5回コース Papatonesメソッド『英語でプレゼンテーション』

元全米ディベートチャンピオンが、あなたに合わせて特別にコーチします。

learn

こんなことを学びます

<こんな風に教えます>
①PAPATONESメソッドの第1ポイント「P」
プレゼンテーションの「目的(PURPOSE)」を明確にすること
②PAPATONESメソッドの第2ポイント「A」
プレゼンテーションの聴衆の「分析(ANALYSIS)」
③PAPATONESメソッドの第3ポイント「P」
入念な「準備(PREPARATION)」を行う
④PAPATONESメソッドの第4ポイント「A」
プレゼンテーションの始めに聴衆の「注目と関心(ATETNTION)」をつかむ
⑤PAPATONESメソッドの第5ポイント「T」
プレゼンテーションの流れをコントロールする「時制(TENSES)やフレーズ(TEMPLATES)」の使い方
⑥PAPATONESメソッドの第6ポイント「O」
プレゼンテーションの「構成(ORGANIZATION)」について
⑦PAPATONESメソッドの第7ポイント「N」
プレゼンテーションの「感情コントロール(NO NERVOUSNESS)」について
⑧PAPATONESメソッドの第8ポイント「E」
プレゼンテーションをより効果的にみせる「ツール(ENHANCEMENTS)」の活用」
(その1)原稿やビジュアルの活用
プレゼンテーションのためのアウトラインを原稿にする。原稿の棒読みをするのではなく、原稿のアウトラインに沿ってプレゼンテーションを行うスキルを習得する。
(その2)パワーポイントなどのプレゼンソフトウェアの使いこなし方
⑨PAPATONESメソッドの第9ポイント「S」
聴衆と「共有する(SHARING)こと」
⑩総仕上げ
資料の準備、知性と情熱で伝える、効果的なアイコンタクトetc.

<持ち物>
筆記用具、パソコン(無くても大丈夫)等ご持参下さい。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

品川・大井町

価格(税込)

¥80,000(¥16,000 × 5 回)

受けたい
25人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

米国籍弁護士・米国フリーメイソン会員/英語でスキル

14歳で全米ディベートチャンピオン獲得
サフォーク大学ロー・スクール卒業後に、ハーバード大学院のU.S/日本貿易プログラムを終了

米国での経験(弁護士活動を含む)
①12年間米国法廷弁護士、2年間Municipal市に属する弁護士として活躍
②グローバル販促チームとして活躍:特許を取得した土壌安定剤をドバイ及びヨーロッパに販売
③ロナルド・レーガン大統領の政権の下でホワイトハウスのメンバーとしてグローバルな活動:中小企業のために米国中小企業の規制緩和とビジネス活性化に従事
④コンサルタントとして活動:ヨーロッパの商業用ビジネス
コンサルタントとして法律が絡む異文化問題etc.

日本での経験
講演活動:セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、TPP交渉etc.
起業:投資家VISAとして日本に滞在、2006年に株式会社ワールドウィズアウトボーダーズを設立
企業研修実績
• 丸紅株式会社
• キャノン株式会社
• 東京エレクトロン株式会社
• 富士通株式会社
• 三菱商事株式会社
• 京セラ株式会社
• 森永製菓株式会社 etc.


+ 続きを読む

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

    (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

  • 第2回 (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

    (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

  • 第3回 (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

    (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

  • 第4回 (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

    (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

  • 第5回 (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

    (未入力)詳細は「こんなことを教えます」をご参照ください

  • こんな方を対象としています

    海外向け、外資系勤務で英語でプレゼンテーションをする機会が多い方
    近い将来に必要になってくるだろうと準備をしておきたい方
    将来の自分への投資は何かとお考えの方
  • 受講料の説明

    参加費には、レッスン代金、会場費用、教材費等全てが含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    リラックスした服装でご参加下さい。
    何よりも、この講座の全てを身につけていただき実際に役立てていただきたいです。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています