お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

シンボリズムから紐解く☆ルネサンス美術とタロット「奇術師、女教皇」

対面 オンライン

美術を理解するのに必須のシンボルとアトリビュート。タロットカードを使いながらシンボルとルネサンス哲学の関連を紐解いていきます。

こんなことを学びます

***2020年7月開講!***
2020年7月から1年かけてタロットの大アルカナとルネサンスの美術作品の共通点を見ていきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 第2回「奇術師、女教皇」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1. 奇術師
奇術師は大アルカナの最初に置かれるカード。テーブルの上には四大元素が乗っています。
ルネサンス時代には、この四大元素で「物質」を作ることができると考えられました。
当時流行した「錬金術」を当時の作品を交えて解説します。

2. 女教皇
祭司の衣装を着た女性を描いた女教皇。
このカードと節制を合わせると「受胎告知」の図像が出来上がります。
キリスト教で重要な画題「受胎告知」のイコノグラフィー(図像学)から本来の意味を読み解いていきます。


***************

占いのツールとして人気の高いタロット。
15世紀のイタリアでゲームカードとして生まれたという研究があります。
https://www.3x7.org/en/(参考サイト)

15世紀のイタリアはちょうどルネサンスが始まった頃です。
実際フィレンツェで美術作品を見ると共通点が多いのに驚きます。
この講座ではタロットカードを1枚ずつ取り上げ、関連する美術作品を紹介します。
合わせて美術作品の時代背景や哲学、込められた意味を説明します。

・タロットリーダーの方にはカードの意味に加えてより深い読みに、
・美術愛好家の方には通常の講座だけでは伝えられない哲学的で神秘的な背景に、
それぞれ役立てていただけます。

ご案内するのはフィレンツェに3年間留学し、美術を専門的に学んだ講師です。
イタリア政府公認ガイドとしてフィレンツェで活動。ルネサンス美術を専門的に学び、現地で解説しました。美術の勉強の中で、ルネサンスの美術とタロットカードに似ているものが多くあることに驚き、調べたところルネサンス美術とタロットの成立には歴史的な共通点があることがわかりました。この講座では、現地で実際に見た美術作品とタロットカードの共通点を紹介し、リーディングや美術鑑賞の補足にしていただければと思います。

*********
日程:第3日曜日11:00〜(8月のみ第4日曜)
(終了)プレ講座:6/21 7つの美徳とタロットカード
(終了)第1回 :7/19 愚者
(今回)第2回 :8/23 奇術師、女教皇
第3回 :9/20 女帝、皇帝
第4回 :10/18 教皇、恋人
第5回 :11/22 戦車、正義
第6回 :12/20 隠者、運命の輪
第7回 :1/17 力、吊るされた男
第8回 :2/21 名前のないアルカナ、節制
第9回 :3/21 悪魔、神の家
第10回:4/18 星、月
第11回:5/16 太陽、審判
第12回:6/20 世界

☆☆☆
美術を鑑賞する上で重要となってくるシンボル。バラはヴィーナスのシンボルであったり、ユリは聖母マリアの純潔を表すなど、少し知っているだけで美術鑑賞が楽しくなります。しかし、シンボルはそれだけではありません。実は奥深い哲学をわかる人にだけわかるように伝えていることもあるのです。

そんな奥深いシンボルをタロットカードと美術の共通点から紐解いてみたいと思います。現存するタロットカードはルネサンス時代のものです。ルネサンス美術のほとんどが当時主流であった新プラトン主義という哲学に基づいて制作されています。一説によると新プラトン主義を視覚的に伝えるために作られたのがタロットカードと言われています。フィレンツェでは新プラトン・アカデミーという私塾で権力者や芸術家がこの哲学を学んだと言われています。ボッティチェリやミケランジェロもその影響を受けた芸術家です。

ルネサンス発祥の地フィレンツェに3年留学、専門的に美術、哲学、神秘思想を学んだ講師がルネサンスの美術作品と比較しながら「哲学としてのタロット」を教えます。

美術好きの方はシンボルを知ってより楽しい美術鑑賞を、
タロットリーダーの方はカードの意味に留まらずその背景となる哲学を、
歴史好きの方は当時の権力者が学んだ帝王学とも言える新プラトン主義を、
それぞれ学んでいただけるお得な講座になります。

どの本を見ても、どの講座でも絶対に取り扱っていないディープな内容です。イタリア現地で培ったからこそ得られた知識をぜひ学んでいただけたらと思います。

講義の中で扱う内容:
・タロットカードと美術作品の比較
・取り上げる美術作品の意味と背景
・タロットと美術に共通する新プラトン主義の解説
・ルネサンス時代の歴史的背景
・錬金術、ヘルメス哲学
・中世〜ルネサンス時代の美術におけるキリスト教
続きを読む

8月23日(日)

11:00 - 13:00

オンライン

予約締切日時

8月22日(土) 11:00

参加人数

0/20人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥20,000

第2回は「奇術師」と「女教皇」のカードを取り上げます。美術作品は、四大元素と受胎告知についてお話しします。 それ以外の日程については「当日の流れとタイムライン」をご参照ください。 内容は... もっとみる

8月23日(日)

11:00 - 13:00

東京 / 渋谷・恵比寿

予約締切日時

8月22日(土) 11:00

参加人数

0/3人

開催場所

山手線 渋谷駅 徒歩8分
レンガの6階建の建物です。1階は「西濃運輸」です。 東京都渋谷区道玄坂1-15-6 チヨダ道玄坂ビル 5A

価格(税込)

¥20,000

第2回は「奇術師」と「女教皇」のカードを取り上げます。美術作品は、四大元素と受胎告知についてお話しします。 それ以外の日程については「当日の流れとタイムライン」をご参照ください。 内容は... もっとみる
  • 8月23日(日)

    11:00 - 13:00

    オンライン

  • 8月23日(日)

    11:00 - 13:00

    東京 / 渋谷・恵比寿

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
72人が受けたい登録しています

対面受講日程

8月23日(日) 11:00 - 13:00

¥20,000
参加人数 0/3人
場所 山手線 渋谷駅 徒歩8分

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

対面受講料に含まれるもの

受講料に含まれるもの:講義、資料(オンラインの場合はPDF)
受講内容を録画し2週間配信します。復習にお使いください。

受講料に含まれないもの:タロットカード
タロットカードは必要ありませんが、図像などを知りたい方は「マルセイユ版タロット」が参考になります。

オンライン受講日程

8月23日(日) 11:00 - 13:00

¥20,000
参加人数 0/20人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

オンライン受講料に含まれるもの

受講料に含まれるもの:講義、資料(オンラインの場合はPDF)
受講内容を録画し2週間配信します。復習にお使いください。

受講料に含まれないもの:タロットカード
タロットカードは必要ありませんが、図像などを知りたい方は「マルセイユ版タロット」が参考になります。

この講座の先生

フィレンツェ公認観光ガイドによる西洋美術史講座

フィレンツェで2017年にイタリア政府公認観光ガイドの資格を取得しました。

外資系メーカーで人もうらやむようなキャリアを築いてなんの不足もなかった37歳の時、急に天啓のように「トスカーナの風に吹かれたい!」と思って会社を辞めてイタリアに留学しました。

全く知らない土地、知らない言葉…そんな中、留学3年でイタリア人でも難関と言われる観光ガイドの資格をとりました。観光ガイドはいわば美術の専門家。普通に見るだけでは知ることができない美術に隠された秘密を知ることができます。そして美術に隠された秘密はタロットと共通していることを知りました。

美術作品がただ美しくて魅了されていたところから、そこに隠された意味を知った時、感動して見方がまったく変わりました。私が味わった美術の本当の感動を、講座を通して一緒に味わっていただけたらと思います。


略歴:
2000年 京都大学法学部 卒業
2011年 京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コース卒業 学芸員資格取得
2017年 イタリア政府公認フィレンツェ観光ガイド資格取得
2017年より東京で美術史講座を開催。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1時間で1枚のタロットカードを取り上げ、それに関連する美術作品を取り上げます。
    (例)愚者とトビアス、奇術師と錬金術、など。
    第2回は「奇術師」と「女教皇」のカードを取り上げます。美術作品は、四大元素と受胎告知についてお話しします。

    日程:第3日曜日11:00〜(8月のみ第4日曜)
    (終了)プレ講座:6/21 7つの美徳とタロットカード
    (終了)第1回 :7/19 愚者
    (今回)第2回 :8/23 奇術師、女教皇
    第3回 :9/20 女帝、皇帝
    第4回 :10/18 教皇、恋人
    第5回 :11/22 戦車、正義
    第6回 :12/20 隠者、運命の輪
    第7回 :1/17 力、吊るされた男
    第8回 :2/21 名前のないアルカナ、節制
    第9回 :3/21 悪魔、神の家
    第10回:4/18 星、月
    第11回:5/16 太陽、審判
    第12回:6/20 世界
    • こんな方を対象としています

      ・ルネサンス美術に興味がある方
      ・西洋美術に描かれている内容が理解できるようになりたい方
      ・ルネサンス時代の哲学に興味がある方
      ・ヨーロッパの歴史に興味がある方
      ・タロットに興味がある方
      ・占いよりさらに深いタロットの意味を学びたい方
      ・ダヴィンチコードが好きな方
      ・イタリア美術が好きな方
      ・引き寄せの法則が好きな方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      タロットカードはなくても大丈夫ですが、お手元で見たい方はスマホの画面や「マルセイユタロット」でご確認ください。

      教室またはオンラインでの受講です。
      オンラインで受講の方は事前にZoomのダウンロードをお願いします。
      https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

      資料はPDFで前日に配布します。

      教室でご受講の方は以下コロナ対策にご協力ください。
      ・マスクの着用をお願いします。
      ・講師もマスクを着用して講義します。
      ・入室時に手指のアルコール消毒をお願いします。
      ・当日37.5度以上の熱がある方はご来場をお控えください。
      キャンセル対応、もしくはオンライン受講に変更させていただきます。
      ・席数を減らして対応しています。
      ・30分ごとに数分の換気を行います。
      ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー9

    • 楽しかった!( 6 )
    • 勉強になった!( 8 )
    • 行く価値あり!( 7 )
  • W1

    女性 50代

    この講座は「タロットが影響を受けたものについて」でした

    今回から本講座が始まり、当分は毎月の楽しみとなりそうです。
    まだ一回目ですが、美しい絵画と宗教の関連性、当時の人々の考え方などとても内容が濃く、様々なものを学べてワクワクします。
    本当に受けて良かったと感じます。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「準備がしっかりされている完全講義式」でした

    高額なのにレビューが高評価が多数だったので、受講してみました。
    準備がしっかりされている授業です。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「タロットの隠れた秘密が学べる講座」でした

    タロットカードが好きで自分でも活用していますが、美術史的側面からタロットカードを学べる講座を探していました。
    ずっと心待ちにしていた講座なので、とてもワクワクしてプレ講座を受講させていただきましたが、参加して本当に良かったです!!
    来月からの本講座が今から待ち遠しいです!

  • W2

    女性 30代

    この講座は「敷居の高い美術史を楽しくわかりやすく学べる講座」でした

    歴史は苦手科目でしたが、そんな自分にも大変わかりやすく解説していただき、
    ちょうど知りたいと思っていたことを学ぶことができました。
    西洋の哲学や宗教観は日本人には馴染みが薄いですが、
    ここを理解しておくと文学や美術ももっと楽しく触れられるのだろうなぁと思いました。
    またぜひ受講させていただきたいです。楽しくためになる時間をありがとうございました。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「とても内容の濃い講座」でした

    元々ルネサンス期の美術が好きでタロットにも触れているので受講致しました。
    90分の講座でしたが、先生の説明に引き込まれてあっという間でした。
    キリスト教、シンボリズム、新プラトン主義など幅広く触れられていて興味深かったです。本講座も続けて受講予定です。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?