ゲームで楽しみながら「人生のお金」を学びましょう!

~1人でも親子でも!80歳までの「リアルなお金」をオリジナルゲームで疑似体験~

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>

私が作成した「オリジナルゲーム」を通して
楽しみながら!下記の内容を学びます

・生活に必要な人生のお金
・マネープランの重要性
・可処分所得(= 手取り収入)
・老後資金

【オリジナルゲームについて】

1、進め方

全体の流れは講師の指示で進めますが
受講者は個々にゲームを行います
※※※※※※※※※※※※※※※※
受講者同士で協力しながら
ゲームを進めることはございません
※※※※※※※※※※※※※※※※

2、内容

年代別に(20歳代から70歳代まで)
下記ライフイベントの選択や
税金・社会保険料などを考慮した
収支の簡単な計算(貯蓄額)を通して
「人生のお金」を疑似体験していただきます

<主な選択内容>
・仕事(収入)
・生活スタイル
・重要なライフイベント
(結婚、住居や自動車の購入、転職など)
・その他のライフイベント
(病気やケガ、宝くじ当選など)

※※※※※※※※※※※※※※※※
金融・保険商品などの販売・勧誘は、
一切行っておりません!
※※※※※※※※※※※※※※※※

※持ち物 : 計算機・筆記用具
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

練馬・板橋

価格(税込)

¥3,500

受けたい
16人が受けたい登録しています

この講座の先生

素朴な疑問を大切にします


ファイナンシャル・プランナー

CFP®認定者
終活アドバイザー

NPO法人ら・し・さ 正会員


給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに不安を感じたことから、CFP®資格を取得。

素朴な疑問と分かりやすい言葉/話し方を大切にする、金融・保険商品を販売しない中立的な独立系FPとして、葬儀社、納骨堂、介護施設などに、自ら足を運んで情報収集するなど、終活、介護、高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分
    • こんな方を対象としています

      「人生のお金」を学びたい方
      「ライフプラン」を学びたい方
      家計の管理や計画にご興味がある方

      【下記に該当する方の参加はお断りしています】
      ・20歳未満の方
      ※親子でご参加の場合のお子様は「中学生以上」
      ・FP資格を保有している方
      ・FP関連会社に勤務経験がある方
      ・学習目的以外の方(営業、販売、勧誘、宣伝など)
    • 受講料の説明

      資料教材費が含まれます
      親子でご参加の場合のみ「1組(2名)」で上記料金です
      ※お申込みは1名でお願いします
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ※計算機を必ずご持参下さい
      ※親子でご参加の場合、お子様は「中学生以上」でお願いします
      ※遅刻された場合でも、教室は定刻通り開始します
      ※会場内外問わず、名刺交換/連絡先交換などの行為は禁止です
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 2
    • 楽しかった!( 2 )
    • 勉強になった!( 2 )
    • 行く価値あり!( 2 )
  • M1

    男性 50代

    この講座は「とても勉強になった講座」でした

    銀行や保険ショップなどで、FPの方がライフプラン設計をしますが、
    この講座は、自分でライフプランを作成する感じでした。
    ゲームを進めながら、必要な場所に金額を記入していくのですが、
    人生何が起こるか分からないイベントカードに一喜一憂しながら、
    結果的に、収入・支出、税金、社会保険料などが学べました。

  • W1

    女性 20代

    この講座は「人生のお金が体験できる講座」でした

    タイトルの通り、ゲームを楽しみながら人生のお金を体験できます。
    ファイナンシャルプランナーが提案するライフプランを、ゲームを通して自らが作成することで、人生のお金を学べます。

    ゲームはあくまでも入口であり、収入と手取りの関係や税金、社会保険料の関係など、あらためて学ぶことができました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?