(初心者向け)ビジネスメールコミュニケーション講座

3時間でビジネスメールのマナーやルール、書き方や送り方、効率化のテクニックを習得

learn

こんなことを学びます

 本講座は【若手・初心者・転職者対象】です。
3時間で、ビジネスメールのマナーやルール、書き方や送り方、効率よくメールを使う上で役に立つテクニックを学びます。
ワークなどを通じて受講者自身の思考や行動パターンを整理、改善点に気付くことができ、意見交換や発表などを通じて他の受講者の考えも学べます。

◆受講のメリット(期待できる効果)
(初心者向け)ビジネスメールコミュニケーション講座を受講することで、次のような効果が期待できます。

・ビジネスメールの基礎が身に付く
・メール、電話、対面など手段の正しい使い分けができるようになる
・メールでの失敗を防ぐことができるようになる
・メールで正しく伝え、誤解やトラブルを防ぐことができるようになる
・メールで円滑なコミュニケーションが取れるようになる
・メールで迷うことが減り、時間をかけずに返事が書けるようになる
・メールを処理する時間、書く時間を短縮できるようになる

◆(初心者向け)ビジネスメールコミュニケーション講座で学べること
本講座では、次のようなことが習得できます!

・メールの基本!ルールやマナーが分かります
・印象のよいメールの基礎が身に付きます
・即実践!メールが書けるようになります

◆「若手・初心者・転職者向け」3時間コースの特徴
ビジネスメールコミュニケーション講座は2007年から開催しており、多くの受講生から高評価を得ている講座です。
これから社会人になる方、社会人になって仕事でメールを使うことになった方、転職して初めてビジネスメールを使うようになった方、仕事環境が変わって頻繁にビジネスメールを使うようになり困っている方などを対象に、3時間コースをご用意しています。
通常は2時間で解説する内容を、3時間かけて、じっくり、ゆっくり、丁寧に解説します。
少人数制の講座なので講師との距離も近く、質問もしやすい環境です。

◆講座内容
<第1部>ここだけは押さえておきたい!メールの基本ルール・マナー

仕事で使うメールの基本的なマナー、守るべきルールを解説します。
世間一般で好まれるメールの基本的な型を知り、メールの基礎を身に付けます。
型を知ることで時間をかけずにメールが書けるようになります。

・メールを学ぶべき3つの理由
・メールのよくある失敗
・メールで相手を不快にさせる要素
・コミュニケーション手段としてのメールの特徴
・メールと電話など他の手段の使い分け方
・件名の付け方
・送信者名(差出人)の付け方
・宛先(TO、CC、BCC)の違いと使い方
・ビジネスメールの基本の型
・宛名の書き方
・名乗りの書き方
・要旨の書き方
・詳細の書き方
・結びの挨拶の書き方
・署名の書き方
・署名の活用例
・伝えたいことを正しく伝え、分かりやすい文章の書き方
・読みやすい本文を書くための5つのポイント
・添付ファイルのマナー
・重要度、開封確認通知要求の扱い
・返信のマナー、書き方
・全文引用、部分引用の特徴と使い方
・転送のマナー、書き方

<第2部>用件をきちんと伝えられるように 心遣いとライティングテクニック

心遣いがあるかないかで仕事の進み方も変わります。
伝えたいことを正しく伝え、誤解や行き違いをなくし、好印象を与えるメール文章とは。
良好な人間関係を構築して、仕事を円滑に進める伝え方を解説します。

・事例に学ぶ心遣いのあるメールとは?
・相手からの返信率を上げる書き方
・相手との距離を縮める書き方
・顔文字、!?等の使い方
・メールで誤解を招く文章の特徴
・メールで印象の良い文章の特徴
・メールの返信期限
・シチュエーション別メールの書き方
・お詫びメールの書き方
・お断りメールの書き方
・催促メールの書き方
・すぐに使えるフレーズ集
・ビジネスメール禁句集

<第3部>効率化とスピードアップの技術

メールを効率よく使い、生産性を向上する方法を解説します。
メールを処理する時間が劇的に改善するスピードアップのテクニックが学べます。

・効率的にメールを処理する時間とは?
・やりとりにかかる時間を短くする方法
・返信スピードをアップするテクニック
・送受信通数を減らす方法
・入力速度をアップする単語登録の活用法
・テンプレート(ひな形)の作り方、テンプレート集
・メールのフォルダ管理方法

<まとめ>

<質疑応答・アンケート記入>
会場内で質問をお受けします。
学びを深める時間としてご活用ください。

※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

◆参加者特典(もれなく次の資料をプレゼント)
・講座レジュメ1冊(約40ページ)
・ビジネスメール実態調査最新版
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

10/18 (木) 10:00AM - 1:00PM

予約の締切り日

10/8(月) 10:00AM まで

参加人数

0/10人

開催場所

都営新宿線 小川町駅 徒歩1分
アイ・コミュニケーション(日本ビジネスメール協会)セミナールーム 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階

価格

¥8,640

  • 受付中

    10/18 (木) 10:00AM - 1:00PM

    選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
1人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

直井 章子のプロフィール写真
一般社団法人日本ビジネスメール協会
直井 章子

セールスプロモーション、広報、営業の仕事を通じ、メールコミュニケーション力は重要であるという問題意識から、ビジネスメール教育の専門家として活動中。教育研修プログラムの開発から講演・研修、執筆など活動は多岐に渡る。

「読売新聞」、「朝日新聞」、「日経WOMAN」、「日経ビジネスAssocie」など新聞・雑誌へのメディア掲載多数。

日経BP社PC online/ITproで、2010年からコラム「ビジネスメール事件簿」を連載中。直井研究員として、ビジネスの現場でトラブルを引き起こしかねないメールについて解説。

著書に『ビジネスメールの常識・非常識』(日経BP社)
『カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室』(日経BP社)がある。

この講座の主催団体
メールでビジネススキル&コミュニケーション力UP!

使わない日はないくらい、ビジネスで当たり前に使われているツール。それが『ビジネスメール』です。

しかし、ビジネスメールの教育は、まだまだ遅れていると言わざるを得ません。研修を実施している企業は全体の10%程度です。

出典:ビジネスメール実態調査2015(一般社団法人日本ビジネスメール協会調べ)

メールが普及するにつれて、仕事の中でメールにかける時間が増えています。10年ほど前と現在を比較すると、その増加に驚くことでしょう。

対面、電話、ファクス、ビジネス文書、ソーシャルメディアと、コミュニケーション手段はいろいろありますが、仕事でのコミュニケーションに占めるメールの割合は大きくなっています。

そのような状況下で、多くの人が誰からも教わらず、見よう見まねで、不安を感じながらメールを利用しています。電話やビジネスマナーの研修はあっても、メールの研修は受けたことが無い。それでも、毎日使うのがメールです。同じ仕事のコミュニケーションツールですが、その差は歴然としています。

学生時代からメールを使っていたと... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <第1部>ここだけは押さえておきたい!メールの基本ルール・マナー

    仕事で使うメールの基本的なマナー、守るべきルールを解説します。
    世間一般で好まれるメールの基本的な型を知り、メールの基礎を身に付けます。
    型を知ることで時間をかけずにメールが書けるようになります。


    <第2部>用件をきちんと伝えられるように 心遣いとライティングテクニック

    心遣いがあるかないかで仕事の進み方も変わります。
    伝えたいことを正しく伝え、誤解や行き違いをなくし、好印象を与えるメール文章とは。
    良好な人間関係を構築して、仕事を円滑に進める伝え方を解説します。


    <第3部>効率化とスピードアップの技術

    メールを効率よく使い、生産性を向上する方法を解説します。
    メールを処理する時間が劇的に改善するスピードアップのテクニックが学べます。


    <まとめ>

    <質疑応答・アンケート記入>
    会場内で質問をお受けします。
    学びを深める時間としてご活用ください。

    ※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください
  • こんな方を対象としています

    次のことが一つでも当てはまる方にオススメの講座です。

    ・これまでビジネスメールを全く書いたことがない
    ・これから仕事でメールを使うことになり基本を学びたい
    ・転職して初めて仕事でメールを使うことになり困っている
    ・ゆっくり、じっくり学びたい
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ◆注意事項
    ・配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
    ・許可のない撮影・録音・録画などは禁止です
    ・レジュメを配布しますので、パソコンの持参は不要です。

more

この主催団体の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています