webデザインの画像素材の仕組みと扱い方|生明塾

画像素材に関する基礎知識と、現代のwebデザインでは必須のSVGを徹底解説。わかりやすく・楽しく・役に立つ座学講座。

learn

こんなことを学びます

webコンテンツやアプリケーションで表示するグラフィックスや画像には、様々なフォーマットがあります。

では、どのようなイメージを、どの画像形式に、どのようなサイズと設定で作成すればよいのでしょうか。

現代のwebデザインではもはや常識となったスケーラブル・ベクター・グラフィックス(SVG)は、どのように作成し使用すればよいのでしょうか。

当講座は、マルチデバイス対応を求められる今のwebデザインで表現される「画像素材」にフォーカスし、現代的なセオリーを解説します。

webデザインの初心者や入門者、webデザインに関わるDTPデザイナーやグラフィックデザイナー、そして、画像データに疎いエンジニアやディレクターの方々などにお勧めの講座です。

● 当講座で学べること
○ ラスターイメージとピクセル
○ 画像解像度と画面解像度
○ JPEGとPNG、GIFの使い分け極意
○ 色空間とカラープロファイル
○ スマートデバイス時代の画像素材とピクセル数
○ 脱ラスターイメージ時代とSVG、CSS3
○ Adobe Illustrator®で作る、SVGとCSS

● 当講座で得られること
○ webデザインで必要な、画像素材作成の基礎知識
○ 適切で的を得た、画像データファイルの編集と書き出し方法
○ スマートデバイスに対応した、画像素材の考え方と作成方法
○ 脱ビットマップの時代に対応した、webグラフィックスの知識
○ Adobe Illustratorでの、簡単で便利なwebグラフィックの作成方法
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

● 当講座の特徴
○ 実践的な知識や方法を、要点をまとめて、わかりやすく解説します。
○ 講義後に、質疑応答の時間を設けます。

● 主催者
AZM Design
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格

¥3,800

受けたい
55人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

グラフィックデザインとwebデザインの現役プロ講師

東京で活動するアートディレクター,グラフィックデザイナー,webクリエーター,クリエイティブコンサルタント,講師。

ブランディングやSP広告などのグラフィックデザイン、webサイト、UI/UX、動画、eラーニングなど多数のクリエーションを手掛ける。

広告戦略や制作システムに関するコンサルテーションも行い、さまざまな企業の研修に講師として招請されている。

最新技術の啓蒙や後進の育成に従事し、教育機関で講師を務めるほか、Adobe MAXやCSS Niteなどの大規模なイベントを始め、宣伝会議やデジタルハリウッドなどの専門講座にも多数登壇している。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社と共同で、有名クリエーターを招く定例のデザインイベント『FONTPLUS DAYセミナー』を企画。開催は十数回に及ぶ。

AZM Design 代表

学校法人専門学校 東洋美術学校 講師
東京デザインプレックス研究所 講師


Profile Photo by イイダマサユキ + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■ 所要時間
    約1.5 - 2時間程度(途中参加、途中退出も可能です)

    ■ 講座の流れ(予定)
    1. 講座概要説明(約5分)
    2. 解説(約35 - 50分)
    3. 休憩(約5分)
    4. 解説(約35 - 50分)
    5. 質疑応答(約10分)
    ※ 講義時間や時間割は、変更する可能性があります。
    ※ 予定よりも早く終了、または長引く可能性があります。
  • こんな方を対象としています

    □ Webデザインの画像作成について、知識が漠然としている方
    □ Webデザインの画像素材の品質に、自信がない方
    □ スマートデバイス時代における、画像素材作成の考え方や常識を知りたい方
  • 受講料の説明

    参加費に、場所代は含まれています。
    参加費の他に、一切費用はかかりません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ■ ご持参いただくもの
    □ メモを取るための筆記用具やデバイスなどはご持参ください。
    □ 筆記用具だけで受講は可能ですが、コンピュータのご持参・使用も自由です。

    ■ その他
    □ 講義中の録音などは、ご遠慮ください。
    □ お名刺をお持ちでしたら、ぜひ、交換させてください。

review

レビュー

  • 11

  • 楽しかった!( 8 )

  • 勉強になった!( 11 )

  • 行く価値あり!( 9 )

  • 女性 40代

    この講座は「今さら人に聞けない画像の取り扱いがわかる内容」でした

    今まできちんと、身につけていなかった画像の取り扱いの知識が身につく講座でした。適所にSVGなどを使用していきたいと思います。

  • 女性

    この講座は「詳しく学べる講座」でした

    いままでぼんやりとしていた部分がクリアになります。

  • 男性 40代

    この講座は「画像ファイルに明るくなれる」でした

    今後、画像ファイル形式を自信を持って選べそう。
    似たようなものが多いと思っていたが、それぞれに歴史などあることがわかった。
    どんな画像を作りたいか、表現したいか、をしっかり考えたり、固めたりすることが大事だと思った。
    ファイル容量と、画質のバランスは難しそう。
    ppiとdpiがちがうことが分かった。
    元ファイルの保管、バージョン管理も大事なことと分かった。
    次回は、TV画面上の表現についても学びたい!Android TVなど念頭に。

  • 女性 30代

    この講座は「明日から使える講座です」でした

    画像素材の拡張子の使い分けも学ぶことができますが、Webデザインをしていく上で、なぜ今Adobe IllustratorでSVGとCSSが重要なのかがよくわかりました。
    「Webデザイン新時代のIllustrator新技法」と合わせて受講しましたが、すぐに実践できます。

  • 男性 40代

    この講座は「モバイルファースト時代のWEBデザインについて」でした

    モバイルファーストの時代にフォトショップを使う意味があまり理解できずに参加しました。
    この講座を受講したことで、今後はメリハリをつけてデザイナーさんに指示を出したいと再認識させられる講座でした。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています