春の草花・マクロ撮影入門(三脚・指南付き)【初心者からOK】

春に咲く可憐な草花を、クローズアップで撮ってみます!撮り出したら止められないマクロの世界へご案内します!

learn

こんなことを学びます

《 都合により、4月28日(土)の開催予定を取消しいたします。》

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

花はパッと見には綺麗ですが、いざ写真に撮ると、思ったとおりに写らないことが多いものです。人の目は美しいところだけしか見ないのに、カメラは周囲も写し取ってしまうためです。
そこで、小さな花をきれいに撮るには、美しく見える花自体をクローズアップで撮影する必要があります。ところが、普通のレンズではクローズアップ度が低いために、周囲が余分に写りこんで、美しさが弱められてしまいます。

この講座(撮影会)では、「花撮影=マクロ」と言われるマクロレンズや、アップ度を高めるクローズアップレンズを使って、花を撮影する際の手順や注意点を、実践的な撮影のなかでアドバイスいたします。

【撮影対象となる花は、時期により異なります。掲載写真は撮影の参考例のため、実際に撮影する花と異なる場合があります。】

<撮影予定地>
小石川植物園(文京区白山3丁目7番1号)
◎アクセス ⇒ http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/access/
◆開花予想の花(5月上旬)⇒ http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/kaika/2017/0511/

<教える内容>
●花撮影に合わせたカメラの基本設定を確認します。
(撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定)
●その日撮影する花の魅力と撮りやすい条件を説明します。
(色や造形などの美点と、撮影向きな条件など)
●マクロレンズやクローズアップレンズ使用時の注意点を説明します。
●撮影ポイントで実際に作例を撮影してご説明します。
(撮影した画像を使って、わかりやすく撮り方を説明)
●参加者に撮影していただきます。
(撮影中に絵作りと技術的なアドバイスをします。)
カメラポジション、フレーミング、ピント合わせ、絞り選択、露出補正などをアドバイス

<撮影結果の講評について>
撮影終了後に、希望者には、撮影結果を拝見して講評する時間を設けます。撮影時を振り返りながら、次の撮影に役立つアドバイスをします。

<使用カメラ・レンズ、三脚について>
レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスをご使用で、以下のいずれかのご用意がある方。
●50㎜、60㎜、90㎜、100㎜クラスのマクロレンズをお持ちの方。
●標準ズームまたは望遠ズームと、装着できるクローズアップレンズをご用意できる方。
●基本は三脚使用での撮影となりますが、手持ち撮影のご希望もお受けします。

◎クローズアップレンズを事前に購入される場合は、開催者までご相談ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日使用予定のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所・集合時間をお知らせします。開催前に確認願います。
<雨天中止ついて>
本講座は雨天中止です。中止の場合は前日23時までに、当講座のグループメッセージでお知らせします。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京都内

価格

¥4,500

受けたい
34人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    〔午前に開催の場合〕
    10:00 公園入口などに集合 
    10:00~10:15 カメラの設定、当日の草花の魅力と選定、絵作りの考え方の説明します。
    10:15~11:30 複数の撮影ポイントで草花のマクロ撮影の実例を説明し、参加者に撮影してもらいます(絵づくりと撮リ方のアドバイスを行います)。
    11:30~12:00 希望者について、撮影結果の写真を大まかに講評します。

    〔午後に開催の場合〕
    13:30 公園入口などに集合 
    13:30~13:45 カメラの設定、当日の草花の魅力と選定、絵作りの考え方の説明します。
    13:45~15:00 複数の撮影ポイントで草花のマクロ撮影の実例を説明し、参加者に撮影してもらいます(絵づくりと撮リ方のアドバイスを行います)。
    15:00~15:30 希望者について、撮影結果の写真を大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆草花の写真を撮っても、感じたとおりに綺麗に撮れないので、撮り方を学びたい方。
    ◆自己満足でなく、他の人からも綺麗と言ってもらえる花の写真を撮りたい方。
    ◆マクロレンズを購入したが使いこなせていないので、花の写真で活用したい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。撮影地の入園料などは各自の負担となります。
    小石川植物園・撮影会では、入園料400円が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●レンズ交換式の一眼レフ・ミラーレスカメラをご使用で、マクロレンズ(50~100㎜クラス)をお持ちか、使用レンズに装着できるクローズアップレンズをご用意できる方。
    ●あれば、三脚を持参しご使用ください。
    ●カメラの電池はフル充電のうえ、あれば予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●公園などの遊歩道を歩きながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ●当日の天気・気温に合わせた服装・身支度でおいでください。

review

レビュー

  • 14

  • 楽しかった!( 10 )

  • 勉強になった!( 13 )

  • 行く価値あり!( 12 )

  • 女性 80代

    この講座は「接写を学ぶことで花撮影の楽しみが広がる講座」でした

    花や植物の撮影が大好きで井口先生の講座を度々受講していますが、マクロ撮影の講座は始めて参加しました。体力がなくレンズを複数持ち歩けないとマクロ撮影を諦めていた私ですが、フィルター感覚のクローズアップレンズがあることを講座メールで知りお尋ねしたところ、クローズアップレンズについて・私のレンズに合った型番など、詳細をメールで何度も教えてくださり本当にありがたかったです。当日はマクロレンズで三脚撮影の方とクローズアップレンズで手持ち撮影の私と2人でしたが、それぞれに丁寧にご指導くださり、時間を忘れて大幅にオーバーの充実した講座でした。いつもは見過ごしてしまっている小さな花が、クローズアップされたら驚きの美しさ!!という嬉しい発見もありました。

  • 男性 40代

    この講座は「マクロレンズでただ寄るだけではダメなことを体感」でした

    花の美しいところをどんなふうに切り取ればよいのか、
    ・撮影する角度
    ・三脚の位置
    ・背景の処理
    ・光の切り方、当て方
    ・露出補正
    などなど

    たくさんのことを教えて頂けて、今後の参考になりました。
    撮影中は一人ひとりの三脚の設置から見てくださったり、講評の時間には上手く撮れなかった写真についてどうすればもっと良くなるかアドバイスを頂けたので大変満足です。

    マクロ撮影の技術を習得したい方にお勧めです。

  • 女性 50代

    この講座は「花撮影にお薦めの講座」でした

    撮影前の説明もプリントをくださり、丁寧にしていただきました。撮影中も花ごとに撮影ポイントを解説してくれたので、撮影も楽しくできました。撮影の仕方、カメラの設定、などわかりやすかったです。花撮影をしているかたにお薦めしたい講座です。

  • 女性

    この講座は「小さな世界を発見し、極める講座」でした

    丁寧で優しい先生です。
    撮る花の選び方から、撮り方や三脚のテクニックまで詳しく教えていただきました。綺麗な珍しい植物が撮れてよかったです。
    撮影中に質問をしたり、一人ずつ技術的なことを教えて頂けて、とても役に立ちました。
    いつか先生の作例のような写真が撮れるようになれれば良いなと思いました。また別のテーマの時に参加したいです。よろしくお願いします。

  • 男性 50代

    この講座は「マクロ撮影の極意を体得できる口座」でした

    写真におけるボケの価値や意味に始まり、三脚を自在に操れるようになるまでの道程に至るまで、随所でこの領域の極意を教えていただきました。

  • more

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています