財務応用講座(利益とキャッシュを生む管理会計・②実践編)

現金が手元にズッシリ残る「キャッシュリッチ経営」を実現する「収益構造のメカニズム」「4つの損益分岐点」「利益感度分析」の実践プログラム

learn

こんなことを学びます

【講座の特長】

◎「経営者が目指すべき経営=キャッシュリッチ経営」を実現するために必要な「収益構造メカニズム」「4つの損益分岐点」「利益感度分析」の理論を図解を交えてわかりやすく徹底解説!
◎カラフルな図解で直感的に本質を理解し、演習問題で理解を定着できるオリジナルテキスト
◎現役の経営・財務のプロの人気講師が教える安心の生講義!
◎「理論」と「実践」。知識を体系立てて学び、すぐに演習問題を解くことで本質的理解が深まります。
◎ビジネスパーソンには、キャリアアップのヒントとなる経営計画や営業計画の考え方の学びが豊富!
◎経営者の方には、儲かる会社へ経営改善を図る理論と実践を学べます!

※本講座は「①理論編」「②実践編」「③経営計画編」の3部構成です。「①理論編」からの受講をオススメしています。



【講座紹介】

毎月の「採算を見える化」する『利益とキャッシュを生む管理会計』を学んで、「経営管理」と「経営計画」の手法を身につけよう!


★なぜ「管理会計」が必要なのか?

決算書の「P/L損益計算書」は、経営者が自社の経営判断や経営の意思決定に使うことは経営に大きな弊害を生じさせる場合があります。

・自社の利益に貢献している商品はどの商品か?
・どの商品を1個売るごとにいくら儲かるのか?
・特に製造業や建設業は1ヶ月単位の採算が見えない業種。採算を見える化するにはどうしたらいいのか?
・単価、原価、販売数、固定費のどれをいくらにすると利益が最大化するのか?

こうした経営者が常日頃思い悩んでいる経営把握の問題を根本的に解決し、目指すべき経営を明確にしてくれるのが「利益とキャッシュを生む管理会計」です。


★「利益とキャッシュを生む管理会計」は普通の「管理会計」と何がどう違うのか?

一般的な「管理会計」は、過去会計を焼き直したものに過ぎず、損益分岐点を「売上高」にしか測ることができません。「売上を増やせ」「経費を減らせ」の二元論では利益構造の本質に迫ることはできません。

「利益とキャッシュを生む管理会計」は、こうした「従来型の管理会計」とは一線を画し、「売上高に拠らない4つの損益分岐点」の算出、利益感度分析による価格設定やコスト設定の最適化、目指すべき経営に直結した経営計画へと直結する「将来の会社のあるべき姿」を具現化することができる管理会計です。

本講座では、①理論編、②実践編、③経営計画編の3部構成で、自社の経営管理に「利益とキャッシュを生む管理会計」を導入、運営する方法を体型的に学ぶことができます。


★専門用語がわからなくても図解で直感的にわかる画期的な”あいざわメソッド”財務学習法

本講座では、専門的な簿記や会計の知識がない方でも理解できるよう、図解で直感的に本質を理解できるよう考えたオリジナルテキストを使用します。将来の会社の利益を生む発想のヒントが盛りだくさんの構成です。



▶︎この講座で得られる3つのメリット

【①目からウロコ!誰も教えてくれなかった「利益とキャッシュを生む管理会計」の考え方と実践方法を学べます!】
利益構造のメカニズムと考え方を理論と実践の両面から学べます。「売上と利益に相関関係はなかった」「決算書をそのまま経営計画に使う落とし穴」「利益を生むのに大事なのは●●」など目からウロコの学びが盛りだくさんです。


【②経営計画、営業目標、進捗管理など合理的な管理会計の考え方と実践方法を学べます】
経営計画、営業予算目標、予算の進捗管理などに頭を悩ませている方も大勢おられると思います。収益構造の理解や実践方法を学ぶことで、「経営を数字で考えられる」ようになります。


【③固定観念を取り除き本質的な経営の考え方を学べます】
「売上を上げろ」「経費を減らせ」の2つでしか考えない経営では、思うように利益を上げ続けるのは困難です。「①理論編」「②実践編」「③経営計画編」を通じて、問題点の把握、改善方法、黒字を継続する経営計画の考え方などが身につくように構成されています。


▶︎講座内容

第5章
①利益を生む管理会計の基本
・会計用語解説
②全部原価FCと直接原価DCの違い
③5つの公式
・P公式
・V公式
・Q公式
・F公式
・G公式

第6章値引きの恐怖
①値引きの恐怖
・「値引き」で「利益」はどうなる?
 演習問題とシミュレーション
・Pダウン
・Qダウン
・Vアップ
②損益分岐点分析
③利益感度分析速算法
④v率による利益感度別の企業分類

第7章複数商品の管理会計
①全部原価FC
・複数商品売上一覧表
・配賦基準別一覧表
②直接原価DC
・複数商品売上一覧表
・複数商品売上一覧表の読み方
③利益を生む管理会計入フォーム例

第8章戦略プランの考え方
①Gアップのロジックツリー
②戦略プランの考え方
・F戦略
(1)労働生産性
(2)間接から直接への配置転換
(3)直接人員への間接業務削減
(4)「率」より「額」
(5)F4戦略費の積極投入
・V戦略(VEの活用)
・P戦略(Pアップ)
・ABC分析

※講座内容は一部変更となる場合があります。



【会澤の財務基礎コース全5科目でスムーズなステップアップも】
いきなり本講座では難易度が高いという方には、財務学習のきっかけ作りに最適な入門講座からの受講がオススメです。会澤が教える財務基礎コース(少人数クラス)からステップアップして基礎から応用まで一気にマスターしよう。
◎財務基礎コース5科目
・財務入門講座
・財務基礎講座(損益分岐点編、経営指標編、キャッシュフロー編)
・決算書3表作成ワークショップ講座
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12/22 (土)

1:30PM - 3:30PM

東京 / 新宿・代々木

予約の締切り日

12/15(土) 3:30PM まで

参加人数

0/6人

開催場所

西武新宿 西武新宿駅 徒歩1分
ザ・ステーション カフェバー 東京都新宿区歌舞伎町1−30−1 新宿プリンスホテル B1F

価格(税込)

¥14,980

  • 受付中

    12/22 (土)

    1:30PM - 3:30PM

    東京 /新宿・代々木

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
31人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

「わかりやすくて楽しい」に徹底的にこだわりました!

◎カラフル図解で直感的にわかる!”あいざわメソッド学習法”による初心者向け財務講座を主宰!

◎会計分析によって会社の「利益」と「儲け(現金)」を最大化する”利益を生む管理会計”を指導し、中小企業の頼れる”経営・財務顧問”として活躍する経営・財務コンサルタント(ファイナンシャルプランナー)。

【カスタマーサクセスを実現する経営コーチング4大専門領域】

<財務>
■B/S、P/L財務分析
■銀行格付診断
■調達再編

<MQ会計(管理会計)>
■MQ会計経営分析
■販売データ収益シミュレーション
■販売戦略プラン

<ビジネスモデル>
■ビジネスモデル分析
■カスタマーサクセスを実現する高付加価値モデルの確立
■業務提携支援(提携、M&A)

<経営コーチング>
■月次モニタリングPDCA
■経営財務教育(eラーニング、対面)
■KPI日報報告等の進捗管理
■生命保険

※「MQ会計」は(株)西研究所の登録商標です

株式会社会澤FP事務所:https://www.aizawafp.com + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    自己紹介(5分)
    ①値引きの恐怖(10分)
    ②4つの損益分岐点&演習問題(25分)
    ③利益感度分析&演習問題(20分)
    休憩(10分)
    ④f/m比率(損益分岐点比率)、g/m比率(経営安全率)&演習問題(20分)
    ⑤複数商品による管理会計(直接原価方式)分析(20分)
    まとめ・講座案内・質問・アンケート記入(10分)

    ※各コーナーの時間は目安です。講義の流れ等によって変更となる場合があります。
  • こんな方を対象としています

    次に該当する経営者の方やビジネスパーソンの皆さんにオススメです。
    ・会計を経営計画、営業計画、進捗管理に活かす方法や実践方法を学びたい方
    ・利益を生み出す考え方を学びたい方
    ・損益分岐点計算や利益感度係数の計算方法をマスターして仕事に活かしたい方
    ・簿記は身につけているが、経営に役立つ経営分析の手法を身に付けたい方

    <こういう方には不向きです>
    ・財務の全体像を学ぶためにB/S、P/L、C/Fの基礎からガッチリ学びたい方は、先に会澤が開催している「基礎コース全5科目(財務入門講座・基礎講座)」を受講してから本講座を受講することをオススメします。
    ・本講座は(財務応用講座(利益を生む管理会計①理論編)」を受講されている方向けに構成されていますので、「①理論編」を受講されてから受講することをオススメします。(※当日①理論編と②実践編を同日開催しますので、連続受講が可能です。)
  • 受講料の説明

    受講料には、講師料、会場費、テキスト代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <持ち物>
    当日は次の持ち物をお持ちください。
    ・筆記用具
    ・電卓
    ・お名刺数枚(受付でお渡しください。また、当日講師との名刺交換とご挨拶もさせていただきます。)

    <会場について>
    会場は参加者数によって変更となる場合があります。変更の場合でも新宿駅徒歩圏内の貸し会議室またはカフェへの変更となる予定です。カフェに変更の場合はワンドリンク制となりますので、飲み物代は別途ご負担をお願いします。あらかじめご了承ください。

review

レビュー

  • 4

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 2 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 男性 40代

    この講座は「MQ会計の実践的な内容が身に付く講座」でした

    今回は前回より一歩踏み込んだMQ会計の実践的な内容が身に付く講座でした。とてもためになりました。

  • M1

    男性 30代

    この講座は「中小企業のマーケターは受けるべき講座」でした

    私は通販会社でマーケターとして働いています。
    通販という特性もあって、マーケターである自分が広告をどれだけ使うか、どれだけその後にリピートしてもらうかのプランニングと実行次第で売上も変わってまいります。
    しかし、当たり前ですが、利益を出して初めて、会社は存続していけます。売上が上がっているからといって、好き勝手に広告予算をつぎ込めるわけではありません。

    この講座を受けた理由は、限界CPA算出のためです。
    これは、自社の商材が所属するカテゴリが、競合が増えてレッドオーシャンになりつつあることが背景にあります。それまで売れている商品だったので、良かったのですが、他社の勢いが強くなっており、少しでも存在感を出すためにブランドの強化を考えなくてはならなくなりました。
    そこで、必要だったことが、限界CPAに対して、どこまで認知寄り(ブランディング)の広告を出しても問題なく利益は出せるかでした。

    少人数という講座もあって、先生は、管理会計について教えていただきながら自分の会社の課題に合わせた相談にものってもらいました。
    本質的なことを教えていただきつつ、具体論まで落として教えていただきました。

    僕は、マーケターは、会計知識を必ず知っていないといけないと思わされました。
    マーケティング、とくにWEBマーケティングの世界は、流行りすたりの変化も激しい分野で、何もしなければ置いてけぼりになるので、とにかくトライ&エラーをせざる得ません。そのトライ&エラーをどこまで許容できるか、この講座の考え方をしっかりと理解できれば、より深みのある社内に対しての提案、実行、外注先の施策結果の検証にもつながると思います。

    来年、新規事業を始める予定なので、そのためにも、別の講座にも参加して会計の知識を深めてまいります。

    この度は、ありがとうございました。

  • 男性 30代

    この講座は「数字で財務を語れるようになる講座」でした

    自分自身が財務を理解できるようになるだけでなく、数字を根拠に説得できるようになることは大切だと思い、受講しました。

    価格が変動した場合、販売数が変動した場合、原価が変動した場合、固定費が変動した場合、それぞれのシミュレーションを通して、何がどれだけ利益に貢献したいるのかを客観的にな数字で語るための手引書と言える講座でした。

    すぐに実務で活かしたいと思います。

  • M1

    男性 50代

    この講座は「よくわかる」でした

    図解で視覚的によくわかる説明です。暗記ではなくまず解る。だから思い出しやすい。いい講座です。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています