笑いが絶えない住まい選び

賃貸なのか持家なのか?人口減少で不動産が負債になる時代の正解が学べます

learn

こんなことを学びます

・家族が増えて手狭になったから

・家賃がもったいないから

・持家は資産になるから

よくある家を買いたくなった動機です。

でも、手狭になっただけだったら、広い賃貸に住み替えればいいはずです。

これから2050年にかけて、日本の人口は3,300万人も減ると国土交通省が試算しています。

空き家も増えて売るに売れない「負動産」がますます増える時代です。
「家賃がもったいない」といってやみくもに買ったところで果たしてほんとうに資産になるのか、怪しいと思いませんか?

「金利が低い今が買い時」「消費税が上がる前に」「他の人に買われる前に」

ノルマを達成するために煽り続けるだけの不動産会社やハウスメーカーの営業マンに、疲れながら探している人が後を絶ちません。

「そのまま今の家に住み続ける」という提案もできるのが、プロです。

9割が知らずに買っている不動産の真実をわかりやすく伝え、家を探しすべての人が正しい情報のもと、最適な判断をしていただきたいです。


目に見えない条件を大切にしたい方

「駅徒歩10分以内」「3LDK」「南向き」などの条件に目が行きがちですが、
実は住まい選びも結婚相手を選ぶのと同様に、目に見えないことのほうがたいせつだったりします。

もしも結婚した後に、職業も年収も身長も条件を満たしているのに、酒乱だったことがわかったらどう思いますか?

見に見える条件はすべて満たして買った家が、住んでみたら地震でひどく揺れたり、荒れている学区だったら困りますね。

実は、当方に家を買った後で相談に来られる方の多くが、こうした目に見えない条件でお悩みなんです。

結婚相手も住宅も適切なマッチングが大切です。特に目に見えない条件を重視すれば、必ず幸せな住み替えができます。


9割は洗脳されて家を買っています!

「契約をしたが、とても支払える金額ではない。どうしたら良いか・・・」というご相談も非常に多く寄せられています。「後になって考えると、あの時どうしてあんなに欲しかったのか、よくわからない。」というお話も多いです。実は、住宅というのはとても洗脳されやすい商品なんです。

「同じものが二つと無い」ことを武器に、営業マンはとかく契約を急がせます。

「ローンキャンセルで出たばかり。今がチャンスです。」

「先ほどご覧になられたご家族も、とても気に入っておられました。」

「ご検討中に無くなってしまうといけないから、とりあえず手付金だけでも入れましょう。」

また、現在賃貸に住んでいる人からすると、モデルルームや住宅展示場の家、ネットで問い合わせた物件もすべて、設備や仕様が魅力的にみえることがほとんどですから、「買ったらこんな素敵な暮らしができる」というイメージがしやすいため、商品の中ではとても売りやすいといわれています。

実際、平均の見学物件数は2~3件というデータからも、高額商品にしては非常に少ない見学件数で購入している状況がわかります。洋服だってショッピングモール内を歩き回って、いくつも試着してから買うのですから、人生でいちばん大きなお買い物の住宅だって「ウインドウショッピング」をしながら、じっくり選んでもきっと遅くは無いと思います。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥3,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

山田 剛司のプロフィール写真
住まい選びの総合医
山田 剛司

社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会 代表理事。

大学時代は野宿をしながら東京から京都まで2週間かけて歩いたり、環境省のアルバイトで毎年夏の1か月間、 富士山頂をはじめとした全国の国立公園に滞在してゴミ拾いをする。

卒業後は東京都および横浜市で10年間、公務に従事して都市計画部局を歴任。 その後東京と鎌倉の資産運用会社で6年間、勤務をして日本人にとって不動産は資産の大部分を占めるものであり、 適正な取得と管理の重要性を実感する。

その最中の2011年3月、東日本大震災で多くの不動産が災害に見舞われた現場を目の当たりにした際、「まさかこんなことになるなんて。」という住民の方々の言葉に、地盤の強弱や災害リスクといった不動産選びの際の基本的な知識や情報が欠落している中で、購入可否の判断がされている状況に愕然とする。

そこで、これまでの公務と民間の経験を活かし、正しい不動産知識を普及啓もうをする必要性を痛切に感じて、社団法人設立に至り今回、四期目の活動に入る。

活動の柱である個人向けの不動産相談やセミナーは、住み替えを適切な好評を博し、週末は数か月先まで予約が埋まっている状況。

この講座の主催団体

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    9割以上の人が知らずに契約していて、「知っていれば契約しなかった!」という不動産の真実をわかりやすくお伝えするとともに、適正な住まい選びで予防できる人生の7大リスクについてもお話します。

    人生の3大支出のひとつに数えられる不動産。それを網羅するセミナーを開催することになりました。

    もちろん、住宅ローンのことやライフプラン、お子様の教育資金についても納得できる情報をご提供できると思います。

    時間は60~90分程度を予定しております。

    【こんなことをお話します】

    「自宅が欲しいけど、失敗したくないし・・」

    ・賃貸と持ち家、戸建とマンションどっちがお得?

    ・都心?郊外?場所はどこがお買い得?

    ・資産になるはずの家が負債になる!?

    ・住宅ローンはどこから借りるべき?

    ・ご存知ですか?持家2つのタイプ

    恋愛相手タイプの「負動産」=イケメンで楽しいけれど、将来売れない貸せない

    結婚相手タイプの「富動産」=今が楽しいのはもちろんで、かつ売れたり貸せたり、老後までしっかり頼りになる人生パートナー

    ・目に見える条件以上に、見えない条件をたいせつに

    ・9割は洗脳されて家を買っている


    住まいを探している方もまだ考え始めたばかりの方も、幅広い層の方が集まって和やかにお茶をいただきながらのざっくばらんな会です。住まいを探しはじめたばかりの方も「いざ」というときのためにお気軽にご参加ください。
  • こんな方を対象としています

    ・目に見える条件以上に重要な目に見えない情報を知りたい方

    駅距離や間取り以外に、安全性や治安などの住んだ後に困ることが予防できます


    ・持家の2つのタイプを知りたい方

    恋愛相手タイプの「負動産」=イケメンで楽しいけれど、将来売れない貸せない

    結婚相手タイプの「富動産」=今が楽しいのはもちろんで、かつ売れたり貸せたり、老後までしっかり頼りになる人生パートナー
  • 受講料の説明

    飲み物代、教材費
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    小さなお子様連れも歓迎の、とても和やかな雰囲気の講座です。どなたでも気兼ねなくお越しください。

more

この主催団体の他の講座

2

開催リクエスト受付中

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています