賢くしっかり殖やしたい初心者向けマネー勉強会

結局、保険を売るためのライフプランニング・マネーセミナーにウンザリしている人に向けて、投資理論の基礎について優しく教えます

こんなことを学びます

『子育てはこんなにお金がかかります!』
『入院が長期になったらどうしますか?』
『ご家族にもしもの事があったら・・・』
といった脅し文句に煽られて、保険だけたっぷり契約しているご家庭が多く見られます。
果たして保険は殖やしてくれたり、守ってくれたりする万能な商品なのでしょうか?

まず、『殖やしてくれるのか?』についてですが、保険会社は預かった保険料の90%以上を『一般勘定』と呼ばれる部署で運用しています。 その運用の投資先の多くが国債です。 国債はご存知の通り長らくゼロ金利、もしくはマイナスで推移しています。 つまり、保険では国債以上には殖えないと考えてまず間違いありません。 しかも、そもそも保険ですから、預かった保険料の半分は保障に回るので、国債に投資されるのも預けた保険料の約半分。 これで殖えるのかどうかは、火を見るよりも明らかです。

次に『守ってくれるのか?』についてですが、そもそも保険は慶應義塾大学創設者 福沢諭吉が欧米留学の際、保険という仕組みがあることを知り、日本にその仕組みを持って来たことから始まります。 当時欧米では産業革命が進んでいて、核家族化が広がり、一家の大黒柱にもしもの事態が生じた場合、その家族が窮地に追い込まれるので、保険という仕組みが構築されていました。 日本もいずれそうなると思い、日本の保険の礎を彼は築きました。 
このように、『相互扶助』の考えのもと、不幸に見舞われた一部の家族を守るために、大勢からお金を集めて作られたのが保険なのです。 言い換えれば、加入者の多くは払った保険料の恩恵に預かれないように設計されているのが保険です。 
保険の闇は、売り手側も買い手側も見た事のない分厚い約款の中にあります。 1つ例を挙げると、『三大疾病特約』は三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)と診断されたら、その後保険料の支払いは免除されるというものがあります。 この契約をしている多くの人が、三大疾病のいずれかと診断さえされればその条件を満たすと思っています。 しかし、約款を見てみるとハードルが高く、亡くなる直前の状態でやっと条件を満たすように設定されています。 つまり、保険料を支払わなくて済むようになるのは、亡くなる直前ということです。
こうした闇をご契約されている保険一つずつ紐解いていくと、その多くが必要ないという結論に至ったのが、これまでお世話させて頂いた弊社のクライアントたちです。 

無駄な保険を削り、殖える商品に移すというのは弊社のオーソドックスなコンサルティングですが、各ご家庭によって抱えている問題も様々です。 ご家庭の資産で最も大きな割合を占める不動産(マイホーム)。 ここの問題が放置されていることも多々あります。 それより多いのが、ご家庭の毎月のお金の流れを正確に把握出来ていないことです。 企業の決算で使途不明金があると、税務署の厳しい指導を受けることになりますが、ご家庭のお世話をさせて頂くと、どこのご家庭も使途不明金だらけです。 

『殖やす』と言っても、切ない節約を薦める訳ではありません。 保険・不動産・使途不明金といった大きな部分を改善して、大きな財産を築くことに成功した事例を初心者にもやさしくご紹介させて頂きます。 また、欧米では当然のように学ばれているINVESTMENT(投資理論)の基礎からご説明します。

具体的には、『Gamble(投機)』と『Investment(投資)』の違いとは?といった基礎的な所から、下記のようなお話をさせて頂きます。

・Gamble(投機)とInvestment(投資)の違いとは?
・積立運用ってなに?
・ポートフォリオ運用ってなに?
・長期&分散の効果とは?
・投資に不可欠な統計学の基礎知識
・個人金融資産 日米比較
・米国 個人金融資産推移
・米国 401k事情
・預金・保険・運用商品 それぞれのメリット・デメリットとは?
・家計の貸借対照表から考えるポートフォリオ

こんな方にお薦めの勉強会です!
・住宅ローンの借り換え、繰上返済についてどうしたら良いか分からなかった。
・修繕費に500万円~1,000万円もかかることを不動産の人は教えてくれなかった。
・不動産の入り口(購入)だけではなく、出口(売却・賃貸)のことについて教えてくれる人がいなかった。
・保険料が高いなと思っていたが、友人・知人から入っていたので、断りにくかった。
・運用型の保険と聞いていたが、どれ位貯まるのかわからなかった。
・お宝保険と薦められて入っていたが、何がお宝なのか分からなかった。
・証券会社・銀行の人に『いい商品が出ました』と言われて購入したが、良く分からない。
・相談できる人がいなかった。
・運用商品で大きな損害を抱えたことがある、あるいは抱えている。
・運用商品だとは知らずに金融商品を購入していた。
・保険で大きな損失を抱えたことがある。
・金利や経済など分からないことばかり。
・問題を抱えていることに気付いていなかった。
・老後の対策が必要なのではと漠然と不安を抱えていたが、どうしたら良いのか分からなかった。
・子どもの教育(英語、留学)について相談出来る人がいなかたった。


但し、こんな方はお薦めしません。
・どの株を買えば儲かるかを知りたい方
・FXやデイトレのやり方を教えて欲しい方
・てっとり早く資金を増やしたいと思っている方

勉強会が終わると、金融商品の契約を迫られるといったことは一切ありません。あくまで勉強会なのでご安心下さい。 では、当日お会い出来ますことを楽しみにしております。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥1,080

受けたい
1人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

投機と投資の違いから優しく教えるファイナンスの先生

年金に不安を抱える人たちの悩みを解決したい!それには投資教育しかない!その思いで2005年に金融機関から完全に独立した投資アドバイザー業務をスタートしました。ディーラーというホールセール(対法人)でのプロの投資家の一員だった私から見て、リテール(対個人)の世界に『投資のプロ』を名乗る人の多さに驚きました。彼らは投資関連商品を売るプロではあるかもしれませんが、決して投資のプロではありません。私自身、一流とは決して言えないディーラーでしたから、投資のプロと名乗ることなどおこがましいと思っていますが、プロの世界での実務経験は自身の宝です。また、ボストン大学MBAでファイナンスを専攻し、理論的な解説も出来るようになりました。但し、初心者の方にも分かりやすくをモットーに取り組んでいます。投機と投資の違いといった基礎から学び、あなた自身が行動を起こせるようになるまでお手伝いさせて頂きます。そして、その先に広がる明るい未来を共に描けるよう努めて行きたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

  • こんな方を対象としています

    もし、あなたがこのようなことでお困りでしたら、一度勉強会にご参加下さい。

    ・家計(住宅ローン、保険、運用商品、年金、老後資金、教育資金、子どもの留学、相続など)について、トータルで相談できるならしたい
    ・教育資金について相談したかった
    ・給与カットされ、将来に不安を抱えるようになった
    ・保険について相談したかった
    ・投資・資産運用について相談したかった
    ・資産運用に興味があるけれども、全く未経験で何から始めれば良いか分からない。(未経験者)
    ・欧米のプライベート・バンクに以前から興味があった。
    ・保険・株・投資信託などはよく分からないので、預貯金しか持っていない。
    ・保険に加入しているけど、それいいのかどうか、自分に合っているのかどうかよく分からない
    ・株・投資信託を持っているけど、塩漬けになっている
    ・株・投資信託を持っているけど、戦略的にしている訳ではない
    ・金融の営業マン(証券マン、銀行員、保険の営業マン)に言いくるめられないようになりたい。
    ・金融の営業マン(証券マン、銀行員、保険の営業マン)にひどい目に遭わされたことがある。
    ・金融商品について詳しく知りたい
    ・住宅ローンについて相談したかった
    ・株・FXなど少し始めてみたけれども、損してしまった。(初心者)
    ・株・FX・不動産などで大損してしまったことがある。(経験者)
    ・投資経験はあり、成果もそこそこ出ているけれども、我流でやってきた。(経験者)
    ・投資・運用商品に関する勉強を基礎から始めたい。(未経験者、初心者、経験者)
    ・運用商品について勉強したい。(未経験者、初心者、経験者)
    ・分散投資について知りたい。
    ・ポートフォリオ運用について知りたい。
    ・住宅ローン、保険、税金、年金など現状分析をして欲しい。
    ・会社で401Kが導入されたので、対策を立てたい。
    ・会社で企業年金・退職金のサポートがないので、自分で何とかしなければならない
    ・NISAについて相談したい。
    ・相続・贈与について相談したい。
    ・事業承継について相談したい
    ・年金について不安を抱えている。
    ・子どもの大学費用を作っておきたい。
    ・デリバティブを取り入れた積極運用もしてみたい。
    ・投資と投機の違いが分からない。
    ・いつまでにいくら資産を作っておけばよいのか分からない
    ・住宅ローン 借り換え・繰上返済について相談したかった
    ・アセットアロケーションについて知りたい
    ・不動産投資・不動産経営について相談したかった
    ・節税について相談したかった
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?