日常に活きる自己表現・感情解放 初めての方大歓迎演劇ワークショップ

演じる、の入り口【ENTRY ACT】の、日常生活やビジネスシーンのための、より良い明日に繋がるワークショップ

learn

こんなことを学びます

演劇=敷居が高い
難しそう・・・
自分にはできない・・・
と思われがちですが、
実はあなたの日常生活に密接しています。



演技は決して「何か特別な力」が必要なものではありません。

その証拠に、

家族に見せる自分
職場の同僚に見せる自分
恋人に見せる自分
ひとりでいるときの自分

はそれぞれ違うはずです。



でも、どんなあなたもあなたです。

そう!
知らず知らず、あなたも「演技」しながら毎日の生活を送っているんです。


演劇という方法がビジネスシーンや日常生活に役立つ・より良い人間関係構築に有効な方法である
と言われるようになり、注目されつつあります。




演劇の興味深いところは、


抑え込まれた自分の本当の感情を解放することで自己を受け入れることができるようになり、
その中で喜びが得られたり

自分を表現して人に見てもらう/人と関わることでちょっとだけ勇気が要るかもしれないけれど不思議な高揚感が得られることにあります。



『より良い自分』や『人と人との繋がり』が求められる昨今、

演劇は『何度でもやり直しがきく』世界だからこそ
演劇の経験の中で得られたことを、
あなたの日常生活に明日から活かすことができます。  

       


人は大人になるにつれ、
『人からどう見られるか』が気になって本音を包み隠してしまったり
『恥ずかしい思いをしたくない』と考えるようになります。


ですが、

「人からどう思われるか」が気になるあまりに
自分の心を抑圧・我慢し続けることは
悲しいことです。


演劇の空間では、
自分の感情を抑え込まない・我慢しないで本音を大事にしていきます。


演技やその他の芸術(表現活動)においては、
『人からどう思われるか』よりも『自分がどう感じるか』が重要だからです。




初めての方大歓迎のENTRY ACT演劇ワークショップでは

演劇が初めての方への入り口(エントランス)として


単なる見せ方の技術ではなく、


演劇ならではの
『心の奥から湧いてくる感情』を大切にしながら進めていきます。




『演技は難しい・自分には出来ないんだろう』
『演技がわからなくなってしまった』
と思っている方にこそ、
ENTRY ACTのワークショップにご参加いただきたいと思っています。




演劇ワークショップは「演技における確かな方法論」を用いてカリキュラム編成をしております。

→方法論や論理と聞くとむずかしそう・・・、と感じてしまうかもしれませんが
実はむずかしく頭で考える必要は一切ありません!




自分の心が解放されて、
日常(リアル)では言えない・できないことができる、
演劇だからこそできる「表現することの真のおもしろさ」
を存分に楽しんでください。





【メソッド演技法】という、
昔から演劇界においてしっかり確立されてきた「心の方法論」を用いて進めていきます。

→参加者様同士もすぐ馴染めますし、緊張も知らず知らずのうちに和らいでいきます。





『メソッド演技法に基づいたカリキュラム編成』


・・・演技講師が自身の現場の経験や、演技を学び続けてきた知識を元に【心】を中心とした演技を、確実な方法論を用いて学んでいただける場となっています。

インプロ(即興)ゲーム・「感情の記憶」・「正当化された無言のエチュード」など、カリキュラムは多岐に渡ります。
(参加者様に合わせ、毎回内容は変わります。)






『ひとりひとり丁寧にフィードバック』


・・・講師が自分のことを見てくれているのか不安な方 おひとりおひとり講師がしっかり見て、受け止めます。

また、ご希望があれば受講の目的に合わせて、個別相談をお受けします。
お悩みに合わせたカリキュラムの考案も随時しています。
受講目的・レベルに合わせて内容を変えていきますのでご安心ください。


ご参加人数は8名様程度となっております。

講師の「おひとりおひとりを丁寧に見させていただきたい」という意向によりこちらが定める人数以上のご参加受け入れは出来かねてしまいます。

より実のある3時間にするため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。




ENTRY ACTの演劇ワークショップを体験をしてみた方からは
「感情が出てくるのが自分で感じられた」
「不思議な体験でした」というように

演技の中で自分の感情が湧きあがるのを経験できたという声や

「人と一緒に演技するのが特に面白かった」
「終わってみて、思ったよりできる、もっとできると思いました」というように

人前で演技として会話したり体を動かすことへの自信を得られた/楽しめたという声を多く頂きます。







実は身近なのに遠く感じられがちな『演劇』。


ここで得られる「楽しい!」は、
遊びに行く楽しいとは違う
喜びが伴う充実感からの「楽しい!」です。

1回3時間、一緒に充実感溢れて日常まで変えていってしまうようなワクワクドキドキの演劇空間を
心ゆくまで「楽しんで」いってください。


※他の窓口からのご予約を含めて参加者様は毎回8名様程度とさせていただいております。ストリートアカデミー上の窓口数は毎回変動いたしますことをご容赦くださいませ。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格

¥4,200

受けたい
464人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

日常に活きる自己解放•自己表現を楽しく提供☆がテーマ

演じる、の入り口ENTRY ACTにて演技講師を務めています。
日常生活を送る上で切り離すことができない『自分の感情』『人とのコミュニケーション』。
役者ではない方にも人生に役立つスキルを、ワークショップでご提供させていただいております。

演劇は娯楽のひとつなので、
気楽、お気楽にご参加ください。

【経歴】
都内芸能プロダクションにてメソッド演技を学び、その他 社会人劇団にて舞台を経験。
映像演技(ドラマ・TVCM・バラエティ番組・DVD等)も経験がある。
演劇やその他芸術分野で活動は多岐に渡る。
中でも演劇の表現に魅了され,演劇業界を全国に広げる活動に力を入れている。
過去1,000名の受講生(未経験者~プロ)を担当。
演劇業界で週末起業後10カ月で完全脱サラし、担当の演技レッスンクラスは全クラス満席。
単発クラスは2.5名に1名のリピート率・演技レッスンは90%のリピート率。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ○コミュニケーションゲーム
    ○ゲーム感覚の即興
    ○台本を使って演技をしてみるテキストレッスン

    参加者様のご参加動機に合わせたカリキュラム編成を毎回しております。
  • こんな方を対象としています

    演劇未経験の方もご安心ください☆
    もちろん、ブランクがあって不安という方も歓迎です!
  • 受講料の説明

    受講費用に資料•お水代が含まれております
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    【服装】
    私服で構いません。
    女性の方は、短いスカートでのご参加はできるだけお控えください。

    お靴を脱いでのご参加となりますが、上靴は必要ございません。

review

レビュー

  • 53

  • 楽しかった!( 36 )

  • 勉強になった!( 19 )

  • 行く価値あり!( 31 )

  • 女性 40代

    この講座は「自分再発見」でした

    普段は会社員をしていて、演劇経験もこれからやる予定もないのですが、見るのは好きで未経験者歓迎だったので、参加させていただきました。ゲームあり、即興あり、台本あり、充実の3時間でした。
    先生の考え方にもよると思うのですが、役になりきるのではなく、自分の中にあるものをうまく使うと未経験者でもそれなりのお芝居?ができるのかなーと。興味深い体験でした。時間があれば、コースにも参加してみたいです。

  • 女性 20代

    この講座は「日常に活きる自己表現・感情解放 初めての方大歓迎演劇ワークショップ」でした

    はじめてのワークショップでしたが、とても楽しかったです。
    もっと演劇について興味が湧きました。

  • 女性 50代

    この講座は「初体験の喜びでした」でした

    演技志望者ではない会社員の私ですが以前よりメソッド演技法には自己解放という視点から興味があり本も読んでいたのですが、やっと実践できました。 講座の中で「なるほどこうやって自己解放するんだな」と確認しながら受講したのでとても納得感が高かったです。 本を読んで理解していても自分で実際に動いて体感すると、「へ~、自分ってこんな風に反応するんだ」と再確認出来て、意外に恥ずかしがらないでやれるもんだと思ったり、集中すると緊張しないで済むと実感できたり・・・ お勧めです!

  • 女性 30代

    この講座は「楽しかった」でした

    自分の殻を破ることができるようなワークショップでした。
    先生も気さくな方でまた、受講したいです。

  • 男性 40代

    この講座は「1回のみ価値があります。」でした

    単発のワークショップはよくても、その後、演劇について学びたいという人には???です。演劇初心者である顧客のリピーターなどを考えているとは思えませんでした。

  • more

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています