初心者のための英文ビジネスEメール簡単作成入門 (その1:基礎編)

今日から使える基本とコツ。 海外とのやり取りに必須の英語Eメールの実践的な書き方が学べます!今回は基本を確認する基礎編です。

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    5
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

経済のグローバル化によって、海外との取引ややり取りが増えています。 
それに従って、英語での文書のやり取り、特に英語でのEメールがは避けては通れません。 

今まで日本語でメールはやり取りできるけど、英語のメールは苦手、だれか英語の得意な人に代わりにやってもらって、という人も多いかと思います。 でも英語のEメールであっても、基本と表現パターンをおさえてしまえば、日本語より簡単かも知れません。

この講座は、いままで英語のEメールは書いたことがない人、書いていても、本当にこんな書き方でいいのかな、という人におすすめの基本から実践的な表現まで学べる内容で、これまで企業や団体で開催してきた実績があります。

<予定項目>
     ・英文Eメールの構成
     ・英文ビジネスEメールの基本ルール
     ・英文ビジネスEメールでの決まり文句
     ・日本語のEメールと英語のEメールの違い
     ・英文Eメールでの省略語
     ・目的別英文Eメールの書き方

<予定内容>
     スライドでの説明、資料に加えて、実際にEメール作成する演習

この講座の先生

清兼 義弘

ビジネスも I T も分かる英語講師

米国大学院修了後、米国大手コンピュータメーカの日本法人にてソフトウェア製品開発、マーケティングなどを担当し、米国本社との交渉や海外での各種会議の参加、海外からの講演者を招いたシンポジウムなどの企画運営に携わる。2002年以来、英語、IT関連の講座の講師、大学の主席研究員、企業の英語教育コンサル...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

当日の流れとタイムスケジュール

内容と時間配分 120分

あいさつ、自己紹介    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (3分)
       
1.英文ビジネスeメールの基本   ・・・・・・・・・・・・・ (5分) 
 – 正しく伝えるための心がまえ
 – 日本語eメールとの共通点と相違点
2.eメールの基本構成   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (10分)
 – eメール全体の構成
 – 本文を構成する3つのパート
 – 書くためのステップ
 
3.基本フレーズの活用   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (15分) 
 – 件名の書き方
 – トピック別基本パターン(要求、依頼、謝罪、etc.)
 – フレーズの使い分け
 – 日本語表現は英語ではどう書くか
      <演習問題-1> 実際に書いてみる・・・・ (25分)
       休憩                   ・・・・ (5分 )
4.書く際の留意点  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (10分)
 – シンプルに書く
 – 読みやすいように書く
 – 誤解されないように書く
     <演習問題-2> 目的別のeメール ・・・・・ (25分)
           
5.まとめ   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (2分)
 – 10の基本ルール    
6.Q&A ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (15分)
7.アンケート記入  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (5分)
    

こんな方を対象としています

仕事で英文Eメールを書く必要に迫られた方。 現在は、取りあえず英語でEメールをやり取りしているが、自分の書き方が本当にこれでいいのか不安な方。 この際、英文ビジネスEメールの基本を押さえておきたい方。

受講料の説明

参加費は、レッスン代と教材費のみが含まれます。 場所によっては、教室の費用など、追加で実費をいただく場合があります(500円程度)。

受講する際は以下をお読み下さい

筆記具をお持ちください。
英和和英辞典、または、電子辞書、タブレットがあればご用意ください。
(スマホや携帯で辞書を検索されても構いません。)

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 3,000

この講座の関連ツイート

Page Top