お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【オンライン可】敬意と人間関係を伝える敬語を理解する敬語講座

対面 オンライン

マナーを守るための敬語ではもったいない!敬語は「人間関係を”見える”化」するためのビジネスツール。仕組みを理解して積極的に使いましょう。

こんなことを学びます

・相手にお願いしたつもりだったのに、相手はこちらがやるものと勘違いしていた
・部下が妙に馴れ馴れしい
・ミスの原因を調べて報告したら、まるで報告した自分のミスのように叱られた
こんな経験はありませんか?
これらは、もしかすると、敬語が適切に使われていないことが原因かもしれません。
敬語は単なるマナーではなく、「人間関係を”見える”化」するツールでもあります。
間違った敬語によって、適切ではない人間関係を”見える”化してしまっているかもしれません。

■敬語は本当に必要か
マナーとして使われる敬語であれば、たとえ間違っていても、
使ってさえいればそれで良しとされる面があります。
使われた敬語の適切さよりも、
その人が敬語を自分に対して使おうとしてくれている、
ということそのものに敬意を汲み取ってもらえるからです。

それであれば、敬語を正しく使えるようになる必要はないのでしょうか。

■敬語を使うメリット~「人間関係の”見える”化」とは
もし、マナーとしての敬語だけが必要なのであれば、敬語を勉強する必要はないかもしれません。
しかし、敬語を使うメリットは他にもあります。

①社会人としてのマナー
②敬意を表すことができる
③主語や目的語を省き、効率的に話ができる
④「人間関係を”見える”化」することができる

「今、いらっしゃいました。」
→来るのは、話し手から見ても、聞き手から見ても目上
「まいりました。」
→来るのは、聞き手から見て目下、話し手からは同等もしくは目下

このやり取りを例にとると、
①敬語を使うことで、社会人としてのマナーを守っている
②聞き手や、いらっしゃる方への敬意を表している
と言えます。

続いて、③の「効率的」ですが、このように、話し手と聞き手の状況が正しく共有されていれば、
「いらっしゃいました」「まいりました」だけで話は通じるのです。
※実は、名前を呼んだり直接的に人を指し示すのは、古来失礼なこととして避けられてきました。
ですので、主語や目的語を省けることは「効率的」ですが、もともとは、それこそが、敬意でした。

そしてビジネスにおいて最も重要な要素が④です。

例の会話のように、正しい敬語を使用することで、
話し手と聞き手が同じ人間関係の枠組みを共有していることを
お互いに確認しあうことができます。

「お互いがどのような文脈の中にいるのか、
 お互いにずれがないかどうかを、
 敬語を使うことで常に確認することができる」

私は、これを「人間関係の”見える”化」と呼んでいます。

その他に、敬語を適切に使えることで、知性や勤勉さを感じ取ってくださる方もいらっしゃるでしょう。
企業の社員が敬語を適切に使えることは、会社が社員教育をきっちり行っていることの証になるかもしれません。

敬語には、実用的なメリットがたくさんあるのです。

■現代は敬語を身につけづらい時代
現代は、お客さまや上司に限らず、部下にも敬語を使うことが求められている時代です。
誰しもが敬語を使うことを求められ、また敬語を使う対象も増えました。
つまり、敬語のニーズは確実に増えているのです。

しかし、求められる敬語の量に対して、質が追いついていない状況です。

例えば 小学生でもスマホを持ち、誰でもインターネットを見られますが、
誰でもが発信できるインターネットには間違った敬語も正しい敬語も、
入り混じって使われています。
テレビを観ていても、間違った敬語が使われていることはよくあります。
しかし、情報が間違っていれば訂正されますが、
敬語が間違っていても訂正謝罪が流れることはありません。

一度、敬語ってなんなのか、基本を確認してみませんか?

■敬語が引き起こす事例
様々な企業に対して電話応対研修を行った経験から、敬語についてのニーズが非常に高いことを感じました。
研修後のアンケートでは、毎回「敬語についてもっと教えてほしい」という記載が最も多く、
また敬語について困っているという相談もありました。

事例を2つご紹介します。

<事例1>
企業Aの方からは、「敬語は正しいはずなのに、間違っているとクレームになる社員がいるんです」と相談されました。

実は接客において、敬語が間違っているということそのものがクレームになるケースはあまりありません。(敬語の間違いでクレームになったら、世の中のクレーム件数は数百倍に膨れ上がるかもしれません…!)

敬意の足りない、失礼な態度を取られたときに、人は傷つき、怒ります。
お客さまの立場であれば尚更です。
それでも多くの人は、自分の感じ方の問題かもしれないと思い、我慢します。
しかしそこで、敬語が間違っているという客観的事実があると、
クレームを言いやすくなるのです。

従って、いくら文法的には正しくても、
敬語の“心”である敬意がなければ、本質的なクレームは防げません。
企業Aの方にそれを伝え、
「その方に失礼な態度がみられたということはありませんか」
と訊くと、思い当たることがあるようでした。

<事例2>
企業Bでは「わたしは全く敬語を使いませんが、成績は常にトップレベルです。
それでも敬語を使わなくてはいけないんでしょうか。」
という質問もありました。

「敬語を使わなければいけない、ということはありませんが、
お客さまからワガママを言われませんか。」とお訊きしたところ、
やはりワガママを言われて困っているとのことでした。

敬語を使わないことで、お客さまに、
人間関係の在り方を誤解させてしまったのです。

敬語を適切に使い、「人間関係の”見える”化」を行えば改善される問題です。

さて、ご自身の敬語、社内の敬語はいかがですか。

■この講座で学べること
敬語の基本の仕組みを、敬語の持つイメージを使って説明します。
敬語を単なる知識として使っていると、紋切り型のマニュアル敬語になりがちです。
仕組みを理解して「人間関係の”見える”化」のツールとして敬語を使いこなし、
敬語の持つイメージを掴むことで、自分らしい、生きた敬語を使えるようになります。

ところで敬語とは、敬意を言葉の上で表すためのものです。 さてそれでは、敬意とはなんでしょうか。

表すべき敬意がよくわからないまま、敬語を使おうとしても、適切な敬語を選択することは難しいでしょう。
敬語の前提となる敬意についても説明します。

お互いを尊重し、ポジティブな人間関係を築くための敬語を学びましょう。

身近すぎて後回しになりがちな敬語を、一度見直してみませんか。

【ペア割あります】
お友達同士などでご一緒の受講をご希望の場合、それぞれの受講料を1割引きにいたします。
それぞれに割引URLをお知らせしますので、お申し込みの前にご連絡ください。
もちろん3人以上でも構いません。全員からご連絡をお願いします。

【開始時間は調整可能です】
平日夜の開始時間は19時から20時の間で調整可能です。
申し込みまえにご連絡ください。
設定を変更いたします。
続きを読む

10月28日(水)

19:00 - 22:00

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切日時

10月27日(火) 19:00

参加人数

0/1人

価格(税込)

¥8,800

申し込み時に、オンライン開催を希望か、喫茶店での開催を希望かご連絡ください。 ※オンライン開催の場合、GoogleMeetを使用いたします。 ※喫茶店開催の場合、場所は池袋です。

11月3日(火)

09:00 - 12:00

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切日時

11月2日(月) 08:00

参加人数

0/1人

価格(税込)

¥8,800

申し込み時に、オンライン開催を希望か、喫茶店での開催を希望かご連絡ください。 ※オンライン開催の場合、GoogleMeetを使用いたします。 ※喫茶店開催の場合、場所は池袋です。

11月7日(土)

09:00 - 12:00

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切日時

11月6日(金) 08:00

参加人数

0/1人

価格(税込)

¥8,800

申し込み時に、オンライン開催を希望か、喫茶店での開催を希望かご連絡ください。 ※オンライン開催の場合、GoogleMeetを使用いたします。 ※喫茶店開催の場合、場所は池袋です。
  • 10月28日(水)

    19:00 - 22:00

    東京 / 池袋・巣鴨

  • 11月3日(火)

    09:00 - 12:00

    東京 / 池袋・巣鴨

  • 11月7日(土)

    09:00 - 12:00

    東京 / 池袋・巣鴨

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
173人が受けたい登録しています

対面受講日程

10月28日(水) 19:00 - 22:00

¥8,800
参加人数 0/1人

11月3日(火) 09:00 - 12:00

¥8,800
参加人数 0/1人

11月7日(土) 09:00 - 12:00

¥8,800
参加人数 0/1人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

対面受講料に含まれるもの

受講料には、資料代が含まれます。飲食代は各自払いです。

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥8,800

この講座の先生

敬意を伝え人間関係を見える化する敬語を教えます

私は、コールセンターに18年勤め、講師として企業へ電話応対研修も行ってまいりました。

コールセンターでは、敬語を適切に使うことで、お客様とポジティブな関係が築けることを実感しました。しかし、会社には満足な敬語の教育プログラムはなく、ほとんどが独学でした。

外部企業への電話応対研修では「今まで電話が嫌だったが、早くお客さまと話したくなった」「ずっと聞いていたいと思った。こんな研修ははじめて」「研修で感動するとは思わなかった。すごい!」などの感想を頂戴し、それなりの手応えも感じていました。しかし一方で、多くの企業が敬語へのニーズがありつつもどのように教育をしたらよいかわからないという状態であることを知りました。

敬語は、いったん理解してしまえば難しいものではありません。そのうえ、敬意を伝えることでコミュニケーションの潤滑油となり、人間関係を見える化することで責任の所在が明確になります。このような便利なツールである敬語が、ビジネスにおいて使えるのと使えないのでは、大きな差が付きます。自分の言葉として使いこなせるよう、どなたにでもわかりやすい講義を行ってまいります。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <進行の目安>(180分)

    10分  お互いの自己紹介(職種・参加動機・この講座に求めるものなど)
    20分  ビジネスツールとしての敬語とは何か
    50分  イメージを使って理解する敬語の基本的な仕組み
    10分  休憩
    30分  敬意を伝える
    20分  人間関係を見える化する  
    30分  敬語の練習
    10分  質疑応答
    • こんな方を対象としています

      ・敬語を理解するとともに、敬意を理解したい方
      ・よくあるフレーズではなく、自分らしく敬語を使いたい方
      ・敬語を使っているのに、失礼だと言われてしまう方
      ・相手の対応にムッとしても、どこが失礼なのか説明できず、自分の問題なのかもしれないと思っている方
      ・日本における敬語を知りたい方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      一方的な講義にならないよう、なるべく発言していただく機会を設けます。
      録音・録画はご遠慮ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー25

    • 楽しかった!( 13 )
    • 勉強になった!( 23 )
    • 行く価値あり!( 18 )
  • M3

    男性 50代

    この講座は「敬語を文法的にも理解できる講座」でした

    「御(お・ご)」の講座でもそうでしたが、「違和感はあるけど、どこが間違っているのかよくわからなかった」敬語が、やっと理解できた気がしています。言葉なので、個別的な言い回し、慣例などもあって、実務ではそれも大事だとは思いますが、この講座で「敬語の基本」を多少なりとも理解できたのは収穫でした。
    敬語にかかわる人には、ぜひともお勧めいたします。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「敬語を仕組みから理解する講座」でした

    普段は見よう見まねで会得した敬語を話している(つもり)でしたが、改めてこの文が合っているか間違っているかと問われると答えに困ってしまいました。ビジネス用途という視点で構成、整理されていて分かりやすかったです。言葉遣いを訂正される機会はほぼ無くなってしまったので、自ら学んで(ビジネス的に)正しい敬語を使えるようにしていく必要性を感じました。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「敬語についての新たな理解が得られる講座」でした

    日常業務において、メールや電話、その他対面非対面問わず様々なシーンで敬語の使い方やマナーに関してあやふやな所があり、今回初めて受講させて頂きました。
    敬語は単なる文法ではなく、相手との人間関係をも調整したり整理していくためのもの、という新たな理解が得られました。
    みっちり3時間の講座は充実していて大変勉強になりました。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「「敬語を体系的に学べる 講座」」でした

    これまでは「 敬語」「謙譲語」「丁寧語」を漠然と 使っていましたが、 この講座では改めて 誰に対して 誰を対象にするものするものなのかを自分の中で意識することで、 適切な敬語 が使用できる ものだと認識できました 。
    またイメージを 使うことで、理解しやすくなりました。
    大変参考にさせていただきました。

  • M3

    男性 30代

    この講座は「市販テキストの学習では、主体は自分のまま本質を理解せず終わると知る講座」でした

    本日も、最後まで丁寧にご説明くださり有難うございました。
    日常メールのやりとりで「いただく」を使う頻度が増え、これで良いのかなと日々思っていましたが「いただく」が増えるのは自然なこと、またそういった課題を安易に解消せず対応の幅を広げることが言葉の成熟に繋がると気付きました。
    バランスの取れた球体の塑像が出来るまで、文脈を切り取る次元数と表現の幅を増やしていけたら、それは素敵なことだと感じました。

  • この先生の他の講座

    1

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン
    0

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン
    6

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?