プロの書評家による、書くことが好きになる読書感想文講座

読書感想文を終わらせる!…だけではなく、もっと自分自身を好きになり、表現することは楽しものであることを知るという、一生ものの財産にします!

learn

こんなことを学びます

【こんなことを学びます】
読書感想文、何を書けばいいのかわからずに、あらすじをひたすら書いた上に「面白かったです。」だけになっていませんか? そして読書感想文の恐怖から、文章を書くことに苦手意識を持ったり、更には嫌いになってしまったり。
…というのも過去の私がそうでした。小中学生の時は、夏休みの宿題で最後まで残っているのが読書感想文という状態でした。大嫌いでした。
文章嫌いは結局、大学の授業のレポートや卒論まで引きずりました。まさに悲惨。

でも大人になり、ちょうどインターネットが発達し始め、自分のホームページやブログを公開したりSNSで書いていくことを続けるうちに、書くことで自分を表現できるようになっていました。自分の思いを綴り、人が見て、いろんな反応をしてくれることに生きがいを見出しました。
そして気づいたら講談社の本のレビュワーになっていました。あんなに文章を書くのが嫌いだった子が! 自分でも信じられない。

今では苦も無く2000字のレビュー(読書感想文)を書けるわけですが(難しい本や書きづらいのもたまにあって、そういうのは今でも苦しいけれど…)、数を重ねるうちに、「読書感想文を書くとはこういうことだ」というのが自分の中ではっきりとわかりました。
ズバリ言ってしまうと「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇こと」なのです。(講座で教えます)
「え?それって読書感想文なの?」と言われますが、本質はそうなのです。

・文章を書くとはどういうことなのか。どういう意味があるのか。
・どうすれば書くことが楽しくなるのか。
・共感されたり感動を得る読書感想文とはどういうものなのか。

これらを伝授することで、お子さんたちに文章を書く楽しさや意義を知ってもらいたいのです。
書くことに苦しみを感じてほしくないのです。

この講座は私が誘導して書かせるものでもありません。お子さんの心をヒアリングして、口から出させ、それをまとめ上げさせます。
出来上がりの優劣の保証はできませんが、お子さんが「自分が書いたものだ!」と誇りを持てるものにしたいです。

そして親御さんとお子さんの絆も深まり、お子さんの自己肯定感が高まる仕掛けも組み込んであります。


【受講者へプレゼント】
・私が書いた読書感想文の見本
・お子さんの言葉を引き出し、どういう構成で書くかといった設計図はもちろんお持ち帰りください


【持ち物】
・本
・原稿用紙
・自由帳やクロッキー帳など白い紙(ノート)(なるべく広い面積で書けるもの)
・筆記用具
・水分
・昼にお腹がすいて集中力が切れそうなお子さんには、おにぎりやおやつなど


【定員】
4人(一対一で丁寧に向き合える限界です)


【講師の講談社でのレビュー】
http://news.kodansha.co.jp/kc_tag_search?tagData=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%90%8D&tags=%E9%87%8E%E6%9C%AC%E7%B4%97%E7%B4%80%E6%81%B5


【受講いただいた親御さんの声】
・講座を開くにあたってお試しで受講してくださったHさん

「小学三年の息子に受講させました。それまでの夏休みは読書感想文が最後まで残り、苦しみながらなんとか原稿用紙を埋めるという有様でした。こちらの講座では本選びからお願いしましたが、まずそもそもの視点が180度違い、自分たちの思い込みを払拭させられました。義務感から選んでいた本や、なにかの形式に沿わないといけないと思い込んで書いていた文章。そんなものは必要ないことがわかると息子の目の色が変わりました。まずは自分の書きたいことを書きたいように書く。誰だって自分の気持ちを表現できる場があると生き生きするものなのですね。そして書きっぱなしではなく、最後には先生がきちんとした形に添削してくださり、テクニックとして少し言い回しを変えるだけでグッと説得力が増すということも学べて、本人も親もアドレナリンが出まくりの講座でした。これから文章を書く機会が少しでもある方、「書く」ことを味方につけて、新しい世界へ歩んでいけるきっかけになると思います。」
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

予約締切

8/20 (月) 10:00AM - 1:00PM

予約の締切り日

8/18(土) 10:00AM まで

参加人数

1/4人

開催場所

田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩7分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格

¥5,000

¥4,500

早割10%OFF

(早割残り1席)

  • 予約締切

    8/20 (月) 10:00AM - 1:00PM

    選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
5人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

ライター・レビュワー

1978年生まれ。
千葉の田舎の公立小・中・高を出て、東北大学工学部建築学科の大学院修了。
・JR東日本の建築技術職
・ハウスメーカーの設計職
・クラシックギター専門の出版社にて編集
・フリーランスのグラフィックデザイナーやイラストレーター
・電話での占い師
などを経て、現在は3歳と1歳を育児しながらライターをしています。
一級建築士、JAPAN MENSA会員

私の講談社でのレビューは
http://news.kodansha.co.jp/books
「講談社BOOK倶楽部 今日のおすすめ」に掲載されています。

JR時代には部下へのコーチングがうまいと評価されていました。
あなたの人生の物語を引き出します。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ① 予約していただいたらすぐに(受講日までに本を購入し読み込めるように)、30分ほどお時間をいただき、電話・スカイプ・messengerやLINEの通話でヒアリングを行い、本選びをします。(お子さんが一緒にいる状態推奨)
    ② 受講日までに読み込んで、気になる箇所に付箋を貼ってきてください。できれば何が気になったかも書きだしてください。

    ↑当日まで
    ↓当日

    ③ 当日はまず、講師とお子さんと親御さんのそれぞれの信頼関係を作るためのイベントをします。(10分)
    ④ ここから親御さんは別室待機かお出かけしていただきます。くつろいでお待ちください。
    ⑤ 読み込んだ度合いが高そうなお子さんから順番に、丁寧にヒアリングしていきます。お子さんの気持ち・言葉をたくさん引き出し、私が設計図を作ります。読ませるテクニックも織り込みます。(10-15分)
    ⑥ どんどん書きましょう。その間も講師は様子を見ながらお子さんから言葉を引き出しに行きます。(2時間)
    ⑦ ここまででも十分お子さんに満足いただけると思いますが、時間に余裕があり、かつご希望の方は校正します。(日本語や表記をを正しくしてほしい~賞を取りたい、様々なレベルに応じます)
  • こんな方を対象としています

    ・読書感想文を楽しく終わらせたい方
    ・読書感想文で入選するなどより高いレベルにしたい方
    ・文章で自分を表現するコツや喜び・楽しさを知りたい方
    ・大人の方でも歓迎です
  • 受講料の説明

    受講料には
    ・事前の本選びのお手伝い(30分)・受講料・場所代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・お子さんに、ご家庭や学校などでの人間関係や、それらの好き嫌い嬉しい悲しいといった感情を深く聞き出します。その作業こそがメインになります。もちろん聞いたことは秘密にします。お子さんと私の間での秘密です。
    ですのでそういうことに賛同されない方、プライベートなことを知られたくない、という方は方針に合わないので受講をご遠慮ください。

    ・本はあらかじめ読みこんで、気になる箇所に付箋を貼ったり、何が気になるのか書きだしてきてください。

    ・小学校1,2年生は引き出せる量が少ない(自分が何に興味があるのかあやふや)+書くのが遅いので、完成しないかもしれません。設計図まで作り、あとは持ち帰って書いていただくことになるかもしれないのでそれでもよろしければお申し込みください。

    ・全員が入賞できるようなレベルに書けるようになったらいいな…と思うのはやまやまですし、そうなれるような基本的な表現手法は教えますが、「魅せる文章」「惹き込む文章」を書けるというのは最終的にセンスに左右されます。才能。音楽もスポーツもそうなのですが、文章もテクニック+才能・センスなのです。そこはご理解ください。それも含めてお子さんとその表現を受け入れてください。

review

レビュー

  • 1

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 女性 40代

    この講座は「スラスラ書けちゃう魔法の講座」でした

    小学3年の女の子です。感想文のための本選びに苦戦したので、本選びから関わってもらってとても助かりました。結果としては、本選びが感想文の全てを決めていたと思います。3時間で本人もストレスなく3枚びっしり書き上げ、家に戻ってからも本の面白さを話し続けるほどです。肝心の本人の感想は「たくさん書けた!楽しかった!」でした。感想文が苦痛にならないので、絶対にオススメします!

  • relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています