないとそのままです。
今後のあなた自身の向上は気づきから始まるといっても過言ではありません。

ぜひレッスンに参加して、多くの気づきを得ようではありませんか。

この講座の主催団体

緊張やあがり症をなくし、本番に強くなる!

こんにちは。ヒューマン話し方教室です。

どなたも、親しいお友達やご家族の人と話すときは、リラックスして話せると思います。
 
5~6人のグループで打ち合わせをするときはいかがですか。
 
お友達やご家族と話をするようにはいかない。または、ちょっと改まった言葉で緊張するかもしれませんね。
 
大勢の人の前でスピーチをする。
プレゼンをするならどうでしょうか。
これはうんと緊張するかもですね。
 
どなたでも、緊張するものです。
 
「うんと緊張する場面」
や「若干緊張する場面」
あるいは「リラックスして話が出来る場面」
この3つの場面をお持ちなんです。
 
 
ですが、「人前は緊張する。あがる。」
と信じ込んでる人は、一生あがります。
 
 
「緊張する場でも自分はちゃんと話せるな。落ち着いて話せるな。」
と自分を信じること。
 
自信を持って話せるようになること。
 
それが、ヒューマン話し方教室の「トーク... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間:120分程度>

    <当日のレッスンの流れ>
    10分 「聞き手に伝えたいこと」の決め方
    10分 3段構成の基本型
    40分 スピーチの内容の整理術(演習)
    60分 4分間スピーチ(演習)
  • こんな方を対象としています

    ・会議で、説明やプレゼンテーションをされる方
    ・リーダーとして、説得できる話力を身につけたい方
    ・営業の交渉力を磨きたい方
    ・賀詞交歓会などの公の場でスピーチされる方
    ・人前で話す時の話の構成を身につけたい方
    ・社内研修講師としてデビューする方、上達したい方
    ・どのようにしてプレゼンやスピーチを上達したらよいのかわからない方
    など、幅広い層の方にご参加いただいております。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

この主催団体の他の講座

4

開催リクエスト受付中

relation

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?