【ザ・プレゼン道場】PRESENTATION×COMMUNITY

ゴルフ雑誌を読むだけではゴルフは上達しないように、勉強ばかりじゃプレゼンはうまくなりません!何回も実践を重ねて、プレゼン力アップしましょう!

learn

こんなことを学びます


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ショートプレゼンをご希望のリピーターの方は、

申し込み時にメッセージ欄にご記入ください。

ショートプレゼン希望者多数の場合は、

申し込み順に先着2名までといたします。

*7月20日の回のショートプレゼン枠は満席となりました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



<プレゼン力を上げるために必要なモノって?>


「ロジカル・シンキング」

「ストーリー・テリング」

「インプレッション・マネジメント」   etc...


はい、確かにこれらは大切です。

だからこそ、このようなスキルを学ぶ場はたくさんあるわけです。



でも、「学ぶこと」と同様に大切なのに、忘れがちなことがあります。

それは、実際に上記のようなスキルを使って「練習すること」です。



ゴルフだって、雑誌やテレビで学んだことを元に、

実際にラウンドしたり練習場で球を打つから上達するわけですよね?



それをプレゼンに置き換えると、

今の日本には「プレゼンを学べる場」はたくさんあるのに、

「プレゼンを練習する場」が圧倒的に少ない。

だから、「練習の場」をつくりました!



PRESENTATION×COMMUNITYでは、

これを知っているだけで10倍伝わる「プレゼンの型(かた)」をサクッと学んで、

その後実際に、「プレゼンづくり」と「プレゼン発表」を練習していただきます!




<【ザ・プレゼン道場】PRESENTATION × COMMUNITYって?>


“人生の質”は“プレゼンの質”で決まります。

ビジネスにせよプライベートにせよ、人生はプレゼンの連続だからです。

連続するプレゼンで選ばれるか選ばれないか、

それによって人生の行方が大きく変わります。



PRESENTATION × COMMUNITYの目的は「プレゼン力の向上」です。

参加者の皆さんは定期的かつ継続的にプレゼンを行うことで、

着実にプレゼン力をアップさせることができます。

プレゼン力をアップすることで人の心を動かせるようになれば、

ビジネスでもプライベートでも、自分の望む方向へ進める可能性が高まります。



また、参加者同士のプレゼンはお互いの交流に直結しますので、

自然と関係が深まり、人脈が広がります。

参加者層は、営業部門や企画部門の新人ビジネスパーソンから

ベンチャーや中小企業の経営者、大企業のマネジャークラスまで多岐に渡ります。

そんな幅広い人脈がつくれるのも、

PRESENTATION × COMMUNITYの魅力の1つです。



プレゼン力を高めたい方はもちろんのこと、

最近、会社以外の付き合いがない方にもぴったりな“ 3rd Place ”です。

ご関心ある方は、ぜひお気軽にご参加ください!



☆ リピートメンバーの方は、実践的なショートプレゼンを行うことができます
☆ ショートプレゼンには、参加者および主催者よりフィードバックがあります




<【ザ・プレゼン道場】PRESENTATION × COMMUNITY 概要>

■ 目的
 プレゼンテーション力の向上

■ 持物
 筆記用具、ノート、名刺

■ 交流会
 講座終了後、ざっくばらんなランチ会を行います。(任意参加)

# 高橋恵一郎
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

7月20日(土)

11:00 - 14:00

東京 / 新宿・代々木

予約締切日時

7月17日(水) 11:00 まで

参加人数

6/10人

開催場所

JR 新宿駅 徒歩10分
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル9階

価格(税込)

¥5,400

  • 受付中

    7月20日(土)

    11:00 - 14:00

    東京 /新宿・代々木

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
1142人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

髙橋 惠一郎のプロフィール写真
髙橋 惠一郎
  • 2954人
  • 492回
プレゼンテーション・プロデューサー

PRESENTATION PLANNING
プレゼンテーション・プロデューサー

日本プレゼンテーションデザイン協会
代表理事

2003年に早稲田大学教育学部理学科を卒業後、日立製作所に入社。官公庁をクライアントとしたシステム営業に従事する。その後、金融機関での営業企画や教育系ベンチャーでの新規事業企画を経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップにコアメンバーとして参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、事業責任者として戦略立案および推進を行う。

2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立。プレゼンの内容づくりや資料デザイン、伝達技術まで、プレゼンに関するトータルなコンサルティングを手掛ける。これまでに、年商数億円から数兆円規模の大企業、中小企業において、新社会人から経営者クラスまで幅広い層を対象とした指導実績がある。自身の、様々な成功&失敗体験を通じて構築した、表面的でない本質的なプレゼンメソッドが売り。

著書に『いちばんやさしい資料作成&プレゼンの教本』(インプレス)。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    11:00 イントロダクション

    11:10 参加者自己紹介

    11:30 プレゼン講義

    12:00 プレゼンワーク

    13:00 ショートプレゼン

    14:00 終了 ~ ランチ会スタート

    *参加者人数により、終了時間が多少前後します
  • こんな方を対象としています

    ・人前で話すことに苦手意識がある方

    ・うまくプレゼンテーションしたい方

    ・自分の夢を熱く語りたい方

    ・TEDみたいなプレゼンをしたい方

    ・自宅と会社の往復人生になっている方

    *継続的なご参加をオススメしていますが、単発でのご参加も大歓迎です!
  • 受講料の説明

    参加費には、講座に関する全ての費用が含まれます。

    ランチ会にご参加の場合は、別途ランチ代が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講座中に撮影した写真や動画を、WEB上に掲載させていただく場合があります。

    気楽にカジュアルな格好でいらしてください。

    ネットワークビジネスや宗教の勧誘目的の方はご遠慮ください。
review

レビュー

  • 305
  • 楽しかった!( 192 )

  • 勉強になった!( 236 )

  • 行く価値あり!( 222 )

  • 男性 30代

    この講座は「プレゼンを実践する最初の一歩」でした

    プレゼンに漠然とした苦手意識がありましたが、講座を受講して実践あるのみ、と思わせてくれました。
    何事もプロから学ぶべきだと感じました

  • 女性 40代

    この講座は「アドリブ力が鍛えられる、トレーニングの場」でした

    この講座は、アドリブ力が鍛えられます。

    その場で考えたプレゼンを
    受講者グループ内で発表し合うのですが
    アドリブが苦手な私は、少し苦労しました。
    だからこそ訓練を積んで、
    涼しい顔でプレゼンできるようになりたい!!

    こういった訓練は、ひとりではできませんので
    講座に参加した意味がありました。
    先生が「プレゼンの練習は筋トレと一緒」とおっしゃっていました。
    そのお言葉を信じて、場数を踏もうと思います。

    ここまで読んで「私もアドリブが苦手だから参加するのは気が引ける」
    と思った方、ご安心ください!
    講座の雰囲気は、明るくてとても居心地がいいので
    できないことがあっても恥になりません。
    髙橋先生にも質問しやすいです。

    髙橋先生は当然ながらプレゼン上手でいらっしゃいますので
    お手本プレゼンを間近で拝見できることにも参加する意味を感じます。

    「人生の質はプレゼンの質で決まる」
    その通りだな、と思いました。

  • 女性 20代

    この講座は「ファビュラス」でした

    ポイントがわかりやすく、明日からすぐ活用できる、ワークが多くて飽きない!
    なにより先生のプレゼンから学ぶことの多さに圧倒されます。受けてよかった!ありがとうございました!

  • M2

    男性 30代

    この講座は「基礎から学びたい人におすすめ」でした

    プレゼンテーションを体系立てて学ぶ場として非常に学びがある講座でした。

    何を意識すれば良いのかをしっかりと学べるからこそ、苦手意識を持っている人はプレゼンがうまくなるきっかけをつかめると思います。

  • 女性 30代

    この講座は「実践練習ができる講座」でした

    同じ話の内容を話していても、構成をきちんと作ることによって、話し手、聞き手の双方で、伝えやすく、伝わりやすくなるということを、練習を通して感じました。先生の話し方を聞いているだけで学びが多かったです。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています