【福岡】あがり症・緊張しいの為のスピーチ練習会「キンスピ」

あがり症・緊張克服には絶対かかせない「成功体験」が積める場所

learn

こんなことを学びます


―――キンスピとは?―――


キンスピはあがり症・緊張しいの方が集まり、スピーチの練習をする会です。

あがり症の克服には、成功した体験を積むという事が必要です。

しかし現在手軽にそれを経験できる場がありません。

このキンスピなら、ほどよい緊張感の中でスピーチの成功体験を積むことができます。



↓練習会の目的について
https://www.youtube.com/watch?v=zgRpLyftoiU





―――キンスピ概要―――

●代表 

稗田 友明 (ひえだ ともあき) 

・ビジネス書作家
・メンサ会員(IQ148以上を持つ人の団体)
​・元あがり症



●開催地域
・福岡県福岡市
・熊本県熊本市
・広島県中区



●構成
・登録者40名(17/2/15 現在)
・男女比 男6:女4
・平均年齢 約35歳
・毎回の平均参加者数7名
・初参加の方多数
・全員1人での参加(もちろん、お友達の参加もOK)



●参加費
¥2000~3000(開催地域による)




●練習内容


↓参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=8n_Qxw6rSKU&t=2s



・お互いの悩み共有談話(こんなことで困ってます)

・2分間スピーチ×1人3回

    お題例
     1 自己紹介

     2 あなたの周りのゆるせない話
         参考 人志松本のゆるせない話

     3 初恋の思い出

・本読み(時間が余った場合)

・なりきり先生(時間が余った場合)



​●その他詳細

キンスピHPでご覧ください
※「あがり症 きんすぴ」検索





―――2つの特徴―――


① 少人数

毎回平均6、7名で練習しています。

・人数が多すぎて、緊張が強くなにもできなかた(声が出ないなど)。ということがありません。

・少人数ですので、あなたの話す順番が何度もありとても練習になります。
大勢が集う話し方教室と違い、「人の話を聞くだけで終わった・・・」ということはありません。




② あがり症克服のアドバイスがある

一緒に参加する運営者が元あがり症です。(正確には社会不安障害。あがり症よりもうすこしひどいもの。)ですので、

「あがり症・緊張を克服したいけど、どうしたらいいかわからない・・・。」

という方でも、克服方法について色々知ることができます。






―――初回参加者へプレゼント―――

初参加でキンスピに登録される方には、緊張対策についての冊子を差し上げます。

↓少しだけお見せします

http://www.slideshare.net/TomoakiHieda/ss-66501976





―――最後に―――

5,6万のお金を取るクセに、本やネットに書いてあることしか言えない。
どう考えてもあがり症をバカにしているとしか思えないセミナーが多すぎます。

僕は自力であがり症を克服しました。
その後、計150人以上のあがり症相談も受けてきました。
その結果、そういったセミナーで色んな情報を入れ込むよりも、
さっさと成功体験を繰り返したほうが手っ取り早く克服できる。
という考えに至りました。

「これ以上、あがり症に翻弄される人生を送りたくない」と本気で思うのでしたら、キンスピに参加してください。
同じ悩みをもつ仲間と共に、克服を目指しましょう。


​キンスピ代表 稗田 友明 (ひえだ ともあき)



キンスピでスピーチ練習をしてみたい方は是非ご予約下さい。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

過去に開催した日程一覧

稗田 友明 (ひえだ ともあき) さんの他の講座

teacher

この講座の先生

稗田 友明 (ひえだ ともあき)

IQ148の説明力講師


―――概要―――

1985年 福岡県生まれ Mensa会員(IQ148以上の集まり)

●活動
 ・説明力オンラインスクール 運営
 ・あがり症対策VR動画配信サービス「リアルスピーチ」 運営
 ・あがり症の為... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1 悩み共有タイム     10分
    2 2分間スピーチ×3本ずつ 80分
    3 アンケート       10分
    4 まとめ         5分
  • こんな方を対象としています

    スピーチ・プレゼン・発表の時にあがり症・緊張が出てしまい困っている方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    中止について

    ・練習会の1週間前時点で予約が一定数に達していない場合、練習会は中止いたします。
    ・中止の場合はこちらからその旨ご連絡いたします

review

感想

  • 男性 40代

    この講座は「普段できない実践練習になり、自信が持てました。」でした

    3回、前に出て話す機会がありました。
    私はこの実践練習が1番したかったのですが、会社の本番以外はありません。
    同じ悩みを抱えた方と話せたことも、とても参考になりました。月一で通いたいと思います。
    一度である程度は解消できたみたいです。

  • 女性 40代

    この講座は「また参加します」でした

    今迄で一番参加人数が多く、少人数では出来ないゲーム方式の楽しい講座でした。久しぶりの参加で、しかも参加者が多くて初めは緊張しましたが、他の方の話の内容や趣味などに興味がわき、自分が緊張していた事もすぐに忘れてしまいました。

  • 女性 40代

    この講座は「気楽に考えよう」でした

    キンスピに参加するうちに、段々自信がもてる様になりました。先日は80名程の会議で自ら質問をする事が出来ました。質問してみよう!と思い、即、手を挙げました。先生のアドバイスを元に苦手な事に即決断し行動する事をやってみました!確かに緊張はしましたが少しずつ自分が変わってきたと感じてます。

  • 男性 30代

    この講座は「3回目の講座」でした

    今回の講座で3回目です。人の前で話す恐怖が薄れてきたのを実感してきました。むしろ人前で話す楽しさを感じてきたのかもしれません。

  • 女性 40代

    この講座は「楽しかったです。」でした

    人前で話すのがすごく苦手で緊張して頭が真っ白になったことがきっかけで、こちらの「緊スピ」の講座に参加させて頂きました。
    スピーチの順番が何度もまわってくるので、当然何度も緊張する場面があります。でも、ここでたくさん緊張したことが結果良かったと思います。
    先生から教えてもらったポイントを思い出し、ゆっくり話す事を意識したら緊張せずに人前で話す事がでしました!!
    毎回緊張せずに人前で話せるように、また参加したいと思います。

  • 女性 40代

    この講座は「緊張しても大丈夫」でした

    毎回、異なる趣向で練習するのて色んな場面で役立つと思います。
    受講される方も「あがり症」といっても、症状や立場は千差万別です。でも、同じ悩みをもって克服したいという気持ちは同じなので心強いです。
    お陰で「上手くできなくてもいいやぁー」と思える位になりました。
    講座では、緊張しても落ち込む事は全くなくて、とても楽しいです。

  • 女性 20代

    この講座は「参加して良かった!」でした

    このようなセミナーは初めてで緊張していましたが、先生が気さくな方で色々と親身になって相談に乗って頂き、安心しました。
    私と同じ、あがり症で悩んでいらっしゃる方ともお会いでき、とても勇気づけられました。
    セミナーの内容は、スピーチ、朗読、先生の疑似体験でした。
    なかなか誰かの前に立って話すという機会がない私には貴重な体験となりました。
    朗読や先生の体験も、普段できないような体験でしたし、楽しんで練習できました。
    スピーチでは、動画も撮って頂き自分の話している姿を見る事もできたので、改善点も新たに発見する事ができました。
    人前で話すのって意外に楽しいんだなと思う事もできましたし、気持ちが少し楽になりました。
    またぜひ参加させて頂きたいです。
    あがり症で悩まれている方にはぜひおすすめの講座です!

  • 男性 30代

    この講座は「緊スピ最高です!」でした

    人前であまり話す機会のない私には、非常に役に立ちました。お題を頂き、その内容を考え話す講座、またボードを自身が使って先生と生徒のように話す講座、色んな事を学びました。また次回も参加したいです。

  • 男性 30代

    この講座は「非常にタメになりました。」でした

    このようなスクールに初めて参加しました。大変勇気は入りましたが、いざ現地で先生とお会いすると、とても気さくな方で、受講者の気持ちをしっかり聞いてアドバイスをして頂けました。受講の内容に関しても、求めていたことを先生がセッティングして頂き、参加して良かったなと感じます。これからも先生のスクールには積極的に参加して行きます。

  • 女性 30代

    この講座は「発表練習体験」でした

    前に出て発表することが苦手で参加しました。講師の方もですが、他の参加者の方もとてもフレンドリーな方々で安心しました。自分の発表の姿をビデオで確認したりできます。