お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

演技をする人のための「クロサワインプロ」ワークショップ

行動としての“Acting”を学び、大胆な演技を目指します。

こんなことを学びます

【1月19日 (土)の回は定員に達したため受付を終了しました。】

演技の世界には“Acting is Doing”という言葉があります。これは「演じることは行動すること」という意味です。では演技における「行動する」とはどういうことでしょうか?このワークショップではそれを学んでいきます。ご興味ある方はどうぞご参加ください。

※定員は8名ですが、ストアカ以外でも募集しているため、ストアカの定員は残り人数を表示しています。早期に予約を終了することもありますので、お早めにご予約ください。

《誰のためのワークショップ?》

■行動としての“Acting”を学びたい役者

演技において大事なのは「本当に行動すること」です。しかし「行動する」ということへの理解が曖昧だと「行動しているふり」になったり、“Emoting”と呼ばれる「感情を演じること」をしてしまいがちです。このワークショップでは行動としての“Acting”を学びます。また行動の可能性を広げることで、より大胆な演技を目指します。

■行動ができるようになりたいインプロバイザー

インプロではシーンの中で行動ではなく会話ばかりをしてしまう傾向があります。それによってシーンが小競り合いになったり、堂々巡りになることもあります。これはアメリカでは“Talking Statue”(しゃべる彫刻)と呼ばれる現象です。行動することによって物語は進みます。このワークショップでは大胆な行動ができるインプロバイザーになることを目指します。

《クロサワインプロとは?》

クロサワインプロは「間を取って」「行動する」ことによってシーンを即興的に作っていくワークです。その名の通り黒澤明監督の映画にインスパイアされて生み出されました。

具体的には、2人のプレイヤーと1人のディレクターによって行います。まずディレクターが極限的なシチュエーションを用意します(例:15歳の娘が妊娠したことを親に告白する)。プレイヤーは十分な間を取り、そして行動をします(例:娘を病院に連れて行こうとする)。

クロサワインプロでは会話やリアクションではなく行動をすることがポイントです。またそれが身体的な行動であれば演技はより大胆になります。例えば上の例で「病院に行きなさい」とただ言うよりも、娘の腕を掴んで「病院に行くぞ」と言ったほうがずっと大胆な演技になります。

上の例で「誰の子だ?」と聞くと会話が始まってしまいます。実際の演劇では会話が入っても問題ありませんが、クロサワインプロでは行動にフォーカスするため会話は省略して進めていきます。

また、「バカ者!」と言ってビンタをすると一見ドラマチックな行動をしているように見えますが、これはアクションではなくリアクションです。感情とそれによる反応はリアクションであり、アクションは決断を伴うものです。クロサワインプロでは感情は生まれるがままにしておき、「それでどうするのか?」という部分にフォーカスしていきます。

このように、クロサワインプロでは実際にシーンを作りながら「行動する」とはどういうことかを学んでいきます。また、他の行動の可能性を探究することによって(例:相手の家に殴り込みに行こうとする)、演技や物語の可能性も広げていきます。

私(内海)はこの手法をアメリカにインプロを学びにいった際、サンフランシスコにあるインプロシアター「BATS」のWilliam Hall氏より学びました。そしてインプロの中でより大胆な演技、物語展開ができるようになったと感じています。

以下は参考までに、クロサワインプロを説明する際によく見てもらっている動画を紹介します。数多くの黒澤映画に出演している仲代達矢氏が黒澤映画に関してインタビューを受けている動画です。最後には映画の一シーンも映されます。「間をとって」「行動する」という黒澤映画の特徴が分かりやすい動画だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ErC5qw3eMNo

《参加者の感想》

これまで行ってきたクロサワインプロワークショップの感想はTwitterの「クロサワインプロ」タグをご覧ください。

https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%23%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AD

《定員》

8名。ストアカ以外でも募集しているため、ストアカの定員は残り人数を表示しています。早期に予約を終了することもありますので、お早めにご予約ください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

高円寺・荻窪

価格(税込)

¥8,000

受けたい
9人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

インプロ(即興演劇)を教えています。

1985年横浜生まれ。東京学芸大学に在学中、高尾隆研究室インプロゼミにてインプロ(即興演劇)を学ぶ。大学卒業後は100を超えるインプロ公演に出演するほか、全国各地において300回を超えるワークショップを開催している。2017年にはアメリカのサンフランシスコにあるインプロシアターBATSにてワークショップおよびショーケースに参加。またアメリカのインプロの本場であるシカゴにも行き、海外のインプロ文化にも触れる。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    全6時間(途中1時間お昼休憩あり)

    ■ウォーミングアップ(1時間)
    頭や身体を動かすことによってウォーミングアップを行います。

    ■クロサワインプロ(2時間)
    クロサワインプロを行います。その中で「Action」とは何かを学んでいきます。

    ■お昼休憩(1時間)
    1時間のお昼休憩を取ります。お弁当を買ってきても外に食べに行っても自由です。

    ■クロサワインプロ(1時間30分)
    再びクロサワインプロを行います。慣れてきた人はプレイヤー(役者)だけではなくディレクター(演出家)も体験できます。

    ■ふりかえり(30分)
    その日の発見を全員でシェアします。また、クロージングのための簡単なゲームを行うこともあります。

    このワークショップは「たくさんのワーク・ゲームをやる」というよりも、シーンを作ることにじっくりと取り組むことによって「Action」について深く学んでいきます。
    • 受講料の説明

      受講料にはワークショップ参加費、会場費が含まれています。
      受講料以外の費用は一切かかりません。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      持ち物は飲み物をお持ちください。また、メモを取りたい場合は筆記用具もお持ちください。服装は普段着で大丈夫ですが、少し動くこともありますのでスカートはお避けください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?