水と緑の宝物・なごみフォトハイク《平成の名水&静けさの竹林》秋編

東京で唯一の《平成の名水》と、新東京百景の竹林を撮り歩きます。さらさらと竹林を渡る風が心地よく、清流に沿って、初秋の花や実が癒してくれます♪

こんなことを学びます

環境省が、平成20年に選出した「平成の名水(100選)」は、地域の生活に溶け込んでいる清澄な水や水環境のなかで、特に、地域住民等による水環境の保全活動が行われているものです。
東京都では1箇所、「東久留米市 落合川と南沢湧水群」が選出されました。池袋から電車で20分程度の近場に、地域住民に愛され保存されている清流があることに驚きます。
また、東京都が「新東京百景」に選んだ「竹林公園」は、武蔵野の面影を残す竹林を公園として保存しています。
この講座では、保存されている竹林と名水の落合川を、その魅力を味わいつつ、写真での表現にもこだわりながら撮り歩きます。<全歩程=約3.5km>

<撮影地>
●東久留米市内「竹林公園」、「落合川(散策コース)」 

<撮影内容>
●「竹林公園」で、竹林の広がりや奥行を生かした風景撮影
●「落合川」の水流や水草の流れをメインとした風景撮影
●「落合川」散策コースで、ピラカンサの実などのアップ撮影

<参考>
★東久留米市・湧水散策ガイドマップ
 ⇒ http://www.city.higashikurume.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/080/2017.10_guidemap.pdf

<教える内容>
●その日の撮影に適したカメラの基本設定を、参加の皆様にアドバイスします。
●竹林の奥行きや広がり、緑の美しさなどの撮り方を、各撮影ポイントでアドバイスします。
●清流のいろいろな表情(水草・透明な水・急流の白波など)を、各撮影ポイントでアドバイスし、撮影していただきます。
●落合川の散策路に植えられた季節の花や実(9-10月はヒガンバナ、コムラサキなど)を、キレイに撮れるよう、アドバイスします。

<使用カメラについて>
●レンズ交換式の一眼レフ・ミラーレスカメラで、標準ズームレンズ(高倍率ズーム可)付きでご参加ください。
●標準ズーム付きの方で、望遠ズームをお持ちの方は、可能なら望遠ズームもお持ちください。

<円偏光(CPL)フィルターの使用について>
水流撮影で、水面の反射を除くCPLフィルターを使うと、水中の水草が鮮明に撮れます。ご使用レンズのフィルター径に合うCPLフィルターをお持ちの方は、ご持参ください。

<三脚の不使用について>
竹林・落合川沿いの散策路とも、他の通行を妨げないように、三脚は使いません。手持ち撮影で撮ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所・時間の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、当講座のグループメッセージで詳しい集合場所をお知らせします。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。雨天や荒天が予想される場合には中止とし、前日23時までに当講座のグループメッセージでお知らせします。開催キャンセルと同時に、返金手続きが行なわれます。 
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥4,500

受けたい
44人が受けたい登録しています

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <午前中に開催> *日程により、10:00集合があります。
    9:30 最寄り駅(東久留米駅)改札口に集合
    9:30~10:00 撮影地まで移動、当日のカメラの基本設定の説明と確認をします。
    10:00~11:30 竹林公園⇒落合川と移動しながら、撮影ポイントごとにアドバイスしながら撮影していただきます。
    11:30 現地解散 

    <午後に開催> 
    14:00 最寄り駅(東久留米駅)改札口に集合
    14:00~14:30 撮影地まで移動、当日のカメラの基本設定の説明と確認をします。
    14:30~16:00 竹林公園⇒落合川と移動しながら、撮影ポイントごとにアドバイスしながら撮影していただきます。
    16:00 現地解散 
  • こんな方を対象としています

    ◇自然がお好きで、竹林や清流での撮影を体験してみたい方。
    ◇標準ズームレンズを活用して、風景を撮ってみたい方。
    ◇自然のパワーが溢れる竹林や清流を、ゆっくり散策してみたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●3~4kmを歩きますので、歩きやすい靴や身支度でご参加ください。
    ●当日の天気・気温に合わせた服装・身支度でおいでください。
    ●天気予報で小雨が予想される場合は、折りたたみ傘をご持参ください。

レビュー

  • 5
  • 楽しかった!( 2 )
  • 勉強になった!( 5 )
  • 行く価値あり!( 2 )
  • M3

    男性 60代

    この講座は「水と緑の宝物・なごみフォトハイク」でした

    東久留米にある竹林と界隈に流れる落合川を散策しながら竹林、水流、水草、花などの撮影技術を先生の作例を参考に詳細に指導して頂きました。今日は益々写真に見せられた講座だったと感謝しています。

  • W2

    女性 50代

    この講座は「写真撮影だけでなく、水辺の自然も満喫できる有意義な講座」でした

    東京郊外の住宅地に竹林や清流があるのには、ちょっとビックリしました。
    風景写真撮影のポイントを要所要所で教えていただき今後いかせそうです。
    ありがとうございました。

  • M1

    男性

    この講座は「写真の理解が深まる講座」でした

    竹林や清流をめぐりながら、先生おすすめのスポットで撮影しました。いろんなアングルで撮影しながら、理論を交えつつ写真の考え方や撮影のコツなどを教えていただきました。
    すごく勉強になりました。また参加したいと思います。ありがとうございました。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「水と緑の和みフォト平成の名水&竹林」でした

    iguti先生の講座これで4回目になります、
    初めにカメラの設定から講義して下さり
    その都度カメラ設定の変更とその理由と撮り方を教えて頂けて勉強になります、今日は竹林と川辺りの花や葉川の水流を撮りました
    大変勉強になりました。ありがとうございます。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「とても楽しく勉強になりました」でした

    とても丁寧に教えて頂き新しい発見の1日でした。
    竹林全体を撮ったり、竹の玉ボケ撮ったり
    清流でも三脚を使わずに川の流れを止める方法を教えて頂いたりと
    盛りだくさんの講義でした
    また先生の講義に参加させて頂きたいと思います。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?