水産物の風味のサイエンス&世界の珍しい食材

水産物のおいしさとその周辺を化学的な視点から紹介します。加えて世界の食材についても紹介します。

こんなことを学びます

「水産物の風味やうまさがどのような仕組みの上に成り立っているか」との大きなタイトルを掲げ、項目ごとに分類された小テーマに従って図解やイラストを交えメカニズムについてご紹介します。昨今「魚食」が強く意識される中、水産物をよりおいしく安全に頂けるべくバックグランドとなる知識をもつことは重要です。そこで一般の方々にも日常の魚食生活への理解をサイエンス的に深めることをお勧めします。解説内容項目は「魚の死後の変化」「鮮度」、また「水環境」などについてであり事前に作成した資料を配布します。その他にかつて演者が研究してきた水産物の生ぐさい成分の起源についても解説します。

 続いて世界の食材について、農業生産法人モトキバイオファームより「カーシャ」(ロシアでもソバは食べられますが実はヌードルではありません)、珍しい種類のミント茶など、世界の食文化の紹介を楽しく解説します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

茨城県内

価格(税込)

¥1,100

受けたい
0人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

生産法人顧問・食生活アドバイザー 博士(農学)

海は生命の源。海の生き物をシーフードとして利用し、その恩恵を受けているわたしたち日本人です。勿論海のみならず河川湖沼など水郷の幸もそうです。毎日の食生活を見わたしただけでも水産物や水産加工品が実に豊富です。そしてこれらをおいしく味わい、栄養成分を享受しかつ四季の風情までをも堪能しています。ここではそのような魚介類の美味しさや風味に関するサイエンスの一端をご紹介します。魚のにおいといえば生臭さですが、対応する物質があります。味・うま味もそうです。そして噛んだときの歯ごたえも変化し魚によってまちまちです。水産魚類に関する研究経験を背景に、水産物の美味しさや鮮度などに関するサエンス的な知識を直感的に、より細やかに、かつビジュアルに解説します。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

     13時開始16時くらいまで。
     水産物のもつ、おいしさ風味、鮮度、加工法、健康志向などに関する化学成分的な解説を中心に噛み砕いて説明していきます(当日は資料を配布します)。
    • こんな方を対象としています

      水産魚介類や一般の魚の好きな方、魚の風味、水産食品に興味のある方、生き物としての魚の環境適応に関心のある方、学生、高校生、主婦など魚食とサイエンスに、食文化に関心の高い方。世界の食材や食文化に関心のある方、今後食べてみたい方。
    • 受講料の説明

      資料レジメ、試食品
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      会場の近くに駐車場があります(徒歩で5分程度)ので車でアクセスできます。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?