お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

西洋美術のミカタとヒミツ☆国立西洋美術館 常設展19世紀 印象派

対面 オンライン

プロのガイドが教える美術講座!世界でも注目される国立西洋美術館のコレクションから印象派ほか19世紀の西洋美術を解説します。

こんなことを学びます

*過去開催のサンプル動画「クリムト展 解説」の様子です*
https://youtu.be/YPTMRjJDuqY


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
国立西洋美術館 常設コレクション 19世紀 印象派ほか
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
東京・上野の国立西洋美術館は世界に誇る印象派の作品が保管されています。
モネやルノワール、ロダンなど日本美術から影響を受けた作品が並びます。
今回はこの印象派のコレクションを中心に19世紀の西洋美術の流れに沿ってコレクションを解説します。
美術が全くの初心者でも十分楽しめる内容です。「この作品はなんだろう」という疑問が解決します。今まで以上に美術館を身近に感じることができます。

常設展は予約不要。入館料500円で鑑賞できます。国立西洋美術館は10/19以降2022年春まで休館するので、ぜひこの機会に学んで鑑賞に役立ててください。

この講座が終わったら美術鑑賞が楽しくなること間違いなし!

【扱う時代と画家(一部)】
・ロマン主義:ドラクロワ
・バルビゾン派:ミレー、コロー
・写実主義:クールベ、マネ
・印象派:モネ、ルノワール、モリゾ
・ポスト印象派:セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ロダン
・象徴主義:モロー、ロセッティ、ミレイ
・ナビ派:ボナール、ドニ


※講座の後にご希望の方と常設展を見学します。
美術館内では解説はありませんので、ご了承ください。
常設展の入場料500円は別途必要です。


☆☆☆「旬の美術展から学ぶ!西洋美術のミカタとヒミツ☆」概要☆☆☆

西洋美術の歴史をギリシャ時代から19世紀まで体系的に学ぶ大人気講座
「美術館が楽しくなる!西洋美術史基礎講座 ギリシャ時代〜ポスト印象派」
https://www.street-academy.com/myclass/32160

基礎講座だけで語れない内容を、今旬の美術展を中心に解説します。
西洋美術史基礎講座と同日開催!
なので、1日で美術をより深く知ることができます。
1日の講座で美術館がより楽しくなります。


【予定(仮)】
(済)4/17:ナショナルギャラリー展 前半(物語)
(済)5/15:ナショナルギャラリー展 後半(肖像画、風景画、静物画)
(済)6月:国立西洋美術館 常設展 前半(〜18世紀)
(済)7月:ギリシャ神話 神様編
(済)8月:美術で見る新約聖書の物語
(今回)9月:国立西洋美術館 常設展 後半(19世紀)
10月:カラヴァッジョ展(国立新美術館)
11月:美術で見る旧約聖書の物語
12月:ギリシャ神話 英雄編


【その他の講座】
◯一番やさしい美術講座♡初心者のための西洋美術入門
https://www.street-academy.com/myclass/46870
毎回よく登場する画題を取り上げてわかりやすく解説します。


◯西洋美術史基礎講座ギリシャ=ローマ時代〜ポスト印象派 全12回
https://www.street-academy.com/myclass/32160
西洋美術の歴史をギリシャ時代から19世紀末ゴッホに代表される「ポスト印象派」まで体系的に学びます。


◯プロのガイドが案内!フィレンツェ名所で学ぶルネサンス☆
https://www.street-academy.com/myclass/31118
イタリアの人気都市フィレンツェ。ルネサンスが花開いた街として世界中から愛されています。フィレンツェを知り尽くした公認ガイドが案内します。


◯ロンドンナショナルギャラリー展解説!美術展から学ぶ西洋美術史講座☆
https://www.street-academy.com/myclass/88017
2020年待望の美術展「ロンドンナショナルギャラリー展」をプロのガイドが1時間でギュッと解説!名作に隠されたヒミツがわかります。


◯シンボリズムから紐解く☆ルネサンスとタロット
https://www.street-academy.com/myclass/35929
美術を理解するのに必須のシンボルとアトリビュート。タロットカードを使いながらシンボルとルネサンス哲学の関連を紐解いていきます。




【オンライン&教室同時開催です】
◯オンラインはZoomというアプリを使用します。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

講師からリンクを送ります。
事前にアプリケーションのダウンロードをお願いします。
パソコン、スマホどちらでも受講が可能です。
画面を共有しながら解説します。

お家だと家事育児等で席を離れることがあると思いますので、
受講者の方限定で1週間程度、講座の動画をご覧いただけます。

資料はPDFで配布します。


◯教室開催の注意事項
・マスクの着用をお願いします。
・講師もマスクを着用して講義します。
・入室時に手指のアルコール消毒をお願いします。
・当日37.5度以上の熱がある方はご来場をお控えください。
キャンセル対応、もしくはオンライン受講に変更させていただきます。
・席数を減らして対応しています。
・30分ごとに数分の換気を行います。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥7,500

受けたい
103人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥7,500
場所 渋谷・恵比寿

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥7,500

この講座の先生

フィレンツェ公認観光ガイドによる西洋美術史講座

フィレンツェで2017年にイタリア政府公認観光ガイドの資格を取得しました。

外資系メーカーで人もうらやむようなキャリアを築いてなんの不足もなかった37歳の時、急に天啓のように「トスカーナの風に吹かれたい!」と思って会社を辞めてイタリアに留学しました。

全く知らない土地、知らない言葉…そんな中、留学3年でイタリア人でも難関と言われる観光ガイドの資格をとりました。観光ガイドはいわば美術の専門家。普通に見るだけでは知ることができない美術に隠された秘密を知ることができます。そして美術に隠された秘密はタロットと共通していることを知りました。

美術作品がただ美しくて魅了されていたところから、そこに隠された意味を知った時、感動して見方がまったく変わりました。私が味わった美術の本当の感動を、講座を通して一緒に味わっていただけたらと思います。


略歴:
2000年 京都大学法学部 卒業
2011年 京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コース卒業 学芸員資格取得
2017年 イタリア政府公認フィレンツェ観光ガイド資格取得
2017年より東京で美術史講座を開催。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    座学で旬の美術展を中心に西洋美術を学びます。
    書き込みをされる方はお手元に資料をお持ちください。

    【予定(仮)】
    (済)4/17:ナショナルギャラリー展 前半(物語)
    (済)5/15:ナショナルギャラリー展 後半(肖像画、風景画、静物画)
    (済)6月:国立西洋美術館 常設展 前半(〜18世紀)
    (済)7月:ギリシャ神話 神様編
    (済)8月:美術で見る新約聖書の物語
    (今回)9月:国立西洋美術館 常設展 後半(19世紀)
    10月:カラヴァッジョ展(国立新美術館)
    11月:美術で見る旧約聖書の物語
    12月:ギリシャ神話 英雄編
    • こんな方を対象としています

      ・美術館が好きな人
      ・美術展は欠かさずチェックしている人
      ・美術を見てもっと意味を知りたい!と思っている人
      ・オーディオガイドを借りる人
      ・美術展で図録を買う人
      ・海外の美術館に行く人
      ・美術史に興味がある人
      ・「怖い絵」展が楽しかった人
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      美術館ではなく教室またはオンラインでの受講です。


      教室またはオンラインでの受講です。
      オンラインで受講の方は事前にZoomのダウンロードをお願いします。
      https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

      資料はPDFで前日に配布します。

      教室でご受講の方は以下コロナ対策にご協力ください。
      ・マスクの着用をお願いします。
      ・講師もマスクを着用して講義します。
      ・入室時に手指のアルコール消毒をお願いします。
      ・当日37.5度以上の熱がある方はご来場をお控えください。
      キャンセル対応、もしくはオンライン受講に変更させていただきます。
      ・席数を減らして対応しています。
      ・30分ごとに数分の換気を行います。
      ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー19

    • 楽しかった!( 13 )
    • 勉強になった!( 14 )
    • 行く価値あり!( 14 )
  • M2

    男性 50代

    この講座は「どんな質問にも応えて下さる先生」でした

    西洋美術は、広大で過ぎて、つかみ所の無い印象でした。
    その絵を誰が発注して、誰に見せる事を目的に、何を言いたいのか、等を教えてもらい納得。
    低レベルの質問にも、応えて下さって感謝です。
    先生の関西人のノリで、楽しい雰囲気のなか、受講出来ました。

  • M2

    男性 40代

    この講座は「西洋美術と新約聖書の関連性や象徴や社会的背景などを一挙に知ることのできる講座」でした

    加藤先生楽しい講座有難うございました!
    ・イコンで神を表現するのが正教会、カトリックは聖書の教えを説き、プロテスタントは偶像を禁止。
    ・閉じられた庭や星などにより聖母マリアのXXXを示す。手はXXを示している。
    ・絵のXXXが小さく描かれていることがある。
    ・ヘロデ王の時代に虐殺された子供は最初のXXX。
    ・人数の多い絵は、XXだった。
    ・生まれたイエス様が地面に置かれている理由は?
    ・フィレンツェで税制改革を行っていたころに描かれた絵は、税金を払うことについてのイエス様と魚とコインの問答の絵に反映されている。(時代背景の反映)
    ・ゴシック時代の絵画は、表情が分かりにくいが様子や動きで何をしているのかが判定できる。
    ・12弟子の中の裏切り者であるユダを象徴するもの、ペトロを象徴する物は(絵画内の持ち物で誰かが分かる)?
    ・赤や紫や火が示すものは?
    ・マグダラのマリア・聖母マリアのいる定位置は?
    ・天国・地獄・辺獄も描かれている事が多い。行いをただす事の大切さを強調。
    ・少しでも遠近法であればXXXの絵。円形のデザインが特徴。
    ・蛇・龍はXの象徴。

  • W2

    女性 50代

    この講座は「旬の美術展から学ぶ!西洋美術のミカタとヒミツ☆名画で学ぶ新約聖書」でした

    美術館にはヨーロッパに旅行に行った時には必ず行っていますが、宗教絵画はどれも同じように見えて、ほとんど見てきませんでした。一度宗教美術のことを勉強してから見たいなと思っていたので、今日の講座はとても面白かったです。今度は美術館に行った時に絵の見方が変わると思います。ありがとうございました。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「映像化されたギリシャ神話を楽しめる講座」でした

    本来は「ギリシャ神話を題材とした西洋美術の講座」なのですが、「映像化されたギリシャ神話を楽しむ講座」にしてしました。申し訳ありません。しかし逆に西洋美術から見ると、ギリシャ神話が西洋美術に、いかに多くの題材を与えたかもよく理解できました。次回も楽しみにしています。

  • W2

    女性 50代

    この講座は「楽しみながら学べる講座」でした

    以前参加した講座がとても面白かったので今回も楽しみにしていました。今回も個人的に調べていた事柄につながる発見があって、受講してよかったと思いました。ギリシャ神話や聖書と美術を自力で関連付けていくのは難しいので、こういった講座があるのはとても嬉しいです。他の講座もぜひ受講したいです。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?