お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

読解力強化講座

対面

みんなで読破! 原文を正確に読み取る力を養おう!

こんなことを学びます

英日翻訳の技術向上を目指す私たちにとって、英文の読解力は日本語の表現力と並んで日々磨くべき重要な技能です。そして読解力をつけるのに効果的な方法のひとつが精読だと私は考えています。辞書や文法書、種々の資料を参照しながら、テキストを幾度も丁寧に読み返し、解釈を試みていく。時間も労力もいる勉強法ですので、それだけの「投資」をするに値するすばらしい作品を題材に選び、楽しみ味わいつつ技術を高められれば嬉しいものです。

現代オーストラリアを代表する詩人、脚本家、小説家であるデイヴィッド・マルーフは、短篇集をこれまでに5冊出版しています。今回ご提案するクラスは、その中でもとりわけ興味深い短篇集antipodesから味わいのある5作品を選び、ご一緒に精読していくものです。

5回シリーズで、1回に1篇を読み切ります。また、ご希望の方には翻訳の添削もいたします。作家の詳細、サンプル作品、サンプル訳等もお送りできますので、どうぞご遠慮なくお尋ねください。

クラスには過去の講座からの継続の生徒さんがすでに数人おられます。なごやかな雰囲気で授業を進めておりますので、どうぞ気楽にご参加ください。

★★★★★ お知らせ ★★★★★
一緒に翻訳をしている武舎広幸と共に、2016年の講座「出版翻訳ワークショップ」を企画しました。2016年前半にはノンフィクションを、後半には同じ作家のフィクションを勉強する予定です。そちらの講座の受講もぜひご検討ください -- https://www.street-academy.com/myclass/2865?sessiondetailid=23153
★★★★★★★★★★★★★★★
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

吉祥寺・三鷹

価格(税込)

¥4,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
14人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。

この講座の先生

翻訳家&翻訳インストラクター

学習院大学文学部英米文学科卒業。マーリンアームズ株式会社取締役、翻訳家。フィクション、心理学やコンピュータ関連のノンフィクションの翻訳、辞書サイトの運営、各種翻訳講座やオンライン翻訳講座の運営などを行っている。

訳書は『異境』(現代企画室)、『神話がわたしたちに語ること』『野に雁の飛ぶとき』(以上角川書店)、『説得力 人を動かすために本当に必要なこと』(ピアソン桐原)、『海洋大図鑑』(ネコパブリッシング)、『いまがわかる! 世界なるほど大百科』(河出書房新社)、『インタフェースデザインの心理学』(オライリー・ジャパン)など多数(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%88%8E%E3%82%8B%E3%81%BF)。

また、DHCと共同でDHC−オンライン講座(英日翻訳のオンライン講座)を運営するほか、NHK学園くにたちオープンスクールや一般社団法人環境問題翻訳チーム・ガイアなどで翻訳講座を開催。課題・解説作成経験、訳稿の添削経験豊富。www.musha.com にウェブページ。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    指定の課題作品全体(たとえば第1回の課題はペイパーバックで7ページ分)を、各自、事前に精読しておいていただき、講座当日はまず、とくに難しかった箇所、詳しく知りたい箇所をそれぞれに挙げていただきます。それについて全員でディスカッションをしたり調べたりしながら細かく読み解いていきます。質問が出終わったところで冒頭からクラス終了時刻まで少しずつ訳していただき、さらに話し合いや解説を重ねていきます。クラスの終了後、講師訳をお手渡しし、自宅で復習していただきます(その際に浮かんできた疑問や反論、ご意見等はメールでお送りいただき、講師の回答や意見は「Q&A」にまとめてお知らせます)。

    なお、添削をご希望の方は、指定する1段落の訳文を講座の1週間前までにメールで講師にご提出くだされば、添削もいたします。結果は当日クラスでお手渡しします。添削結果に関するご意見ご質問も歓迎です(その回答も上記の「Q&A」に掲載します)。
  • ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • M3

    男性

    この講座は「精読の必要性を理解させてくれた講座」でした

     先生が主宰している会に参加させていただく形の講座でした。参加者の方たちの雰囲気がよく、気楽に発言したり質問したりすることができました。
     代名詞が何を指しているか、文中に使われている単語が、それ以前あるいはそれ以後の文の内容とどのように関連しているかなどを注意して読解しないと、全体が分からなくなる、逆に、それらを注意して正確に読み解くと、全体が急に見えてくるということを体感することができた講座でした。

  • 関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?