『ドリルで学ぶ!人を動かす資料のつくりかた』出版記念特別講座

講座参加者全員に新刊書籍プレゼントします!

learn

こんなことを学びます

☆ご参加いただいた方には日本経済新聞社から発売された新刊『ドリルで学ぶ!人を動かす資料のつくりかた』(2018年6月20日発売)を漏れなく進呈いたします。

書籍の販売ページはこちら
http://amzn.asia/6owMVJz

書籍を購入しても、忙しくてなかなか読書が進まない方は多いと思います。そんな方にはうってつけの講座です。出版を記念して講座を開催することにいたしました。

◇ドリル形式の内容ですので、実際に書籍の問題を使いながら講義を進めていきます。問題を解説しながら、書籍では書ききれなかった問題の意図や資料作りのコツをたっぷりと解説いたします

◇この講座でドリルで慣れることで、一冊をやりきるスタートダッシュを切ることが出来ます

◇テンプレートファイルを贈呈しますので、講座が終わった後も図解やグラフのテンプレートを使って資料作りに役立てることが可能です

◇ご好評いただいている2日間講座の内容と一部重複する部分がありますので、2日間講座の内容を知りたい方や、時間がなくて2日間講座を受けられない方にもおすすめの講座です

◇2日間講座を受講した方で図解やグラフの振り返りをしたい方にもおすすめです

◇今回は特別に懇親会を開催しますので、講師に直接質問することが可能です。(別途参加費1,500円をいただきます)

「戦略的プレゼン資料作成講座」2日間集中講義についてはこちら
https://www.street-academy.com/myclass/2238


【人を動かす資料のつくりかた講義内容】

<講義パート>
・「一人歩きする資料」のつくりかた
・海外とのやりとりには英語ではなく図解が重要
・文字だけの資料は読まれない、ビジュアルばかりの資料もわからない
・ビジネスパーソンが図解を使えない3つの理由
・押さえておきたい基本6図解(列挙型、背景型、合流型 etc.)
・図解強調の3つのポイント
・メッセージを出しやすい応用6図解(マトリックス型、表型、対比型 etc.)
・覚えておきたい5つのグラフ
・グラフの強調方法のガイドライン etc.

<問題演習>
著書に掲載された練習問題にその場で皆さんに取り組んでいただき、講師が解説いたします。

1.図解演習
・リーマンショックの影響
・プロダクトライフサイクル
・ソフトバンクの発展 etc.

2.グラフ演習
・TOEICスコア分布
・国別訪日外国人推移
・自動車メーカー売上高 etc.

<Q&A>
最後に皆さんからの質問に講師がお答えします。

※講座終了後17:00~18:30に懇親会を開催いたします。
別途1500円をいただきますが、講師や他の参加者との交流できる貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。(出欠の確認はお申込みいただいた後に別途行います)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

目黒・五反田

価格(税込)

¥6,000

受けたい
59人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

努力系 元外資戦略コンサル 資料作成のプロ

松上 純一郎

同志社大学文学部、神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程を修了。

米国戦略コンサルティングファームMonitor Groupに入社し、外資系製薬企業のマーケティング戦略や営業戦略、途上国政府の依頼によるツアリズムのマーケティング戦略、国内企業の海外市場進出戦略やパートナーシップ戦略策定にも参画。
その後、シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト原丈人率いるアライアンス・フォーラム財団に参画。発展途上国プロジェクトの企画立案・実行に従事。ザンビアでの栄養不良改善プロジェクトのプロジェクトマネージャを務める。日本企業向けサービスにおいては、バングラデシュでの太陽光エネルギーの新商品開発プロジェクトに携わる。

現在は株式会社ルバート代表取締役を務め、コンサルティング事業、研修事業に従事。「津田塾大学学外学修センター特別講義「はじめてのプレゼン資料作成講座」担当講師。

著作に『ドリルで学ぶ!人を動かす資料の作り方』(日本経済新聞出版社)

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【人を動かす資料のつくりかた講義内容】

    <講義パート>
    ・海外とのやりとりには英語ではなく図解が重要
    ・「一人歩きする資料」のつくりかた
    ・ビジネスパーソンが図解を使えない3つの理由
    ・押さえておきたい基本6図解
    ・図解強調の3つのポイント
    ・メッセージを出しやすい応用6図解
    ・覚えておきたい5つのグラフ
    ・グラフの強調方法のガイドライン etc.

    <問題演習>
    著書に掲載された練習問題にその場で皆さんに取り組んでいただき、講師が解説いたします。

    1.図解演習
    ・リーマンショックの影響
    ・プロダクトライフサイクル
    ・ソフトバンクの発展 etc.

    2.グラフ演習
    ・TOEICスコア分布
    ・携帯キャリア3社売上高
    ・自動車メーカー売上高 etc.

    <Q&A>
    最後に皆さんからの質問に講師がお答えします。

    ※講座終了後17:00~18:30に懇親会を開催いたします。
    別途1500円をいただきますが、講師や他の参加者との交流できる貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。(出欠の確認はお申込みいただいた後に別途行います)
  • こんな方を対象としています

    ・企画営業、マーケティング、経営企画など企画や情報をまとめて人に伝える仕事に従事されている方、あるいは目指している方
    ・2日間講座の内容を知りたい方
    ・書籍を買っても忙しくて読み切る時間がない方
  • 受講料の説明

    書籍代、会場費が含まれます
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講座終了後17:00~18:30に懇親会の開催を予定しております。
    別途1500円をいただきますが、講師や他の参加者との交流できる貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。
    (出欠の確認はお申込みいただいた後に別途行います)

review

レビュー

  • 10

  • 楽しかった!( 3 )

  • 勉強になった!( 7 )

  • 行く価値あり!( 4 )

  • 男性 50代

    この講座は「意外な展開」でした

    まさか円グラフがNGとは!

  • 男性 50代

    この講座は「実践的な講座」でした

    ありがとうございます

  • 女性 50代

    この講座は「資料の基本を押さえる講座」でした

    座学だけでなく作業時間があります。本を買ったものの独りではなかなか出来ない人にはぴったりの講座です。

  • 男性 30代

    この講座は「アウトプット訓練型」でした

    図表、グラフ作成の手順とフローが学べ、演習形式で感覚もつかめました。とても良い講座です。

  • 男性 40代

    この講座は「ソッコーで本を有効活用もの」でした

    前回受けた講座の復習には最適でした。
    また本単体もドリルとして最適です。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています