東京の地形や江戸の暮らしを学べる まちあるき

「東京」のこと、どれくらい知っていますか? いつもとは違う観点で「東京」を再発見しましょう!

learn

こんなことを学びます

あなたは、東京のまちをどれほど知っていますか?私は10%も知りません。なぜなら、歩けば歩くほど、新しい発見があるから。あなたも一緒に新しい発見をしませんか!?

この講座では、東京のまちを散歩しながら地形について学びます。例えば、「駅がどのような地形のところにあるのか?」や、「その地形はどのようにしてできたのか?」など。実際に歩くことによって、いろいろな発見があります。昔川だったところに商店街が作られていたり、高台には江戸時代大きな屋敷があって、今は大学として利用されていたり。土地利用には地形的な理由が潜んでいるのです。
また、地形を知ることは災害に備えることにもつながります。江戸時代の大きな地震の際には、六義園まで津波が迫っていたそうです。意外かもしれませんが、地形を知れば納得できます。

江戸時代の地図も用意しているので、江戸時代にタイムトリップした感覚でまちあるきしましょう♪

東京の面白さ、そして地理学の面白さをお伝えさせてください。

予備知識は一切不要です。どうぞお気軽にご参加ください!

<定員>10名
参加者も少人数なので、気楽にお話しながら歩きます。
22人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:秋葉原・御茶ノ水

    受講料:¥ 1,000

teacher

この講座の先生

仲村 祐哉

地理好きな旅人

大学や大学院で地理を学び、その面白さや大切さをお伝えしたく、活動しております。

自転車で東京から鹿児島まで走った経験もあり、将来は世界1周もしたいです! もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    2時間程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10:00 集合、趣旨説明・自己紹介
    10:05 まちあるき

    ※終了後、希望者でお昼ごはんに行きます。
  • こんな方を対象としています

    好奇心旺盛な方
    地理を学びたい方
    東京近郊に住んでるけど、東京のことをよく知らないかもって方
    災害に備えたい方
  • 受講料の説明

    参加費には、資料代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    持ち物は特に必要ありませんが、カメラがあるといいかも。動きやすい服装でご参加ください。