夜・寝る前に行う、床ストレッチ講座

疲れが取れにくい方!必見!!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
10種類以上のストレッチを体験してもらうため、
ベッド・布団で寝ながらできるセルフストレッチとパートナーストレッチの実践的な効果の出る意識するポイントを教えながら、実践していただきます。

<内容>
◆セルフストレッチ(1人でできるストレッチ)
寝ながら行う腰・お尻周りのストレッチ
・中殿筋ストレッチ
・大殿筋ストレッチ
・脊柱起立筋ストレッチ

長座位で(足を伸ばして)行うストレッチ
・大腿四頭筋ストレッチ(主に大腿直筋)
・ハムストリングスストレッチ(主に半腱様筋・半膜様筋)

四つ這いで行う上肢のストレッチ
・三角筋ストレッチ
・上腕二頭筋ストレッチ
・大胸筋などストレッチ

 
◆パートナーストレッチ
2人1組できるストレッチ法を
上記の筋肉で、より深くストレッチ効果を出すためのポイントを教えます。
=寝ながら行う腰・お尻周りのストレッチ
=長座位で(足を伸ばして)行うストレッチ
=四つ這いで行う上肢のストレッチ


<持ち物>
・動きやすい服装
・水分、タオル
・ヨガマットorバスタオル(床に引くため)

<定員>
基本 10名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

岐阜県内

価格

¥2,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

リハビリ専門職

各務原柔道整復院/院長

理学療法士・柔道整復師の2つの国家資格を取得し、2017年に各務原柔道整復院を開設。

3歳の時、両親の離婚で母がたの実家に引き取られる。
幼少期から体が弱く、病院で全然治らない病を、祖父の治療手技で治してもらった経験則より、5歳の頃から手技で人を治せることに惹かれ医療の道を目指す。

大学卒業後、デイケア・デイサービス・整形外科とリハビリ専門職(PT)として勤務し経験を積むが、どこの職場も時間に追われる治療となることを体験し、医療現場の現実を知る。

治療家として経験を積むにあたり、今の時代、患者の病(慢性疾患)は身体だけでなく、生活環境による習慣も大きく影響していることに気づき、

改めてWHO(世界保健機関)の『健康の定義』を見直すと、健康は『体』だけでなく、『心』・『お金』の問題も潜んでいることを認識し、2016年の1年間だけで医療分野以外のセミナーへ138日(712時間)かけ、新たな学びを取り入れる。各分野の情報を凝縮し、体の治療のみならず、心とお金の問題解決も取り進めている。
+ 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    軽い準備運動をしてから
    最初に、ざっと本日やるストレッチを軽く経験してもらい、

    その後、1つづつ詳しく説明していきます。
    ===
    実践(ストレッチ)をしながら、
    ・どこの筋肉が伸びているのか?
    ・普段どういう状態で使っている筋肉なのか?
    ・効果のないストレッチの仕方との違い
    ・意識するポイント
    などアドバイスしながら、

    全体の進行具合に合わせて進んでいきます。

    (質問も随時受け付けます。)
  • こんな方を対象としています

    ・自分でストレッチをやっても効果が出ない方
    ・どこの筋肉を対象にストレッチをしているのか知りたい方
    ・寝る前に柔軟しようと思うけど、なかなか出来ていない方
    ・体全体のストレッチを知りたい方
    ・よく首や肩がコル方
    ・1日の疲れが取れにくい方
    ・継続してストレッチをやりたい方
    ・できれば簡単にストレッチ効果を出したいと感じている方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    お一人でも、気軽に参加できます。

more

この先生の他の講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています