小学生「読書感想文」をいっきに書き上げる夏休み特別講座/大阪

読書感想文の宿題は、親子で楽しく、早めに終わらせましょう!

こんなことを学びます

夏休みの宿題の中でも、大変だと言われる宿題の代表格が、読書感想文ですね。書きたくない、面倒くさい、と思う小学生とその親御さんは多いことでしょう。でも本当は、「読書感想文は、親子で楽しめるもの」なのです!

この講座では、文章力養成コーチ・松嶋有香先生から直接、親子で読書感想文を楽しむためのアドバイスを受けることができます。毎年読書感想文指導をしている松嶋先生が、親子での会話を促しながら、お子様から感想を引き出し、文章として仕上げるまでの作業について、丁寧に指導。その場で下書きまで終わらせてしまうことができます。

ぜひ、先生と一緒に、親子で楽しく、読書感想文を書いてみませんか?

■ この講座は、大阪・東京の2会場で開催します。こちらは大阪会場のご案内です。

■ 開催日時
2018年7月29日(日)午前の部10:00~12:00
※20分前より受付開始
※午後の部は受付を終了しました。

■ 開催場所
大阪府立中央図書館 大会議室(大阪府東大阪市荒本北1-2-1)

■ 参加者の事前準備
保護者の方は、StudyHackerこどもまなび☆ラボの連載「親子でとりくむ読書感想文 書き方レッスン」第1回から第4回まで読んで、親子での作業を進めてからお越しください。当日は一番の難関であるメモの文章化に取り組みます。

連載はこちら:
https://kodomo-manabi-labo.net/series/yuka-matsushima-dokusho-kansobun

【親子での事前作業の具体的な内容】
第1回を読んで、読書感想文の素晴らしさについて理解を深めてください。
第2回を読んで、お子さんと本を選んでください。
第3回を読んで、書いてある方法で付箋紙を貼りながら本を読んでください。
第4回を読んで、付箋紙を元に親子でたっぷり話して、それをメモしておいてください。

■ 参加者の当日の持ち物
・読書感想文を書く本
・筆記用具(2B以上の濃さの鉛筆、鉛筆削り、消しゴム)
・読書感想文連載第3回の方法で使用した付箋紙
・第4回の方法で使用したメモ
・あれば、学校で配られた募集要項
・熱中症予防のため飲み物
※原稿用紙はこちらで用意します。この日書き上げるのは下書きです。校正後に清書します。学校指定の原稿用紙があれば、清書の時にそちらを使用してください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

北河内・東大阪

価格(税込)

¥5,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

松嶋 有香のプロフィール写真
国語教師・文章コンサルタント・文章力養成コーチ

松嶋 有香

平成元年静岡大学教育学部心理教育学科卒。東京在住。
イー・グローブ合同会社副代表
NPO法人Reジョブ大阪理事
オリジナルインターネット国語プログラム「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」指導者
新しくて活き活きした教育改革をしたい。
まずはママたちの教育や育児のコンプレックスを解消し、子どもを自由に。
子どもたちには主体性のある自己管理力と自己表現力をつけさせ、大人には言語を通じた思考整理術を。
教育相談と、小学生用教材、コラム、そしてブログからじわじわ責めます。
サイト https://kakimakuru.com/

この講座の主催団体

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    所要時間は2時間です。講座では、お子様から感想を引き出し、文章として仕上げるまでの作業を行い、その場で下書きまでを終わらせます。
    • こんな方を対象としています

      小学校1~4年生とその保護者
    • 受講料の説明

      ・この講座は親子でご参加ください。参加費は、親子1組5,000円です。
      ・定員:親子10組
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      この講座に参加するには事前準備が必要です。内容をよくご確認のうえ、親子で事前準備に取り組んでからお越しください。

      ※参加者全員で最良の結果を出すため、今回の講座に関しましては、乳幼児を連れての参加はご遠慮ください。
      ※とても心配になって講座が進められない場合がありますので、当日の無断欠席、無断遅刻はご遠慮ください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?