文章を書くのは誰のため? プロが実践する「心が伝わる文章術」入門!

仕事にも、私生活にも役立つ「伝える力」のワークショップです。コピーライターとして実践してきた文章術の「一番のポイント」をお伝えします。

learn

こんなことを学びます

☆ 弊社 仕事力セミナーシリーズ「聞く力・つかむ力・伝える力」の「伝える力」編の単発講座です! 
☆このシリーズの単発講座は、どの講座から受講いただいても、楽しんでしただけます。

  ■ 参照:弊社セミナーブログ
   http://www.plapple.jp/category/seminar-blog

貴方が文章を書くのは、何のためでしょう?
それは、「誰かに、何かを、伝えるため」ですよね!

一番大事なことは、その「伝えたい相手」のために書く!ということなんです。

これは、広告・宣伝物のコピーでも、
プロが書く取材記事でも、
個人のブログでも、
仕事連絡をするメールやチャットでも、
「人に伝えるための文章」すべてに共通する事柄なのです。

<こんなことを学びます>
・ 読んでくれる相手に伝わる文章の書き方/考え方
・ 肝心なポイント(伝えたい核心)を、印象的に伝える書き方/考え方

<こんなことが出来るようになります>
・「国語の授業」で染みついた考え方の枠組みを外すきっかけが得られます。
・「書きだし」が重要な理由をご理解いただけます。
・「印象に残す書き方」のポイントをお伝えします。
・ 読み手の心に訴える書き方を心がけられるようになります。

<こんな風に教えます>
・参加いただく皆様の「伝えたいこと」を、文章にしていくために、少人数で実施します。
・オリジナルの「価値の掘り起こしシート」を埋めることで、簡単に短文を作成していただきます。
・その短文を基にヒアリングを行い「より、読み手に響く文章」にする方法を探ります。
・自分の文章から他の人がどのような情報を受け取ることができるか、そして、他の人がどのような点を知りたがっているのか、気づきを得ていただきます。
・講義中、ご質問は随時受け付けています。遠慮なくご質問ください。

<持ち物>
筆記用具をご持参下さい。

<定員>
8~30名
(開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥5,000

受けたい
104人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

お客様を動かす「共感作り」の専門家

20年以上に渡って、日本各地でさまざまな企業・団体に
取材して、ビジネス ニーズの奥深くまでヒアリングし、
企業のブランド育成に貢献する各種コンテンツの企画・
制作を行ってきた経験から、皆様にお伝えします。

=================
【略歴】
2001年11月より日本IBM 大和事業所内 IBMデザインセンター(当時)にて、コピーライターとして勤務。

2005年1月に株式会社電通ワンダーマンに入社し、マイクロソフト株式会社の業務を担当。

2007年4月、WPPマーケティング・コミュニケーションズ株式会社に参加。一貫して、マイクロソフト株式会社を担当し、導入事例記事、Web、製品カタログ、ビデオなど、さまざまなマーケティングツール制作に従事。

2008年に退社後、WPPマーケティング・コミュニケーションズ株式会社との協力関係の下、今日に至る。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    以下、当日の進行想定となります。

    1. 講師自己紹介~オリエンテーリング 15分
    2. 講義:30分
    3. 第1ワーク「あなたの伝えたいものは?」:10分
    4. 第1ワーク振り返り~講義:15分
    5. 第2ワーク-1「ペアになってヒアリング」:10分×2
    6. 第2ワークー2「ヒアリング」を受けて文章をアップデート:20分
    7. 第2ワーク―3 アップデート後の文章を確認:20分
    8. 総括~質疑応答:20分
  • こんな方を対象としています

    人に分かりやすく伝えるための文章力を身に着けるための、初級講座です。
    下記のような方にお勧めします。

    ・プロのライターになりたい方
    ・個人ブログなどで、より多くの読者をつかみたい方
    ・読解力を高めたい方
    ・仕事で、広報・宣伝に携わられている方
    ・社内報の編集・制作に携わられている方
    ・自社Webサイトのコンテンツや広告メールを書かれている方
    ・仕事のメールで、伝達漏れや誤解などが生じないようにしたい方
    ・企画書など、人に何かを説明する書類を作成する機会の多い方
  • 受講料の説明

    ・本受講料は税込みとなります。
    ・領収書が必要な方は、会場にてお申し出ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ☆筆記用具をご持参ください。
    ☆他の参加者を中傷する言動をされた時には、ご退室をお願いすることがあります。
    ☆幼いお子様をお連れのご参加はご遠慮ください。
review

レビュー

  • 8
  • 楽しかった!( 6 )

  • 勉強になった!( 7 )

  • 行く価値あり!( 6 )

  • 女性 30代

    この講座は「自分に足りないものが学べる講座」でした

    具体的に相手がイメージできるように伝えることの重要性を学びました。
    また、文章を作るときに、自分の主観で「これはいらないだろう」とカットしていたことが実は相手に伝える上で重要となることがあることを知りました。
    これからは頭にあることをまずは飾らずにアウトプットしてからまとめてみようと思います。

  • 女性 30代

    この講座は「自分の文章に不足している情報や視点を発見できる講座」でした

    社内広報の仕事を1年間してきましたが、「文章は誰かに何かを伝えるためのもの」という認識が自分の中で徹底されていなかったことに気付かされ、衝撃でした。

    さらに、これまでの自分の文章が全て、無意識の癖の型にはまっていたことを実感。本当に相手のためになる文章に必要な考え方と視点を具体的に学ぶことができました。
    何よりも、ワークの中で自分とは異なる視点から様々な意見や質問をもらえたことで、自分では思いも寄らなかった視点がたくさんあると知れたことが大きな収穫でした。

    相手にきちんと伝わる文章を書きたい方、文章について学び始めたい方におすすめの講座です。

  • 女性 40代

    この講座は「「読み手を思いやる文書を学べる」講座でした。」でした

    なぜ、書くことが苦手なのか?私は目的がわからず書いてることがほとんどでした!
    この講習を受けて、相手目線でよりわかりやすく、まずは書いてみて推考するということを教えて頂きました!
    ワーク楽しかったです!

  • 女性 30代

    この講座は「情報発信の方法について体系的に学ばれたことのない個人事業主の方にオススメしたい講座」でした

    「自らの提供するモノやサービスの質には自信があるが、その価値がお客様には伝わっていない」ことに悩まれている個人事業主の方などに、本講座をおすすめしたいと感じました。
    講座では「価値の掘り起こしシート」を用いて情報発信自身の想いを織り交ぜながらモノやサービスの良さを伝える方法を学ぶことができます。

    佐藤先生は受講者の悩みに誠実に向き合い一緒に解決策を考えてくださる方です。
    価値が伝わらない原因は「聞く力」・「つかむ力」・「伝える力」のどこにあるのかということについて、丁寧に分析の上アドバイスを頂くことができました。

    以下の3つのうち、ご自身の問題はどこにあるでしょうか。そのこと自体が分からずに悩まれている方がいらっしゃるならば、一度佐藤先生とお話をされることをオススメいたします。
    (a)お客様のニーズがどこにあるかを探る
    (b)ニーズを踏まえた上で自らの提供するモノやサービスの強みを整理する
    (c)分かりやすい表現で製作者の想いも織り込みながら伝える

    なお、「伝える力」講座のカリキュラムについては、アカデミック・ライティングの基礎を学んだことのある方にとっては、少し物足りない部分があると感じました。

    全体としては、自らの弱点を明確化することができたという点において、受講して良かったと思います。

  • 女性 30代

    この講座は「文章を書くのは誰のため? プロが実践する「心が伝わる文章術」」でした

    相手に伝わらない自己満足の文章だったことに愕然!!

    集客に悩んでいる人、
    どんな風に商品をアピールしたらよいか考え方の基礎を知りたい人に
    必見です!

    ・相手にとって、何が商品の魅力となるのか?
    ・その根本的な心理の捉え方。
    ・自分はどんなことを伝えていくと相手に響くのか?

    最初は難しかったけど、
    先生が一人一人に対して丁寧に対応してくださったので、
    捉え方のコツをしっかりと学ぶことができました!

    ワークでは、他の参加者ともワイワイできて、とても楽しかったです。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています