電動工具に頼らずに熟練職人の技術を再現する(本格木工教室)

『超画期的木工テクニック集』著者による本格的木工教室 ※2回目以降参加の方限定

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
電動工具を使わない包み継ぎの箱づくりを学びます。

<こんな風に学習します>
3名までの少人数制で学びます。
主にノコギリを使い、材をジグという専用道具に固定してカットします。
目指しているのは本格木工です。「簡単だけど雑な木工」ではなく、釘を使わない木組みの木工です。
ノコギリ、ノミ、自作道具、西洋カンナなどを使います。
木工を趣味として続けようと考えている方向きです。
木工の本『超画期的木工テクニック集』を教本として使います。事前にご一読の上、当日お持ちください。 

2回目以降教室として定期開催します。
自前の道具が必要となります。
次回は西洋カンナの刃研ぎを行います(教本184頁)。
教室参加ご希望の方は別途お問い合わせください。

詳しくは以下のページをご覧ください。
http://www.craft-studios.com/wp-content/uploads/2015/02/Handsaw-Woodworking.pdf
http://www.craft-studios.com/
http://www.mirai-tokyo.co.jp

<持ち物>
書籍『超画期的木工テクニック集』
接着剤を使うため、汚れてもいいようエプロンやティッシュペーパーなどがあると安心です。
持ち帰り用の袋等
※料金着払いで発送することもできます(ヤマト運輸)。

<定員>
基本 3名
77人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:浅草・上野

    受講料:¥ 4,000

過去に開催した日程一覧

浅草橋工房 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

杉田 豊久

電動工具を殆ど使わない、マンションでできる本格木工

杉田豊久(すぎた とよひさ)
木工研究家/DIYアドバイザー
28才の時8.5mクルージングヨットの自作を開始。33才で完成・進水。この事が木工研究の出発点。木工用品開発・製造・販売/木工DVD制作・販売/Lie-Nielsen西洋カンナ代理店/書籍に「決定版!ルーター&トリマーで本格木工」、「週末木工を楽しむ本」(学研パブリッシング)、「超画期的木工テクニック集」(スタジオタッククリエイティブ)などがあります。
目指しているのは本格木工です。「簡単だけど雑な木工」ではなく、釘を使わない木組みの木工です。ノコギリ、ノミ、自作道具、西洋カンナなどを使います。木工を趣味として続けようと考えている方向きです。木工の本「超画期的木工テクニック集」を事前にぜひご一読ください。
http://www.mirai-tokyo.co.jp

Thumb f6cc5a3e 684d 484c abc4 49cc9c7a6885

この講座の主催団体

浅草橋工房

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分程度
  • こんな方を対象としています

    本格的な木工を初めて見たい方
    趣味として木工を続けたい方
    木工のスキルアップを図りたい方

    趣味として木工を続けたい方に向いています。
    初めての方は、
    「電動工具に頼らずに熟練職人の技術を再現する(体験編) 」
    https://www.street-academy.com/myclass/3539
    にご参加ください。
  • 受講料の説明

    参加費に含まれるもの:
     体験料、工具使用料、工房使用料、傷害保険
    参加費に含まれないもの:
     材料費(1,500円。当日現金にてお支払いください)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    汚れても構わない服装でお越しください。
    店内には大けがにつながる工具・機械等が多数設置されています。無断で工具・機械類にお手を触れないようにお願いいたします。

    店内での食事(アメ・ガムを含む)はご遠慮ください。一部スペースでは飲み物もお断りいただいております。
    店内および周辺の道路は禁煙です。
    写真撮影は可能ですが、他の参加者、講師等が写らないようにご配慮ください。
    動画の撮影・録音はお断りいたします。
    貴重品はご自身で管理してください。

    その他、店内スタッフの指示に従っていただきますようにお願いいたします。

review

レビュー

  • 女性

    この講座は「未熟な私の技術をカバーしてくれるもの」でした

    『かんなの刃研ぎ』と聞くとちょっと引いてしまい嫌厭しがちですが、道具が最良の状態でなければ良い作品はできません。難しい技術を必要としないこちらの講座に大事なのは、いつでも道具が最良の状態であることだと感じました。実際にやってみると、ガイドを利用して研ぐのでそれほど難しいという事はありませんでした。するすると薄く板が削れるととても気持ちのいいものです。

  • 男性 30代

    この講座は「西洋の木工道具のパワフルさを実感」でした

    もっと学んでみたくなりました!

  • 女性

    この講座は「自信がつきました。」でした

    オリジナル小道具を使って、だれでもきれいに木材が裁断できることに、感激でした。たいへん勉強になりました