お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

語り明かそう、今夜【発表者募集】

対面

あなたの背中を押してくれる本と起業家先輩との出会い

こんなことを学びます

「起業」においては、協力者や理解者集め、資金獲得、営業など、様々な場面においてハイレベルな「プレゼン力」が必要です。
「プレゼン力」が弱いと、せっかくのあなたのアイディアが、理解されないどころか、周りの評価を下げ、大切なチャンスを逃してしまうことになります。「心を動かすようなプレゼン力」をこの機会に身につけましょう。
「心を動かすようなプレゼン力」を身につけることができる、簡単で、効果のあるワークショップを、あなたも体験してみませんか。
また、起業したいと思いながらも、あと一歩が踏み出せない、もやもやした気持ちをどうにかしたいと感じているあなたにもぴったりなワークショップです。
 東京駅のすぐそばにあるStartup Hub Tokyoを会場に、起業準備中のメンバーの方を対象にしています。
人前で話す・聞くことにより「プレゼン力」を磨き、
実際の「起業」を経験済みの「先輩起業家」3人からリアルな起業エピソードを聞くことにより 「実践的な学び」を得ことができます。
様々な経歴を持つ3人の、びっくりするようなエピソードをご期待ください。
【日時】2018年 9月 28日 19:00〜21:00 (受付開始 18:30〜)
【会場】Startup Hub Tokyo「ラウンジスペース」
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2−1−1明治安田生命ビルTOKYO創業ステーション1F
https://startuphub.tokyo
【定員】発表者5名
【講師】薮田雪子(薮田雪子事務所代表)
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥500

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
0人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

ファシリテーター、ワークショップデザイナー

35年間の行政職を経て、今は個人でファシリテーター、ワークショップデザイナーとして様々なイベントなどに関わり、ファシリテーション講座、ファシリテーショングラフィック講座などの講師をしています。二足のわらじをはいていた経験を活かして、講座参加者のサードプレイスづくりを応援しています。
また、大人のためのアート鑑賞ワークショップを開催しています。アートに関わりを持たないままで大人になった人を中心に考えたワークショップです。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ・19:00 – 19:10 – 「イベント挨拶」
    ・19:10 – 20:10 – ビブリオバトル説明3分+バトル40分(発表者1名につき8分(発表5分+質疑3分))+投票・チャンプ決定17分
    ・20:10– 20:30 – 発表者・投票者・講師コメント
    ・20:30–21:00 – 起業について講師トーク
    ☆本イベントの開催目的に基づく選書の条件:起業に関する書籍(Startup Hub Tokyoラウンジスペースにある蔵書が望ましい)
    • こんな方を対象としています

      起業のファーストステップで浮かんだ疑問の具体的な答を求めている人
      書籍からの情報を効果的に取り入れたいと思っている人
      プレゼンが上手くなりたい人
      起業仲間の交流をはかりたいと思っている人
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      今回行うワークショップは、ビブリオバトルというものが何かを知らなくても参加できる簡単なワークショップです。
      発表者の人は本を読んできてください。
      今回のテーマは、「起業しようとするときに、背中を押してくれた一冊」です。自分が読んで面白かったので、みんなに紹介したいと思った本を1冊紹介してください。
      ノウハウ本、小説、新書、漫画など何でもかまいません。
      もちろん、電子書籍も可能です。
      Startup Hub Tokyoには、約1,200冊の蔵書があり、自由に読むことが出来ます。ぜひ、ご利用下さい
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    1

    開催リクエスト受付中

    東京(その他)
    4

    開催リクエスト受付中

    兵庫県内 コース

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?