「ビジネスゲーム」で身につける!経営分析入門編セミナー!

ビジネスを成功に導くマネジメントリテラシーを体感習得しよう!

learn

こんなことを学びます

 ▶︎本気でビジネスの世界で豊かになりたいすべての人へ◀︎

<ビジネスの世界に学歴や資格なんて関係ありません!!>
学生から社会人まで幅広く学ぶことができます♪
私自身、中学校で実施させていただきましたが、知識の使い方がわかればあんなに喜んで人は学ぶのか。ということを実感しております♪

学歴や資格なんて、単なる「試験勉強の知識」で、出題パターン
の習得や解答戦略などの対策が可能な知識にすぎません。

◯学歴や資格なんて関係ない!
◯知識を道具として使える人
◯知識を目標に向けて体系化している人

こういう人こそがビジネスで成功し、豊かに
なっています!

(例えば)
あの有名な「Google」の検索システムです。
Googleの検索システムには、「ページランク」という特有の考え方が
取り入れられており、このページランクは「線形代数」における固有ベクトルや
「確率論」におけるマルコフ連鎖と密接な関係があります。
このいずれも大学の数学で学ぶカリキュラムに入っているのですが、彼らは
それを検索システムに応用したのです。

つまり!
数学の知識を「道具として利用」できた人がビジネスで成功しているのです。

<本当にあなたの能力はフル活用されていますか?>
学校では、基本的に試験勉強がメインです。このため、試験勉強の知識が
「知識」と思い込まされている可能性があります。

つまり、実社会やビジネスにおいてどう活かせるのか?
ということは試験勉強では関係ないんです・・・。

しかし、このことはあの「Google」においては象徴的です。
だって、線形代数などは学校のカリキュラムに入っているのですから。
でも、それをビジネスの世界で応用できたのはラリー・ペイジ(創業者の1人)
です。

ということは、あなたのその知識はフル活用されていない可能性があります。
もしくは、体系化されておらず、バラバラな知識になっていて、ビジネスに
おいて活かせていない恐れがあります。

しかし、もし、
その枠を外せたなら・・・
その殻を叩き割ることができたなら・・

あなたは、ビジネスの世界において大きく羽ばたくでしょう。
そう、数少ない成功者の仲間入りを果たす可能性が飛躍的に上昇します!
なんせ、学校では「試験勉強の知識」しか多くの人は学んでいないのですから。

■知ってました?〜成功している企業の共通点■
〜純利益1兆円企業の共通事項〜
それは会計&ファイナンスを重視する会社〓
どんなビジネスでも、数字に対する実務力は絶対に必須です。
数字を読み取り、活かせる者こそが勝利を呼び寄せます!

その中でも、今、成功している企業として、純利益1兆円を
達成した企業に「ソフトバンク」と「トヨタ自動車」があります。
 
孫正義氏や豊田氏など経済界で成功をおさめる経営者は、
みな「数字に強い」人達ばかりであり、両者はその社員に会計&ファイナンス
の能力を要求しているそうです。

★どんな経営者が成功しているのか知ってますか?★
〜成功している経営者はとにかく経営数字に強い!〜
【成功者その1〜稲盛和夫氏】
世界的企業京セラを創業し、JALの再建まで果たした稲盛氏は、次のことを
語られています。

「経営を飛行機の操縦に例えるならば、会計データは経営のコックピットにある
計器盤に表れる数字に相当する。
 計器盤に表示される数字の意味をするところを手に取るように理解できるよ
うならなければ、本当の経営者とはいえない。」

【成功者その2〜松下幸之助氏と高橋荒太郎氏】
松下電器産業株式会社(パナソニック)の創業者である松下幸之助氏には、
高橋荒太郎氏という大番頭が女房役を努め、松下の経営理念を礎にしながら

「経理の乱れは経営の乱れに通ず」との立場から、常に経営の羅針盤としてト
ップを補佐してきました。

【成功者その3〜本田宗一郎氏と藤沢武夫氏】
世界のホンダでも技術出身の経営者だった本田宗一郎氏の成功の陰に、組織管理・
財務・営業で辣腕をふるった藤沢武夫氏というパートナーが存在しました。

このように大成功した企業には何らかの形でトップと女房役という名コンビが
いたのです。そして、経営数字に強い経営者は少なく、この点が成功してる経営者が少ない理由のようです。

そう。
つまり、成功してるビジネスパーソンになるためには、経営に関する数字を
読めて、道具として利用できなければならないのです!!

★当セミナーの特徴とは★
私どものビジネスセミナーでは、他のセミナーとの違いとして、以下の特徴があります。

【特徴1】
ビジネパーソンが速習で身につけることのできるよう「欧米式」の会計&財務の教育カリキュラムを採用しています。
具体的には
①決算書を活かせる(use〜経営分析入門)
  ↓
②決算書を読める(read〜財務諸表入門)
  ↓
③決算書を作れる(create〜簿記入門)

このように、ゴールからスタートを遡る形式でセミナーでは解説していきます。

【特徴2】
セミナーで学んだことを体感的に身につけるために
ビジネスゲーム(M-Cassミニバージョン)を使って
アウトプットしていきます。

このビジネスゲーム「M-Cass」は、

『ビジネスを成功に導く
 マネジメントリテラシーを体感習得する』

するために開発されたものです。

座学とワークにより学んだ知識を、今度はビジネスゲームを使って活かしていただきます。これにより、体感的に知識を身につけることができ、単なる座学主体のセミナーよりも、知識の吸収率が高まります!

90分程度のセミナーですが、翌週にご自身のビジネスで活かしてください!!

■■当セミナーの具体的内容■■
①経営分析について学ぶ
 ・自己資本比率 
・総資産利益率 
・実際の企業の分析(ケーススタディ)など
②決算書の読み方を学ぶ
 ・貸借対照表について 
・損益計算書についてなど 
③決算書の作り方について学ぶ
 ・簿記の原理 
・帳簿の仕組み 
・決算書作成の流れ
④ビジネスゲームを使っての総まとめ&体感学習
 ビジネスゲームを使い、上記①〜③を体感学習により総まとめ

▶︎(株)M-Cassがもつ最大最強の技術
 私どものビジネスゲーム「M-Cass」はボードゲームというシンプルな構造で、
ルール自体もスゴロク形式と非常に簡単にしています。

 しかし、企業会計や経営分析、財務戦略などのレベルの高い知識を学べる内容と
なっています。

つまり、企業会計などのビジネスに必須の知識の本質をとらえ、それをモデル化し
、ゲームに落とし込んだものがこの「M-Cass」なのです。
ぜひ、この機会に受講してみてください!!
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

福岡市内

価格(税込)

¥1,000

受けたい
7人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

ビジネスに必須な数字に強くなる方法をお伝えします!

(株)MIXという会社で取締役を務めております。

会社経営を通し、会計や内部環境分析・外部環境分析などの重要さを痛感している時に「MCass」というボードゲームに出会いました。

それまでは、会計の知識が0だった僕でさえ簡単に会計を学べ、それと同時に会社の内部環境分析・外部環境分析が勝手に身につくようなものだったので、これは世に広めなければいけない。と感じ、講師をやらせていただいております。

遊び、楽しみながら、数字に強くなれる方法をお伝え致します!

毎回アットホームな雰囲気でお菓子を食べながらやってるので、気軽に参加してください!

先日中学校の授業で実施させていただきました!
関係者の皆様、このような機会を与えていただき、ありがとうございました!

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【決算書と経営分析に関する解説】
     ①経営分析について学ぶ(20分)
     ②決算書の読み方を学ぶ(20分)
     ③決算書の作り方について学ぶ(20分)
     ④ビジネスゲームにより実戦演習(30分)

    ▼ゲームの業績による優勝者の決定&表彰!!
  • こんな方を対象としています

    ■数字に強くなりたい!決算書を読めるようになりたい!という方
    ■ビジネスについて興味のある方
    ■個人事業主や起業をお考えの方
    ■就職に有利なスキルを身につけたいとお考えの方
    ■金融機関や証券会社等にお勤めの方など

    ★初心者の方でも安心してご参加いただけます!★
    「M-Cassミニバージョン」では、誰でも簡単に
    会計処理を行い、決算書を作れるように設計されています!
    このゲームは、小学生でもできますので、決算書に関する
    知識がまったくない方でも安心してゲームに参加できます。

    ※入門編:単式簿記により貸借対照表を作っていただきます。
  • 受講料の説明

    受講料にはテキスト代も含まれております。

    追加で発生する料金は一切ございません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    セミナーでは、ワークをやったり、ビジネスゲームを
    やったりしますので、以下のものをご持参ください。

    ①筆記用具
    ②電卓
    ③甘いおやつ(結構、頭をつかいますので)
more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています