能古島 Natural English <未就学児と保護者>

【能古島の自然 × 英語 × ワークショップ】 今回のテーマは音。

こんなことを学びます

Hi☆ ニッキーです!
9-10月のNoko Natural Englishのテーマは「音」。

オノマトペ(擬音語)ゲームや
和太鼓、世界の楽器に親しむワークショップ、
自然の音色遊びや、バチ作りなどなど、
盛り沢山のプログラムを用意しましたよー!

能古島で集合してから解散まで、
英語のネイティブスピーカーの講師が
All Englishでナビゲートします。

「英語は初めて!」という子も
「英語って苦手…」という子も、大丈夫!

かたくるしいレッスンではないので、
安心して参加してくださいね☆

イベント中、
ニッキーは英語しかしゃべりませんが、
日本語も話せるバイリンガルですし、
日本人スタッフもついています。
子どもたちが不安なく、
しっかり楽しめるようフォローしていきますね。

もちろん、
バイリンガル教育をしている子も
英語を深めることができますよ!



■■詳しい内容■■

<オノマトペクイズ>
まずは全員で、オノマトペのクイズをします。

同じ動物でも、鳴き声の表現は
日本と外国で異なります。

例えば、日本語で犬の鳴き声は「ワンワン」
英語では「Bow-wow」というように。

外国語のオノマトペを聞いて、
どの動物の鳴き声が当てるゲームをしますよ。



<ワークショップ巡り>
次に、3つの少人数のグループに分かれます。
それぞれのグループに外国人講師がついて、
3つのワークショップを順番に体験していきます。


【①和太鼓と口唱歌(くちしょうが)】
担当講師:中里 夏子先生
和太鼓歴18年のベテラン。
2005年に能古島にて「のこ太鼓」を立ち上げ、
チームリーダーとして、
子どもから大人まで、和太鼓の魅力を伝えています。

和太鼓は口伝の楽器です。
楽譜を紙に書くのではなく、
リズムを歌で伝え、
受け継がれてきた伝統があります。

このワークショップでは、
「スットン、スットン、ドドーンドンドン」や
「ツッタカツッタカ」などの口唱歌で
膝打ち(あぐらをかいて手でヒザをたたく)という
伝統的な練習をします。

その後、本打ち(実際に太鼓をたたく)をして、
和太鼓を体験してもらいます。



【②世界の太鼓】
担当講師:宮嶋 佐知先生
リムリック大学(アイルランド)にて
MA in Ethnomusicology (民族音楽学修士号)を取得。
いろいろな国を旅すること、
その土地の音楽に触れることが大好き。
昨年から能古島で暮らしている、
3人の男の子のママです。


楽器で世界旅行をしましょう!
音楽にまつわるお話やクイズをします。

その後は、実際に楽器を使って音を出す、体験タイム。
身近な楽器から珍しい民族楽器まで、
いろいろな楽器を見て、さわって、きいて。
五感を使って楽しみます。

アフリカの太鼓「ジャンベ」や
アイルランドの太鼓「バウロン」も登場しますよ!


【③秋の音色遊び】
担当講師:ニッキー

じっと耳をすませてみてください。
能古島ではいつも、
自然のいろんな音が聞こえてきます。
特に、秋の音色は素敵なんですよ〜!

セミの音も、夏とは違うし、
風が草木の間をすり抜ける音も、
どことなく、秋を感じさせる
やさしい音にきこえます。

貝殻や流木など、
自然のもの同士をぶつけ合ったり、振ってみたりして
どんな音がするのか、よくきいてみましょう。

音を使ったゲームもしますよ。


<バチ作り>
ワークショップ巡りの後は、
みんなでバチを作ります。
いろんなものをたたいて音で遊びましょう!
ゲームもしますよー!



■■サポートスタッフについて■■

英語でのコミュニケーションがいき渡るよう、
子ども10名に対して、
ネイティブ講師を1名配置します。

※飛び入り参加などで、
人数に多少の誤差が生じる可能性もあります。
あらかじめご了承ください。

日本人スタッフは
小学2年生の子どもを持つ、カエラちゃん先生。
きめ細やかに、お子さまとイベントをサポートしてくれます。
困ったことなど、気軽に質問してくださいね。

親子で楽しく、
体験と発見の時間を過ごしてもらうために
カメラマンを手配し、
イベントの様子を撮影いたします。

後日、WEBアルバムへアップロードして、
参加者のみなさんにだけ
閲覧パスワードをお送りします。

参加者のみなさんは
カメラやスマホを構えなくても大丈夫。
お子さまとの楽しむことに集中してくださいね。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

福岡市内

価格(税込)

¥4,000

受けたい
5人が受けたい登録しています

この講座の先生

バイリンガル子育て中☆子ども英会話のスペシャリスト


ニックネームは、ニッキーです!
子ども英会話講師の実績は10年以上。現在は複数の小学校でALTとして、英語の授業を担当しています。英語保育のネイティブ講師もしていますよ。

生まれはカナダのトロント。福岡市の百道・ドイツ・カナダなどで育ち、バイリンガルとして育てられました。

現在は3歳の娘がいて、バイリンガル子育てを奮闘中!パワフルで元気いっぱいの先生です。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    9:30
    能古渡船場集合。漁村センターへ徒歩で移動
    (9:15のフェリーに日本人スタッフと乗船します)

    9:45
    動物オノマトペクイズなどのゲーム

    10:15
    音のワークショップ巡り
    (和太鼓と口唱歌・世界の太鼓・音遊び)

    11:45
    バチ作り、まねっこゲームなど

    12:30
    解散
  • こんな方を対象としています

    対象は未就学児とその保護者です。
    一緒に参加していただきます。

    ◎家族で新しいチャレンジをしてみたい
    ◎「英語って楽しい!」というイメージを子どもに持たせたい
    ◎生きた英語にふれたい
    ◎自然の中で感性を高めたい
    ◎英語でコミュニケーションしたい(保護者でも、子どもでも)
    ◎英語に苦手意識がある(保護者でも、子でも)
  • 受講料の説明

    保護者と子ども1名 ¥4,000
    (フェリーの乗船料は含まれません)

    ■■きょうだい割引あり■■
    きょうだい1名追加につき ¥3,000


    ■■能古島弁当のオプション■■
    能古島の海鮮料理店「雑魚」の手作り。
    能古島近海でとれた
    新鮮な魚介類を使ったお弁当が手配できます。
    予約する場合は、開催日の3日前までにご連絡ください。

    大人サイズのお弁当 ¥1,000
    子どもサイズのお弁当 ¥600
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ■■持ってくるもの■■
    ・帽子
    ・水筒


    ◎能古島にはコンビニがありませんのでご注意ください。

    ◎解散は漁村センター。
    13:00能古島発のフェリーに徒歩移動で間に合うよう解散しますが、
    午後もぜひ、能古島を満喫していってください。

    海岸で遊んだり、散歩したりと、
    自然と親しみながら親子でのんびりと楽しめます。

    お弁当を持ってきて、海を眺めながら食べてもいいですし、
    能古島のレストラン(雑魚・みなとや・長栄丸など)や
    カフェ(noconico cafe、カフェかもめなど)で
    食事することもできます。

    バスは能古渡船場を経由して、
    のこのしまアイランドパークにも行きます。
    (本数が少ないのでご注意ください)

    のこのしまアイランドパーク内にも飲食店はあります。

この先生の他の講座

relation

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?