お客様と一線を超える!自店を選び続けてくれる『お客様との関わり方』

自分のカフェを心から愛してくれるお客様に囲まれ続けて営業したくないですか?

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    9
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

 あなたのお店に来てほしいお客様はどんな方ですか?


  

この質問を聞いてどう思いましたか?

もしかしたら『どんな人に来てほしい』より
売上をあげるために『たくさんの人に来てほしい』

と思うかもしれません。


確かに『売上』をあげるために『たくさんの人に来てほしい』
というのは自然な考えです。


でも、『たくさん来てほしい』だけ考えていると、本当の意味で『売上』のためにはならない、むしろある段階で『売上』ではなく『利益』が限界にくるのです。

瀧澤の知っているお店でこんなお店がありました。

集客を新規の広告やクーポンチケットにお店を掲載することで行っていたA店。
新規の広告はお金がかかるし、クーポンで割引されるのはちょっと癪だけど
『一度来店して、食べてもらえれば絶対に常連さんになってくれるはず』
と考えていました。

広告とクーポンチケットの効果は抜群で、お店にたくさんのお客様がいらっしゃいました。

しかしそこから再来店してくれるお客様は極めて少なかったのです。

そこで再び新規の広告やクーポンチケットを行うとお客様はどっと詰めかけました。

お店としては前回少ないとはいえ、再来店してくれるお客様がいた。
ならば何回か新規のお客様を継続的に集めれば、常連さんが徐々に増えていくはずだ、と・


その目論見は見事に外れます。

広告の効果が切れた時、前回よりもお客様の数は減り、売り上げの下がり方は目も当てられないものでした。
しかも前回できた数少ない再来してくれたお客様でさえ来なくなったのです。


 そこからA店は、広告やクーポンをださないと売上が成り立たないお店になってしまったのです。
 



 なぜA店はこんなことになってしまったのでしょうか?
 なぜ『一度食べてもらっても再来店していただけなかった』のでしょうか?
 
料理が美味しくなかったから?
サービスに問題があったから?
それ以外でお店が気に入らなかったから?


そうではありません。



『あなたのお店に来てほしいお客様はどんな方ですか?』

この質問に『正確に答えられなかった』結果こうなってしまったのです。

この質問に答えられないお店の広告費は莫大ものになります。

この質問に答えられないお店は『再来店してくれるお客様が圧倒的に少ない』のです。

つまりいつも、知らない顔の人が来店するお店になってしまいます。


それってとても疲れませんか?


せっかく自分のお店をだしたなら

自店を本当に好きできてくれる、
お店に入った時、笑いながら挨拶してくれる
忙しい時、席を譲りあったり、カウンターに器をあげてくれたり
さりげない気遣いをしてくれる

そんなお客様が『繰り返し』来店することで『たくさんの人に来てほしい』と思いませんか?


自店を愛してくれるお客様に囲まれ続けるためにお店が
『最高に美味しいものを提供する』
『目の前のお客様に最高のサービス、ホスピタリティを』
に加えて実践しなくてはならない『お客様との関わり方』があるんです。


このセミナーがあなたのお店が
笑顔が絶えないお客様に囲まれ続けるお店となる
最初の一歩となることを心より願っています。

当日お会いできることを楽しみにしています。

この講座の先生

Takizawa Yousuke

お客様とスタッフに愛されるカフェ作りコンサルタント

瀧澤陽介
1979年生まれ 獨協大学経済学部卒
イタリアンレストランとラーメン店で働き料理人歴10年以上。
その中で『美味しくて行列しているラーメン店』と『美味しくて売れないラーメン店』の2店で働き

『美味しいのに売れないのはなんでだろう』<...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 4,000

この講座の関連ツイート

Takizawa Yousuke さんの他の講座

Page Top