読み手が「欲しい」と言える文章の書き方講座

読み手が「そのレポート欲しい」と言えるためには個別的であること。どんなタイトルでどんな内容が読みたいのかを聞く方法も一緒に教えます。

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    5
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

 読み手が「欲しい」と言える文章の書き方について教えます。
この書き方を学ぶことで、読み手が読みたかった文章を書けるようになります。
文章を書くには一定の語彙量、文章を書く目的、構成が作れれば良いです。

そのため、本を読むのが好き、ノートに文章を書いている、よい方法を模索している。
等が参加者として適当です。

さらに、ビジネス利用を目的としている参加者に絞ります。
それにより何のため、誰のために書くのかという曖昧な部分を考える時間を省けます。
文章を書くためには何よりも目的が大切です。

そして、誰の問題解決のために書くのかと言う方向性が大事です。
これらが定まらないと何のため、誰のために書かれているのかがわからなくなります。

読み手が「欲しい」と言うには聞く必要があります。
つまり「欲しいか」「欲しくないか」と質問をします。
「欲しい」と言った時だけ文章レポートを提供します。

この【教える内容】の部分で大まかな概要は説明しました。
当日は、各参加者の個別的な状態に合わせて教えていきたいと思っています。

この講座で教える内容は、現在のビジネスで活用している内容です。
そのため、ニーズのあるビジネスの文章を書ければ適用率は高いでしょう。
ちなみに、私達のジャンルは恋愛です。

この講座の先生

味村 彰久

もう事業のことで悩むのは辞めませんか?

職業 経営コンサルタント

味村彰久経営コンサルタント事務所 代表
創業 2010年 1月 30日

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

当日の流れとタイムスケジュール

集合 14:00

1 14:05 講師の自己紹介
2 14:10 参加者の自己紹介
3 14:50 講座 文章の書き方

解散 15:00

こんな方を対象としています

1 本を読むのが好き
2 文章を書くのが好き
3 考えるのが好き

そんな参加者に教えます。

顔の見えるやり取りをします。
そのため、参加者は事前に名前、顔写真、年齢がわかるプロフィールを作成すること。
プロフィールが充実していない場合は参加を受け入れることができません。

用途はビジネスであっても、文章の書き方を学ぶに値する私服・靴で良いです。
教える側も長袖の襟のある黒シャツで教えます。
持物はボールペン、新しいノート・持っている参加者は持ち運べるPC。

こんな参加者はNG
・ピアスをしている人
・金髪な人
・喫煙な人

受講料の説明

参加費は講座代です。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:多摩

    受講料:¥ 500

この講座の関連ツイート

味村 彰久 さんの他の講座

Page Top