裂き織り 『風呂敷ハンドル作り』ワークショップ

布を裂いていただき、卓上のはた織り機を使い織りあげていきます。

こんなことを学びます

裂き織りの歴史は江戸時代までさかのぼります。
繊維がまだ貴重だった時代、布を最後まで使い切り、新しい物へと蘇らせる技法として広く行われてきました。

そんな遠い昔の先人の知恵に思いを馳せながら楽しむ手仕事のワークショップです。

布を裂いていただき、卓上のはた織り機を使い織りあげていきます。

単色で渋めに仕上げるも良し、カラフルに模様を織り込んでも良し。
これ1本あれば風呂敷に限らず、様々な布がバッグに早変わりです。
幅がありますのです肩掛けにも最適で、お子様にも使用していただけます。
ぜひご参加ください。

日時:2月24日(土)
①10:30~12:30
②13:00~15:00

参加費:¥5,292 ※柿渋染めの風呂敷付き

持ち物:裂いて使いたい布があればお持ちください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

横浜・みなとみらい

価格(税込)

¥5,292

受けたい
3人が受けたい登録しています

この講座の先生

濱口 さえこのプロフィール写真
手仕事職人です。

濱口 さえこ

植物専門の出版社勤務などを経て、
千葉で小屋暮らしはじめたことをきっかけに
草木の力を借りたものづくりをはじめました。
今は主にヘリンボーン柄の裂き織りバッグなどをつくっています。

この講座の主催団体

この主催団体の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?