【アカウンティング1】財務諸表の見方と企業価値評価~ゼロから一気に

実在企業の財務諸表を使った演習で、簿記知識ゼロから財務諸表の読み方から企業価値評価まで一気に理解できます(不満足の場合の返保証付き)

learn

こんなことを学びます

(2018年12月05日講座名を改定しました)
これまで2時間×3回で学んでいた内容を、一気に2.5時間で学べるように再設計しました!
これに伴い財務分析の基礎が学べる「アカウンティング1」、評価とライティング技能が学べる「アカウンティング2」、そして経営戦略やマーケティング、ファイナンスの概要とそのつながりを学べる「ファイナンス1」という3コースになりました。

(こんなことができるようになります)
 アカウンティング1では、簿記知識がなくても二時間で財務3表が読めるようになるだけでなく、一歩進んでROEやROE,キャッシュフロー、財務レバレッジなどの指標を使った財務分析ができるようになります。さらには財務分析の結果を使って、現在の株価が割高かどうか評価できるようにもなります。
・財務3表が読めるようになる
・ROEなどの指標で財務分析ができるようになる
・株価が評価できるようになる
たった2.5時間で一気にここまでできるようになる講座は、ほかに見たことがありません。
自信をもってお勧めできる内容です。

(こんな風に進めます)
 ワークとディスカッションを通じて学びます。
 簿記の知識がない方にも必ず理解できるように配慮しています。
 講師からの一方的な説明はありません。受講者同士が対話しながら、講師は受講者の皆さんの自らの学びと気づきをサポートします。
 実在する企業をケースに用いていますので、初心者はもちろん一度財務諸表分析を学んだことがある方にも気づきが多く、楽しんで頂ける内容です。
 あっという間に過ぎる充実した時間をぜひ体験してみて下さい。

(ほかの講座との違い)
 MBAを取得後に10年間経営者として勤務した経験を持つ講師が、実際の財務諸表を使いながら実践的に学べることが特徴です。
 財務諸表を見る際、面積図のようなものを作成してみる方法を習得します。
 また分析についてはキャッシュフロー計算書(CF)を重視することも特徴の一つです。同様の講座ではBSとPLのみを対象とする講座が多いのですが、この講座では経営者としての経験から、BS,PLやROEは当然のこととして、他ではあまり学ぶことができないキャッシュフロー計算書を使った経営分析もしっかり学べます。

(なぜ簿記知識がなくても理解できるのか?)
 なぜ簿記知識がなくても理解できるかというと、読み解くことに集中するからです。簿記は財務諸表を作るための技能であり、財務諸表分析は財務諸表を読み解く技能ですから、似て非なる技能が必要です。本講座では「読み解く」ことに集中することで、簿記知識がなくても読み解けるようになるノウハウを確立しました。
 内容は私が10年ほどかけて体験的に理解したステップを90分に圧縮して追体験していただきますので、苦手意識をお持ちの方にも難なく理解していただける内容です。

(なぜ財務諸表分析の講座なのか?)
 私は財務諸表分析を教えるのではなく、財務諸表分析はビジネスに興味をもったり自信をつけたりする道具だと思って講座を設計しています。
 財務諸表をきちんと読みこなせることは、管理職を目指す方にとっては不可欠なスキルとなりました。一方そうしたスキルを短期間で確実に身につけられる書籍やセミナーなどの学習機会はまだまだ不十分な状態にあると感じています。 そこで本プログラムは、簿記の知識がない方も必ず理解できるようになることを意識して設計しています。

(講師から一言)
 私は現在はこうしてアカウンティングやファイナンスに関するスキルを教える立場で仕事をしていますが、実は就職してすぐのころは財務や会計といった数字を扱うことに強い苦手意識を持っていました。
 必要に駆られて、苦労していろいろと身に着けてきたことは、一見難解に思えるROEやNPVといった財務指標も、自分の経験や実例に照らし合わせて一つ一つ本質を考えていけば、案外すんなりと理解できるということに気づきました。

 ぜひこの機会に苦手意識を打ちこわし、ビジネスマンとしての自信を手に入れてださい。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12/15 (土)

1:00PM - 3:30PM

大阪 / 梅田・北新地

予約の締切り日

12/14(金) 1:00PM まで

参加人数

3/8人

開催場所

JR,阪急、阪神、地下鉄 大阪/梅田駅 徒歩10分
紅雲の間 大阪府大阪市北区豊崎3-9-1 ホテルサンルート梅田

価格(税込)

¥9,800

受付中 早割20%OFF

12/18 (火)

6:30PM - 9:00PM

東京 / 渋谷・恵比寿

予約の締切り日

12/15(土) 6:30PM まで

参加人数

0/6人

開催場所

JR線 銀座線 井の頭線 東横線 田園都市線 半蔵門線 副都心線 渋谷駅 徒歩5分
クリエイティブラウンジMOV.ミーティングルーム 東京都新宿区市谷八幡町8番地 渋谷ヒカリエ8階 8 ⁄(ハチ)

価格(税込)

¥9,800

¥7,840

早割20%OFF

(早割残り2席)

受付中 早割10%OFF

1/26 (土)

1:00PM - 3:30PM

東京 / 渋谷・恵比寿

予約の締切り日

1/25(金) 1:00PM まで

参加人数

1/6人

開催場所

JR線 銀座線 井の頭線 東横線 田園都市線 半蔵門線 副都心線 渋谷駅 徒歩5分
クリエイティブラウンジMOV.ミーティングルーム 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 8 ⁄(ハチ)

価格(税込)

¥9,800

¥8,820

早割10%OFF

(早割残り1席)

  • 受付中

    12/15 (土)

    1:00PM - 3:30PM

    大阪 /梅田・北新地

    選択中 選択
  • 受付中 早割20%OFF

    12/18 (火)

    6:30PM - 9:00PM

    東京 /渋谷・恵比寿

    選択中 選択
  • 受付中 早割10%OFF

    1/26 (土)

    1:00PM - 3:30PM

    東京 /渋谷・恵比寿

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
65人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

実務で使える財務分析センスを短時間で身につけます!

はじめまして。松田太一と申します。
 関西学院大学東京キャンパス「丸の内講座」講師15年目の節目にあたり、「経営センスを短時間でべる場」をコンセプトに開設しました。

 MBAで学んだ内容と経営者の経験とを組み合わせ、短時間で確実に上達させる教育手法が私の強みです。
 楽しみながら、ともに成長してまいりましょう。

【学歴】
東京大学大学院修了(工学修士)
関西学院大学大学院修了(経営学修士)
大阪外国語大学卒業(現大阪大学外国語学部)

【主な職歴】
2017年~経営コンサルタント、ビジネスコーチ
2011年~国際航業(株)取締役
2008年~国際ランド&ディベロップメント(株)代表取締役社長
2006年~(株)KHC代表取締役社長
2004年~関西学院大学丸の内講座講師就任
1993年~大成建設株式会社入社、国際事業本部配属

【支援】
私たちは、子どもの貧困・教育格差の解決を支援する公益社団法人「チャンスフォーチルドレン(CFC)」を応援しています。https://cfc.or.jp/ + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.ワーク 財務諸表の図化(60分)
    早速実物をみてみましょう!
    損益計算書(PL)は何となく感覚でわかる方が多いのですが、問題は貸借対照表(BS)とキャッシフロー計算書(CF)です。財務諸表分析に対する苦手意識の正体は、この二つが読めないことです。
    そこで本講座では図化して理解する方法を活用します。

    2.経営分析の基本(ROE&ROA,キャッシュフローとレバレッジ)(30分)
    財務諸表を理解できるようになったら、今度は分析・評価する方法を身につけましょう。
    まずROEを自分で計算してみましょう。意外に簡単?!
    次にキャッシュフローやレバレッジといった項目を見ながら、ディスカッションを通じて経営の全体像を把握していきます。

    難解に感じていた財務分析も、どのような視点から理解するのかをきちんと押さえれば、必ず腑に落ちます。

    3.財務諸表分析と株価評価
     ROE&ROA,キャッシュフローやレバレッジといった視点で分析できるようになりましたね。
     財務諸表分析ができるようになると、「日々動く上場会社の株価とはいったいどのような関係があるのだろう」と不思議に思うことがあるのではないでしょうか?本講座ではそうした疑問をすっきりと解消することができます。
     PERとPBRという代表的な指標に加えて、キャッシュフローも視野に入れて比較するためにPCFRという指標を用いて理解を深め、さらに踏み込んだ分析力が身に付きます。

    Keywords:PBR,PER,PCFR

    (講師から一言)
    PBRやPERだけでは非常に重要なことを見落とす可能性があります。例えばいわゆる「黒字倒産」のリスクがそうです。損益計算書上でいくら大きな利益を計上していても、資金が足らなければ立ちいかなくなります。当たり前のように思えますが、例えば事業拡大に伴う先行投資などで資金が不足するようなパターンは後を絶ちません。
    そうしたリスクをきちんと理解できるよう、代表的な指標であるPER,PBRだけではなく、PCFRという指標を用いてキャッシュフローとも比較するという視点を身に着けます。


  • こんな方を対象としています

    ビジネスマンに必要な基礎知識を身に着けたいと考えている方
    MBAで学ぶ内容の要点をざっくりと知りたい方
    株式投資にも興味がある方 など
  • 受講料の説明

    受講料にはレッスン代、教室代、教材代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講師や受講生とディスカッションを行います。
    ぜひ積極的にご参加・ご発言下さい!

review

レビュー

  • 6

  • 楽しかった!( 5 )

  • 勉強になった!( 5 )

  • 行く価値あり!( 5 )

  • その他 40代

    この講座は「2時間で学ぶ!財務3表の読み方と経営分析の基本」でした

    少人数で、松田先生の伝え方が上手いため、理解しやすい内容でした。当日分かった気になってしまったのですが、後日理解を確認する際にいただいた資料を元に復習いたします。

  • 男性

    この講座は「非常に実践的な講座」でした

    これから会計の勉強を考えている方や、学び始めたばかりの方にオススメです!
    内容はまだ会計を学んだことがない方を前提に組まれているので、講師の方の熱心で分かりやすい解説と相まってとても分かりやすいです。
    また、授業中のアウトプットをとても重視されているので、ほかの参加者と自分の考えをシェアをする機会を多く設けて下さっており、参加型の構成になっているのもとても良かったと思います。
    実際の財務諸表を元に分析を生徒達が行いますが、不思議と講師のリードの元、出来てしまいます!
    最終的にどのような事が出来るのか、そのイメージを具体的に掴むことが出来る点、初学者にとっては目標が明確になり良いかと思います。
    私の様に会計に触れる事がない方で、今後業務で必要になる方へおススメです。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「分かりやすく、かつ、超実践的」でした

    もちろん財務諸表の見方を教えて頂くことが一番の目的の講座です。
    ・・・ですが!
    自分の仕事に照らし合わせてみたらどうなんだろうか?と、
    恐る恐る個人的に質問したところ・・・

    「もちろん、なんでも聞いてください!」

    とのこと!
    具体的な自分の仕事内容に即した、まさしく実例に沿っ
    た説明&ディスカッションをして頂きました。
    (そういう講義作ってもいいのでは??と思うくらいの内容。
    もはや、ちょっとしたコンサルのレベルなのでは??と個人的には感じました。また、その際に一緒に講義を受けて頂いた受講生の方にも感謝申し上げます。個人的な仕事の話に付き合わせてしまい、嫌な顔一つ見せない紳士たち!)
    長くなってしまいましたが、要は財務諸表のことだけではなく、実践的なことも教えて頂ける(ハズ!?)なので、何か一つくらいは聞きたいことを持っていくといいかもしれませんよ。
    ホントにオススメです!

  • 男性 50代

    この講座は「貸借対照表を、右脳で理解させてくれました!」でした

    「財務諸表といえば、専門家のためのもの」という意識がありました。
    ただ、仕事上、そう言って避けていられる状況でもなくなり、何とか理解する手がかりをないものかと探していて、この講座を発見。いざ受けてみると、財務諸表を作る人と、分析する人は違う。作る人は会計士などの専門家であるかもしれないけれど、会計士が読めるか(分析できるか)というと、実は100%そうではない。この講座では、分析するという視点から学んでください、とのことでした。
    有価証券報告書にある数字まみれの表でしたが、図化するという最大のヒントを得て、右脳で見ることができたことに感激。そして前期と比べることで、何変わったかまで、わずか2時間で体感させていただきました。
    講座のスタイルも、一方的な受講ではなく、常に周りと話し合い、わいわいした雰囲気でとても楽しく、あっという間でした。
    財務諸表を見なきゃいけないけど痙攣しそうな方、ぜひお薦めします。

  • 男性 50代

    この講座は「【基礎1】財務分析の基本・財務諸表の見方とROE(特典エクセル付)  松田 太一」でした

    学生時代に会計ゼミを受講していたにも関わらず、そもそもの概念の違いや、実践的な部分が初めて理解できました。

    「教えてもらう」というより、「考える機会をもらう」という感じです。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています