現役プロライターが教える「30分で1000文字スラスラ書くスキル」

ブログの更新が大変、何を書いていいか分からない、メルマガを書くのに時間がかかる、プレスリリースを書けるようになりたいなどと思ってる方が対象

learn

こんなことを学びます

○こんな悩みや課題を皆さん、抱えていませんか?
・ブログの更新が大変、、、
・伝わる文章が書きたい!
・何を書いていいか分からない、、、
・読みたくなるような文章が書きたい、、、
・メルマガを書くのに、時間が掛かりすぎる、、、
・募集ページ等、日々作成に追われているが、うまく伝えられているか不安、、
・自分(自社)のサービス / 商品をサイト等で効果的に紹介したい!
・自社製品のマニュアルや活用方法を冊子にしたい!
・プレスリリースを書けるようになりたい!

この講座は、上記のような課題を抱えている皆様に、「みっちり3時間」で、
・30分で1000文字をスラスラ書くコツ・スキル
をワークショップ形式で学ぶ、文章講座です。

今の時代、どんな職業であっても自ら情報発信していくことが、成功の必須条件です。
けれど、改めて考えてみると、私たちはビジネスに使う文章の書き方を、学生時代に学んできていません。

「書けない・・・!」と悩んでいる方は、文章力がないわけではありません。
プロが知っている “書くコツ” を学ぶ機会がなかっただけです。

文章を書くのに、特別の才能や能力は不要です。
文章力は、スキルにすぎません。
スキルとは、学べば誰でも身につくものです。

プロのライターは、文章を書き出す前に、十分な準備をしています。
だから、書き始めてしまえばスラスラと原稿を書くことができるのです。

ワークショップ形式で、実際に30分1000文字の原稿を作成していただきます。
1000文字の原稿は、小学校の頃に使っていた原稿用紙3枚分です。

「えっ、30分で書くのはムリ!」

と思われますか?

大丈夫です!

これまでワークショップに参加してくださったほとんどの方が1000文字をラクラクと書いています。

「文章を書くのは、苦手なんです……」とおっしゃる方の多くは、書き出す前の準備不足が原因です。準備をきっちりしておけば、30分で1000文字もラク〜に書けます!

ブログもメルマガも会社紹介も全て基本は同じ。
文章を書くコツを知って、あなたのビジネスに役立ててください。


【この講座はこんな方にお勧めです】
・ブログ更新、メルマガ発行、セールスレター、プレスリリース、商品説明等を担う方。
・自社の強みを発信する文章に悩んでいる方。
・自分の書いた文章に自信を持てない方。
・文章をスラスラと書けるようになりたい方。
・個人事業主の方(主に対外的に発信する文章を作成される方)。
・Web制作担当者。
・企業のWebサイト更新担当 / ブログ / 広報担当者/マニュアル制作担当の方。
・マーケティング活動などに関わる広報や営業担当の方。


【内 容】
①イントロダクション
②文章を書く前に押さえるポイント
 ・執筆時の視点
 ・ターゲット+テーマ=>切り口
 ・文章を書くコツ[三原則・つかみ・正しく伝える]
(小休憩)
③ワークショップ 30分で1000文字を書く
 ・テーマを決める
 ・話す ・フィードバックする
 ・原稿を書く ・ターゲットを絞る&ニーズを掴む
(注)人に伝える” を実践的に学ぶために、ペアワーク・グループワークを取り入れております。


【持ち物】
・筆記用具 (黒と赤のボールペン)


【これまでの受講者の方々からのコメント一部】
(2013年から、50回以上、文章講座を開催しています。)
・自身の活動をブログやSNSで発信する機会が多くなってきたので、プロライターの技を知りたいと思い、受講することにしました。
講師の方が「書くことのハードルをいかに下げるか」について繰り返し説明されていたのが印象に残りました。
書く前にきちんと準備することで、頭の中のイメージが整理されて、書く時の勢いがつきます。
・書く前の準備がよくわかった。大変参考になりました。
・受講料が少し高いかなー と思ったけど、参加してよかった。
・3時間があっという間だった。面白かった。
・実際に書くワークがあったのでとても良かったです。
・いつもは半日かけて書いているブログを2本も持ち帰れるので、受講料のモトが取れた。
・構成・導入がテンポ良く楽しく学べました。具体的な事例が多く分かりやすかったです。文章書くコツが分かりやすかったです。
・頭の整理をしてから文章書くことが大切とわかりました。(イメージ)準備が大切なんですね!
・手書きをすることにより集中力が増しました。
・テーマを絞る、アイデアを出す。自分の意見を伝える裏づけの大切さがよくわかりました。
・10個のキーワードを出して、100字×10で1,000文字にする。わかりやすかった!
・キーワードで箇条書きで示してあったので、頭に入りやすかった。
・ワーク形式で、やりやすかったです。
・文章を書くコツ、準備が必要なことがよくわかりました。
・文章書く際にヒントになることをいろいろいただきました。
・ワークショップは実感があって楽しかった。
・セミナーがとても楽しい雰囲気でいい。
・文章作成の流れがわかった。
・実際にワークを行って、落とし込みができた。
・推敲についての概念が興味深かった。
・自分の文章がスッキリと読みやすくなりそう!
・カンタンにできるチェックばかりで面白い。
・無料のツールを教えてもらえて、お得感があった。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

心斎橋・なんば

価格(税込)

¥8,000

受けたい
17人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

松永 弥生のプロフィール写真
「モノの本質・強味を伝える」現役プロライター
松永 弥生

1965年生まれ。

関西を中心にロボット関係の記事を10年間以上、三月兎のペンネームで大手メディアに執筆。記事や連載多数。
現在は、ITmediaに製造業経営者インタビュー「イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏」を好評連載中。

2013年より電子書籍出版に携わり、40冊以上の出版企画構成、原稿作成などをアドバイス。

自分の経験と知識を「ビジネスにつながる電子書籍出版」として2014年1月に出版。
・Amazon Kindleのマーケティング・セールスカテゴリー1位
・本・図書館カテゴリー1位。

大阪、奈良、岡山の地域振興財団、経営者勉強会で文章講座を50回以上の開催実績を持つ。

この講座の主催団体
株式会社挑戦場

リスクテイカーの挑戦する場を創造し、世の中にもっとワクワクを!
コンセプトである「チャレンジ」「凄い」「面白い」「体験」「ベンチャー」等というキーワードが感じられる内容のセミナー・イベント等を積極的に開催中。

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ①イントロダクション

    ②文章を書く前に押さえるポイント
     ・執筆時の視点
     ・ターゲット+テーマ=>切り口
     ・文章を書くコツ[三原則・つかみ・正しく伝える]

    (小休憩)

    ③ワークショップ 30分で1000文字を書く
     ・テーマを決める
     ・話す ・フィードバックする
     ・原稿を書く ・ターゲットを絞る&ニーズを掴む

    (注)人に伝える” を実践的に学ぶために、ペアワーク・グループワークを取り入れております。
  • こんな方を対象としています

    ・ブログ更新、メルマガ発行、セールスレター、プレスリリース、商品説明等を担う方。
    ・自社の強みを発信する文章に悩んでいる方。
    ・自分の書いた文章に自信を持てない方。
    ・文章をスラスラと書けるようになりたい方。
    ・個人事業主の方(主に対外的に発信する文章を作成される方)。
    ・Web制作担当者。
    ・企業のWebサイト更新担当 / ブログ / 広報担当者/マニュアル制作担当の方。
    ・マーケティング活動などに関わる広報や営業担当の方。
  • 受講料の説明

    受講料には、テキスト代、場所代等全てが含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ■服装のご案内
    長時間の講座なので、リラックスできる服装でご参加ください。

review

レビュー

  • 1

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 女性 40代

    この講座は「楽しく学べる講座」でした

    ペアワークに少し不安を感じつつ参加したのですが、先生が優しくリードしてくださるので、楽しく学ぶことができました。雑談のなかにも学ぶことが多く、とても勉強になりました。ありがとうございました。

  • more

    この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています