【成功率90% 以上】プロジェクトマネジメント講座(基礎編)

大小様々なプロジェクトを成功させてきた現役プロジェクトマネージャーが秘訣を伝授。教科書では学べないリアルをお伝えします。

learn

こんなことを学びます

 
■プロジェクトの定義(本講座の概要)

本講座は「難しいシステム開発等のプロジェクトマネジメント講座」ではありません!

チーム(2人以上)で、ある課題解決に取り組み成果を出す。
これ、すべてプロジェクトです。

プロジェクトというと、大規模システムの構築を想像する人が多いかもしれませんが、
身近な仕事を「実行すること」のほとんどがプロジェクトです。

そういった意味では、部下を持つ人はもちろん、
後輩と一緒に仕事を進めるチームリーダも立派なプロジェクトマネージャーと言えます。

仕事の規模関係なく、チームで課題解決に取り組んでいる方であればどなたでも対象となります!


■そもそも「一緒に働きたい!」と思われる、プロジェクトマネージャーとは?

仕事ができる「プロジェクトマネージャー」はプロジェクト完了時にメンバから感謝の言葉をもらうことができます。

・新しいプロジェクトが走るときは、ぜひまた呼んでください!
・一緒に仕事ができて、とても成長できました!
・こんなに活躍できたのも○○さんのおかげです!
・仕事がこんなに楽しかったのは初めてです!
・また一緒に働きたいです!
・打ち上げやりましょう!

メンバからこのような言葉をかけてもらえた時、どんな疲れも吹き飛びます。
そんなプロジェクトマネージャーがどんな行動をしているのか、興味ありませんか?


■人を惹きつけるプロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの力量次第で、プロジェクトの成否が決まるといっても過言ではありません。

プロジェクトを完璧に仕上げる人は、実は一般的なプロマネスキル(タスク管理、スケジュール管理)に加え、
「メンバの心をつかむ!」ことに長けているのです。
そんな人を惹きつけ、メンバから感謝されるワザ!聞いてみたいと思いませんか?

社内、社外で大小様々なプロジェクトで結果をだしている、トッププロジェクトマネージャが「匠の技」大公開です。
「プロジェクトの基本的な進め方」に加え、「メンバの心の惹きつけかた」をリアルに体験することができます!


■プロジェクトのイロイロ

「お客様の課題解決」は、ほとんどすべてがプロジェクトになります。

それ以外でも、

・歓送迎会の幹事(社内イベント)
・業務改善活動
・社内報の企画・発行
・フロア移転の推進
・効率的な会議を検討する

などなど、
何かの課題に対して「解決策を実行」するのがプロジェクトマネジメントなのです。
メンバーの能力を引き出し、課題解決に取り組まれている方であれば身につけておきたい必須スキルです!


■プロジェクトマネージャーの魅力

メンバを輝かせながら、プロジェクトを期日内にスマートに完了させる!
これだけでもう社内で一目置かれることでしょう。

炎上したり、ドロドロになりながら最後は力技で乗り切るといったプロジェクトマネージャとは一線を画し、
余裕を持ち、広い心でメンバに接するリーダーは魅力的に映ること間違いありません。

スマートにプロジェクトを進行し、メンバからも感謝される秘訣を知りたい方、
ぜひトッププロジェクトマネージャと一緒にプロマネ体験してみませんか?

プロジェクト(仕事)の進め方の常識が覆ること間違いなしです!


■講師紹介

園部牧場(株)代表取締役 プロファシリテーター

【勤務先】
園部牧場(株)代表取締役

元大手電機メーカーの業務改革プロジェクトのプロジェクトリーダー(昨年まで・・・)
(全社3,000人の業務改革の企画立案から実行、定着までを推進)

【服装】
原則Vネック

【経歴】
①下積み期(20代)
新卒で経理部に配属。10年間所属し数値のプロフェッショナルになる。

②変身期(30代前半)
数値で事業競争力を強化したい!と思い、クリエイティブ部門の事業計画部へ異動。
予算管理(損益)をメインミッションとし、経営層のサポートを担当。
クリエイター集団に囲まれていたため、発想方法の刺激をシャワーのごとく浴び、クリエイティブ思考が開花。

③成長期(30代後半)
自分は完全にクリエータと勘違いし、損益管理だけでは飽き足らず、様々な「企画」を乱発し始める。
人材開発企画、職場風土改革などに業務を拡大。
社内風土改革プロデューサーと勝手に名乗り始める。

④発展期(40代前半①)
乱発した企画が次々プロジェクト化され、大きな成果が出る。
これまでの経験を世の中に広めるため、経営コンサル、研修講師としても外販デビューし数社手掛ける。

⑤仕上げ期(40代前半②)
300名の事業部の「組織変革プロジェクト」リーダになる。
300名の事業部を将棋の盤上のように俯瞰し、どのように改革するか”企画”する日々を送る。
年間の会議は1000本を超え、過去最大級のプロジェクトをやり抜き営業利益2億円以上の改善に導く。
組織変革コンサルタントとして完全に覚醒する。

⑤完成期(40代中盤)
最年少部長として業務改革推進本部へ異動。
全社3,000人の業務改革プロジェクトリーダになる。
立上げ初期の基盤整備を実施。

⑥独立期(現在)
これら大規模プロジェクトのマネジメント経験をベースに2016年4月独立。
「枠を超えろ!」をモットーとした人材育成・組織変革・風土改革コンサル会社、園部牧場(株)を2016年4月設立。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中 残りわずか

8/30 (木) 7:00PM - 9:30PM

予約の締切り日

8/26(日) 7:00PM まで

参加人数

9/10人

開催場所

JR山手線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、 JR湘南新宿ライン、東京メトロ銀座線、東京メトロ半蔵門線、東京メトロ副都心線、京王井の頭線、東急東横線、東急田園都市線 渋谷駅 徒歩5分
Creator's District 801 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル8階

価格

¥9,800

  • 受付中 残りわずか

    8/30 (木) 7:00PM - 9:30PM

    選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
76人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

「枠、超えよう!」がモットーのポジティブプランナー

新卒でNECマネジメントパートナーに入社

経理部門で10年間下積み後、数値のスペシャリストとして事業計画部門へ異動。
数値の強みを活かして経営(トップ)サポートを担当。

事業計画部門では、損益管理だけでなく、人材開発や組織風土改革までフィールドを広げ、様々なプロジェクトマネジメントを経験。
在籍事業部(300名)の組織変革プロジェクトリーダも経験し、1年間で2億円の営業利益改善に導く。

企画力、プレゼン力、プロマネ力、ファシリテーション力を徹底的に磨き、全社(3,000人)の業務プロセス改革を責任者として推進。

これら大規模プロジェクトのマネジメント経験をベースに2016年4月独立。

「枠を超えろ!」をモットーとした人材育成・組織変革・風土改革コンサル会社、園部牧場(株)を2016年4月設立。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.自己紹介(受講者・講師)・・・15分
    2.プロジェクトで困っている事!の共有・・・25分
    3.プロジェクトマネジメント講座・・・40分
    4.リーダーの条件を考える!・・・20分
    5.リーダーに求められる7つのスキル・・・20分
    6.体験の感想・質疑・・・20分

    途中休憩10分

    2時間半があっという間の「楽しく、タメになる時間」をお届けいたします!
  • こんな方を対象としています

    ・プロジェクトマネジメントの基本を知りたい人。
    ・これからプロジェクトリーダー的な立場になりそうな人
    ・すでにプロジェクト(チーム)リーダと呼ばれている人。
    ・部下を持っている人。
    ・新しいプロジェクトを立ち上げ成功させたい人。
    ・メンバを活躍させる方法を知りたい人。
    ・メンバーのやる気をうまく引き出せない人。
    ・メンバから「一緒に働きたい!」と言ってもらう秘訣を知りたい人。

    などなど、チームで仕事をする機会がある方であれば、どなたでも大歓迎です!
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ラフな格好でお越しください!

review

レビュー

  • 4

  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 3 )

  • 行く価値あり!( 3 )

  • 男性 40代

    この講座は「気づき」でした

    会社で抱える課題は、業界問わず同じということがわかりました。変えるなら今でしょ!

  • 男性

    この講座は「勇気が貰える講座」でした

    課題とやるべき事がわかり、どこに汗をかくべきかを明確にしてくれる講座でした。

  • 女性 40代

    この講座は「プロジェクトマネージャーの役割が理解できる講座」でした

    プロジェクトマネジャーの役割って何なのかかなりぼんやりしていたのですが、かなり明確になりました。
    また、私が考えていたプロジェクトマネジャー像とはかなり違っていました。
    前期、プロマネっぽい役割を担ったのですが、評価できる点より反省点が多かったです。
    今期は、今回習った役割に則って進めてみたいと思います。

  • M2

    男性

    この講座は「絶対に押さえなければいけないところがわかる講座」でした

    プロマネに関する知識は書籍で学べますが、それらの実運用を知るのには、やはり実務者に聞くのが一番です。

  • more

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    最近チェックした講座