布に描く 曼荼羅アートワークショップ

これを覚えれば、ポーチ、バッグ、Tシャツ、スニーカーなんでもオリジナルにできます!

こんなことを学びます

アクリル絵の具を使って布製品に曼荼羅アートを描きます。

曼荼羅アートとは、絵心がなくても、センスがなくても、誰でも楽に描けるアートです。
決まりやルールはありません。失敗もありません。
自由に描いてOKです。

アクリル絵の具は、乾けば耐水性があります。洗濯も可能です。
だから、洋服や小物、様々なものに描いていただけます。

こちらで用意した小さめポーチとA3サイズの布バッグに描いていきますが、描きたいものがある方は、ご自身で持ち込み可能です。アドバイスいたしますので、その場で描いていただけます。例えば、Tシャツ、シャツ、スウェット、デニム、バッグ、リュック、スニーカー、クッションカバーなど。なんでもOK。ただし、生地が薄く柔らかいものは描きにくいので、キャンバス地のような厚手でしっかりしたものがおススメです。

これを覚えれば、おうちにある着なくなった服、安く買った無地のものなど、なんでも自分オリジナルのデザインにすることができます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥8,000

受けたい
13人が受けたい登録しています

この講座の先生

楽描き曼荼羅アートでゆるーく自分と向き合う時間を

楽描き曼荼羅アーティスト 林明日香です。

私は美術の学校に行ったわけでも、アートの勉強をしたわけでもありません。子どもの頃は絵を描くのが好きだったのに、大きくなるにつれ、上手に描けないことに気づき、描くのをやめてしまいました。

大人になって、曼荼羅アートに出会い、描くことや表現することの喜びを思い出し、日常の一部になりました。曼荼羅アートの魅力は、上手い下手、良い悪いという概念がないこと。だから、うまく描こうなど、難しいことは考えず、思いのままに描けばOKです。

ただ描きたいもの、思いついたものを描く時間は、無心になれるので、瞑想のように、頭と心の中をリセットしてくれます。
今日描いた作品は「今の自分」を表しているし、今の自分のベストな作品です。すべてOKで。みんな自由です。

無地良品や新宿のカフェで定期的にワークショップを開催しています。東京、埼玉、千葉で出張開催も可能です。
ワークショップに参加していただいたお客さまの数は400名以上。皆さん必ずステキな作品が描けています。「楽しかった」「なんだかスッキリした」という声が私の喜びです。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ①曼荼羅アートについて
    ②アクリル絵の具で描く練習
    ③デザインを考える
    ④小さめポーチに描いてみよう
    ⑤布バッグに描こう
    または、ご自身で持参した洋服や小物に描こう
  • こんな方を対象としています

    オリジナル布製品を作りたい方
    自分だけの個性的なものが欲しい方
    安く買えるシンプルな服や小物を自分の手でリメイクしたい方
    何か創るのが好きだけど絵は描けない、自信がない方
  • 受講料の説明

    会場費
    絵の具などの材料費
    ポーチと布バッグ
    Tシャツ、シャツ、スウェット、デニム、バッグ、リュック、スニーカー、クッションカバーなど描きたいものがある方はご自身でご用意ください。

  • 受講する際は以下をお読み下さい

    アクリル絵の具が服に着くと落ちないので、汚れてもいい服装で来てください。

この先生の他の講座

7

開催リクエスト受付中

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?