福岡4:直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」

レスポンシブやハンバーガーメニューの落とし穴、 スマホサイトに必要な使いやすさとわかりやすさを考察し、スマホのUIに一石を投じる4時間です。

こんなことを学びます

かねてからリクエストが多かった「スマートフォン用UIデザイン」の講座が新登場!!

多くのサイトで、スマートフォンユーザーの利用率が60%を超え、今やスマホファーストのWEBデザインは必須といえます。その一方で、運用効率やコストの面から、レスポンシブ対応のデザインが求められ、デザイナー側の魅せるデザインとも相まって、サイト利用する側の「使いやすさ」や「わかりやすさ」が犠牲になっている側面は否めません。

大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、これまで多くの方からリクエストを頂いていた「使いやすい・分かりやすいスマートフォンサイトのUIデザイン」のテクニックやノウハウをデータに基づいて解説します!


▼こんなことを学びます (^_^)/★
スマートフォンのサイト構築において、『本来あるべき使い勝手』や『わかりやすさ」の観点から、スマホ用UIデザインをユーザー視点に立って徹底的にその性能を検証し、あらゆるデザイナーのバイブルになるUIデザインの方向性や、最適なデザイン表現や構成レイアウトを学べぶことができます!

▼こんなメリットがあります (^_^)/★
著名な企業のさまざまなWEBサイトを具体例に、スマートフォンにおけるUIの善し悪しを評価し、今まで当たり前だと思っていたデザインのセオリーに対して一石を投じ、「目からウロコ」の新しい『気づき』を実現していきます!

▼サンプル動画
レスポンシブデザインの理想と現実
https://youtu.be/nyzv6R-kz5s?t=35

ユーザーには不便が増大!ドロップダウンメニュー
https://youtu.be/FH0FVhMcg_4?t=36

【スマートフォンとは】
【1】真の“スマートフォン”と言えるデバイスが2007年に誕生
【2】指で操作するスマートフォンのユーザビリティ

【「ハンバーガーメニュー」はユーザーにとって直感的か?】
【3】ハンバーガーメニューは直感的操作性を下げている
【4】ハンバーガーメニューの普及率
【5】ハンバーガーメニューの種類
【6】ハンバーガーメニューに存在する理想と現実
【7】スマートフォンでは階層構造を理解・把握しにくい
【8】直感性を損なわずに使えるスマホ用ナビゲーションメニュー

【レスポンシブデザインでは実現しないスマートフォンへの最適化】
【9】レスポンシブデザインの普及率
【10】レスポンシブデザインがもたらすメリット
【11】レスポンシブデザインに存在する理想と現実
【12】レスポンシブデザインは、適合化であって最適化ではない
【13】スマートフォンサイトの未来を作るモバイルファースト

【スマートフォン環境における、Googleが描く快適な検索性の世界】
【14】 グーグルモバイルファーストについて
【15】レスポンシブデザインとSEO効果の関係

【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】
【16】ユーザー視点に立った入力の省力化

【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】
【17】モーダル表示にはTPOが大切
【18】スマートフォンの閲覧性を左右するアコーディオン表示

【快適を維持するためのスマートフォン向けUI】
【19】右手でも左手でも押せる最適なボタン表現
【20】サイトロゴ以外からのトップページに戻る導線


▼東京で開催した同セミナーのレビューはこちら
https://www.street-academy.com/myclass/37429#class-reviews-area
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

4月18日(土)

17:30 - 21:30

福岡 / 中洲・博多

予約締切日時

4月13日(月) 17:30 まで

参加人数

0/16人

開催場所

JR九州、福岡市営地下鉄 博多駅 徒歩7分
リファレンス大博多ビル 福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル

価格(税込)

¥13,000

  • 受付中

    4月18日(土)

    17:30 - 21:30

    福岡 /中洲・博多

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
4人が受けたい登録しています

この講座の先生

情報デザイン・ストラテジスト

「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者(エムディエヌコーポレーション刊)

1989年にグラフィックデザイナーとして独立。1995年に大手電機メーカー系のWebサイト制作を多数手がける中、Adobe Flashのクリエーターとしても活躍後、2001年、電通グループ 株式会社デジタルパレット(現電通アイソバー株式会社)の設立時より現在に至るまで、独自のデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインで、大手企業のWebサイト構築やリニューアルプロジェクトの中心メンバーとして多数参画。

昨今のWebサイト構築には、IA(インフォメーション・アーキテクト)による情報設計が必要だという認識がやっと定着し、あらゆる場面で IA が引く手あまたになっている状況と言ってもよい時代になりました。
そんな中で、Webサイトの制作担当者やWEBデザイナーが、ユーザー視点のWEBデザインを修得・実践できる機会になればと、『本来あるべきWebサイト作りの武器』として、お役に立てることを願い、本講座を開設することにしました。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ▼所要時間:約240分ぐらいを予定しています。

    約10分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    かんたんなごあいさつをかねて緊張をほぐします。

    約120分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    本編講義(前編)

    約100分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    本編講義(後編)

    約10分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ディスカッション
    講義内容についての質疑応答
  • こんな方を対象としています

    WEBデザイナー、UIデザイナーなど、実務としてデザインや設計に関わっている方だけでなく、ディレクターやプロデューサー、企業のWEB発注担当者にも最適です。
    ・UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など)
    ・もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方
    ・WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方
    など、今までのWEBに対する知識や技量をもっと高めたいという方々にお奨めです。
  • 受講料の説明

    レッスン代、教材となる資料代、場所代が含まれています。
    ※デジタルでの資料は配付しません。
    ※札幌・博多開催は、出張講演のため割高になっています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    第2部 UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」
    https://www.street-academy.com/myclass/32290
    第3部 ユーザーの視点に寄り添う〜わかりやすいUIデザインのツボ
    https://www.street-academy.com/myclass/32288
    第4部 直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」 ※この講座です
    https://www.street-academy.com/myclass/37360
    もご覧下さい。

    ▼1日目全講座を通しで受講される場合は割引き受講できます。
    1日目全受講(他では絶対教えてくれないUIデザインのワザをたっぷり学ぶ ①)
    https://www.street-academy.com/myclass/31132

    ▼より実戦に対応した講座
    第5部 ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」
    https://www.street-academy.com/myclass/31133

    ※第1部、第6部は東京開催のみ

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?