一流の営業マンになるための財務会計の知識を学ぼう

営業に必要な財務知識の習得と財務分析ができるようになり他の営業マンと差別化できます!

こんなことを学びます

ソリューション営業にとって欠かせないのが仮説を構築する能力です。
顧客の財務状況を把握できれば顧客の経営課題をつかむことができ、より根拠のある仮説を立てることができるようになります。
また法人営業でキーマンとなる社長や経営層、上位管理職と経営的な話もできるようになるため格段に受注率が上がります。

財務諸表は企業の顔です。「最近業績が良い会社だな」「営業戦略をここ数年で変えたのかな」など財務諸表の情報から仮説を立てて面談にのぞむことで、面談で獲得できるものが増えていきます。

トップ営業マンは、みんな財務の知識を持っています。本講座では短時間で営業マンが知っておくべき財務諸表の知識と財務分析の考え方について学ぶことができます。この講座で他の営業マンと差別化を図ろう!

<こんな風に教えます>
講義とワークを行います。まずは講義を行い知識をインプットします。
講義の合間に適宜ワークを行いますのでインプットしたことを使って考えて頂くことで理解の促進を図ります。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<カリキュラム>※内容改訂!
-財務分析の基本的な考え方
-企業の財務諸表はどこから入手する?
-財務諸表とは
-損益計算書とは
-収益性の指標
-貸借対照表とは
-安全性の指標
-貸借対照表と損益計算書の連動
-【ワーク】財務諸表の読解①
-【ワーク】財務諸表の読解②
-キャッシュフロー計算書
-キャッシュフロー計算書の分析

<持ち物>
筆記用具
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

吉祥寺・三鷹

価格(税込)

¥5,000

受けたい
90人が受けたい登録しています

この講座の先生

楽しさ、わかりやすさを重視します。

大手システムインテグレーターにて約8年間勤務し、一貫して法人営業職に従事しました。その後、コンサルティングファームで、営業力強化や資金調達支援、人材活用支援など「ヒト・モノ・カネ」に資する幅広いコンサルティング業務や企業研修講師を多数経験しました。

私はアカデミックな難しい話をするのではなく、できるだけケースや実際の企業の事例などを交えて、初めて話を聞く方にも理解し、興味をもっていただけるようなものを目指しています。

皆様に少しでも多くの気付きを得て頂きたと思います。
多くの受講生の方々とお会いできるのを楽しみにしています。

【資格】
中小企業診断士
経営学修士(MBA)

  • こんな方を対象としています

    ・他の営業と差をつけたい営業マン
    ・財務会計の知識を身に付けたい・深めたい営業マン
    ・財務会計の知識を身に付けたい・深めたいビジネスパーソン
     ※営業の方はもちろん、営業職以外の方でも有益な内容です
  • 受講料の説明

    受講料にはテキスト代を含んでいます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    リラックスできる格好でご参加ください

レビュー

  • 13
  • 楽しかった!( 3 )
  • 勉強になった!( 9 )
  • 行く価値あり!( 4 )
  • M2

    男性 30代

    この講座は「財務会計の知識」でした

    初心者ならこの話を聞いたらざっくり分かると思います。話しをいざ聞いてから勉強するほうがはやいと感じたました。

  • M2

    男性 40代

    この講座は「財務外見の基礎が理解出来る講座」でした

    基礎講座だったので、次は関連講座を受講してみたいです。

  • W2

    女性

    この講座は「分かりやすく学べる」でした

    本来難しい内容を分かりやすく説明して頂き理解し易かったです。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「財務会計を学べる講座」でした

    先週受講し今回同一講座2回目の受講でした。
    1回目はなかなか理解出来ませんでしたが、今回2回目は内容が入って来ました。
    講座受講前に自分で予習出来る部分は予習した方が、学習効率が上がるということを認識できました。
    マンツーマンでないのであれば、受講ターゲット層を明確にして頂きたいと思います。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「親身に丁寧で分かりやすかった」でした

    様々な視点からお話下さり、言葉の説明も噛み砕いて教えて頂きました。次回、機会があればゲームなどで学びを体験してみたいと思いました。
    財務会計の知識がなかったのですが損益計算書は確定申告のようなもので、貸借対照表は預貯金(通帳や家計簿)、キャッシュフローは年表や棒グラフに折れ線の付いた複合グラフで比較しているイメージだと個人的に思いました。これを機に、財務状態に興味を持ちたいです。 用語がまだピンと来ないので、分かれば面白いと思います。ワークが2題あったおかげで、安全性の指標と総合力を評価する指標を確認出来ました。また参加出来る講座がありましたら、宜しくお願いします。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?