『ふ く し』を知ろう。障がい者は、かわいそうな人!?

参加して頂くと、これまでの福祉の概念が破壊されることになるかも知れません。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
福祉についての様々な考え方を学びます。私の中に、そしてあなたの中にある福祉に反するモノを知る学びにもなります。
例えば、津久井 やまゆり園の悲劇は、考え方に偏りがあったかも知れない一人の男の人がおこした、あなたや私とは全く別世界の人がやった事件なのでしょうか? 背景にあるものは、何なのでしょうか? その背景にあるものは、私たちと無関係なのでしょうか? そんな事を、御一緒に学んでいきたいと考えています。

<こんなことが出来るようになります>
人々の多様性を当たり前のように受け止め、様々な人の困りごとに寄り添えるようになります。

<こんな風に教えます>
室内の会議室等で、講師が色々な話題を振りますので、それを参加者の方々と一緒に考えていくスタイルです。ドンドン、意見を言ってください。

<持ち物>
特にありませんが、飲み物をお持ちくださるといいかもしれません。
もし、可能であれば画像検索が出来るデバイス、スマートフォン等お持ちになってください。
<定員>
基本 15名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

京王・小田急沿線

価格(税込)

¥1,200

受けたい
3人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

ふくし、学んでみませんか?

成人したダウン症の父親。この子が中一の時、妻を癌で失い、ワンオペでやってきました。
現在は、福祉教育に携わっています。
制度の解説などでは無く、福祉の本質、ひいては人間の本質にかかわる事は無いかと考え続けています。
これまでに解ったことを、是非皆様方と共有したい。その結果として、全ての人がそれぞれの個性を保ったまま一つの社会-salad bowl-を作り上げる一助になりたいと思っています

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    講師の自己紹介 10分程度
    本日学ぶことへの話題提供30分程度
    皆様で、自由に話し合い(アクティブラーニング)60分程度
    計100分程を予定していますが、状況に多少長さが変わることが御座います。
  • こんな方を対象としています

    ふくしに興味のある方なら、どなたも参加できます。注意としては、例えば現行の介護保険の解説のような、制度的なことは取り上げません。(話題として、言及することはあります。)
  • 受講料の説明

    受講料には、資料代と会場費が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    学んでみたい、一緒に考えてみたいという気持ちがあれば十分です。お話をしていただく機会もありますので、水分補給のためのお飲み物をお持ちください。なお、間食もOKです。
    ワンオペでダウン症の次男と暮らしておりますので、この次男が同席しますが講座の進行を妨げることはございませんのので、予めご了承ください。

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています