●コミュニティ研究会●~ひとを巻き込むビジョンをつくる~

ひとを頼る、ひとを巻き込むことが苦手なひとが、ビジョンをキーにして人と繋がることが出来るようになります

こんなことを学びます

 巷で噂になっている”コミュニティ”

最近とっても注目を浴びているキーワードです。



でも、そんなキーワードで語っている人達はカリスマばかり。

もしもあなたが

「自分にはむり」

「まだ私には早い」



そう思っていらっしゃるなら

私は声を大にして



無名だからこそ

なにも無いからこそ

本当の仲間が見つかりますよ!

とお伝えしたいのです。



ここは非カリスマのあなた、

普通のあなただからこそできる

幸せなコミュニティづくりを研究する

コミュニティ実践会です。



わたし自身が

コミュニティをスタートした2013年

何のスキルも影響力もないネイリスト時代に

「読書会」の企画からスタートしました。



その時に

一番最初につくったのが「コンセプト」。

5月24日にお話をしました^^





でも、次のかべがあります。

「これをやります!」といったあとに聞き手がおもうこと



「で、あんた誰??」



ですよ。



いきなり会ったばかりの人の

未来の妄想を聞いても誰も信じてくれません。



信じてもらうためにどうするか?

そのためのビジョン語りのフレームをご紹介します。


2016年から、600名の方にお伝えして、
その後を見ていて確実に言えることが
コンセプトがコケたら皆コケるということです。
(このお話は、5月24日に行いました。)


そして、つくったコンセプトを軸に

賛同してくれる1人目を見つける方法がビジョンが語りです。




【今回の講座で参加して学べること】

・ひとを巻き込めるビジョンの語り方

・「この人を信じてもいいのかどうか」を見極める視点

・ビジョンのつくりかた



【こんな人に】

・「お願い」したら申し訳ないと思っているひと

・ひとに頼むのが苦手なひと

・コンセプトややりたい事を話しても「フーン」で終わってしまうひと(悲)







最後に

本当に本当に、

何かがスゴくなってから集まってもらうより

ちょっとしたバイト代が払えるようになって

アルバイトを雇えるようになるよりも



いまの自分で

裸足の状態で仲間を集めて

仲間の協力を得られる自分になることが



どれだけあなたの人生に

勇気と希望と失敗する勇気を与えるのかを

お伝えしたいと思います。



まったく無名の状態からスタートした読書会が
1年後には毎月100名ものメンバーが集まるようになりました。

起業後、これまで立ち上げ&お手伝いしたコミュニティは20を超えますし
多くの講座に登壇して600名の方にお伝えしてきましたので
再現性と精度はかなり高いと思います。

東京や、福岡県でもレクチャーしました^^


ご来場をお待ちしております。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥6,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

オンラインサロン・コミュニティ構築と運営の専門家

東京都在住・佐賀県唐津市出身。

同志社大学を卒業後、広告会社の営業職として上京。数社にわたり新規事業の立ち上げを行い2016年に会社設立。

新卒時より起業を目指していくつもの複業にトライする。
2011年より複業としてマッサージサロンの立ち上げ、100名規模の読書会の主催、2014年より貸し会議室を経営。
会議室経営の中でイベント開催に関わった数は約500件、延べ3000人の集客と運営を支援した。

1人社長や事業主が得意なことに集中できる環境を整える会社として2016年12月に株式会社女子マネを設立。
創業から3か月で7社の法人契約を獲得し、現在は10社、新規受付はストップ中。

素晴らしいコンテンツを持つ著者やコンサルタントが、労働集約型で働いている状況を改善したいと思い、オンラインサロンの立上げとコミュニティ運営を支援している。

経営者からは「構想を話すだけで形になる」とご評価いただいている。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    19:00 受付開始
    19:30 講座開始
    21:15 講座終了・その場で交流
    22:00 解散
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?