「だれもがリーダー」行動のヒントを体験する!

7つの影響力、リーダーはどの影響力を基盤にするか?

こんなことを学びます

影響力・・・
わたしはなぜあの人のためにやりたいと思うのか?
わたしはなぜあの人の言うことを聞くのか?

もし自分がリーダーという立場になったら、どうしたらチームや部下にやってもらいたいことをやってもらえるのか?

影響力には、大きくわけて、パーソナルパワーとポジションパワーがあります。

パーソナルパワーは、リーダーから感じられる「なにか」によって生じるもの。
ポジションパワーは、権威がリーダーに与えた地位によって生じるもの。

状況対応リーダーシップ®では、パーソナルパワーとポジションパワーをさらに分類して、7種類のパワーを定義しています。

パーソナルパワーとして3種類
ポジションパワーとして4種類

パーソナルパワーは、その特定のリーダーから感じられるもので、

専門力
情報力
人格力

ポジションパワーは、権威がそのリーダーに与えた地位によるもので、

規制力
コネ力
褒賞力
公権力

パーソナルパワーもポジションパワーも、リーダー自身が自分で持っていると感じていても効力がないかもしれないという点に注意してください。
パワーは、自分が持つものではなくて、相手が感じるものです。

「自分に専門力がある」と思っていても、相手がそう感じているとは限りません。
部下はそう感じているかもしれないですが、奥さんや子どもたちは感じていないかもしれません。特定のパワーが強いか弱いかは、状況によって異なります。

あなたに「人格力がある」と、奥さんや子どもたちは感じているかもしれません。でも、部下はそう感じていないかもしれません。どのパワーが感じられているかは相手によって異なります。

影響力(パワー)は結構複雑です。

そんな影響力について、公開勉強会では、自己診断、他者診断をしてみます。
また、研修ゲームによって体験的に実感していただきます。

初めての方、初心者、どなたでもご参加できます。
リーダーシップ研究アカデミーの不定期の公開勉強会です。
年3回程度開催を予定しています。

公開勉強会では、状況対応リーダーシップ®活用のヒント!、状況対応リーダーシップ®基本の基本、リーダーシップ開発やチームビルディングに結びつく研修ゲームなどから、テーマを選んで勉強会を行っています。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

高円寺・荻窪

価格(税込)

¥3,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

この講座の先生

石井 和加子のプロフィール写真
CLSJapan上席研究員/S.L.専属トレーナー

石井 和加子

青山学院大学法学部大学院修了。

㈱三菱ビジネスシステム入社。システム開発課在籍。システム開発及びユーザー向け講習会講師担当。1991年、社会保険労務士試験合格。石井和加子社会保険労務士事務所設立。その後、労務管理を主に、企業セミナーや研修に携わる。日本マンパワー認定「年金コンサルタント」資格取得。
日本ファイナンシャルプランナーズ協会「ファイナンシャルプランナー(AFP)」資格取得。
リスクマネジメント協会 PRM(Planner of Risk Managemenet)資格取得。

2000年、「状況対応リーダーシップ®指導員」資格取得後、数々の企業のS.L.研修を担当。特に外資系企業を多数担当。
2009年、S.L.副主任研究員に就任
2012年、上席研究員に就任

【主な著作】
「状況対応リーダーシップ(R)事例集Ⅰ」(シーエルエス出版、2002)共著
「状況対応リーダーシップと論文の関連について」(リーダーシップ研究大学、2011)

この講座の主催団体

リーダーシップ研究アカデミー公開勉強会

テキスト「12のリーダーシップストーリー」(http://goo.gl/EwNbzn)を使って。

リーダーシップ研究アカデミーは、使えるリーダーシップを学び、新しいリーダーシップを考えていこうという仲間の集まりです。一方的に学ぶだけではなく、お互いに学び、教え、共有し、創造していく研究会でありたいと思っています。

公開勉強会では、すでに行動科学の領域で有効性が証明されている状況対応リーダーシップ®と行動科学の理論を使います。これらの考え方は、テキスト「12のリーダーシップストーリー」でわかりやすく解説されています。

事前にテキスト「12のリーダーシップストーリー」を読んできていただきますが、行動科学や状況対応リーダーシップ®の基礎をしっかり学びたい方は本アカデミーのラーニング講座などを受講してください(必須ではありません)。


【リーダーシップとマネジメントを学ぶラーニング講座】
状況対応リーダーシップ®は、シン... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【日時】2017年12月16日(土) 午前9時半から午後1時まで
    【内容】
     ・研修ゲーム「休暇はとれるか」体験
     ・状況対応リーダーシップ®導入事例発表

    【ファシリテータ】S.L.認定トレーナー
  • こんな方を対象としています

    初めての方、どなたでもご参加頂けます。
  • 受講料の説明

    受講料には場所代等、全て含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    筆記用具をお持ちください。

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • M1

    男性 40代

    この講座は「ゲームを楽しみながらリーダーシップを学べる講座」でした

    研修前半の研修ゲーム(ヴェロン記念塔)は、ゲーム感覚でチームの意見を整理するスキルを学ぶことができました。
    自分の意見を主体的に発言しながら、問題に対するチーム内での回答を整理するのは大変でしたが、最終的にはチームでの答えを出すことが出来て、良い経験ができました。
    研修後半は、上司が部下を指導するケースを想定したワークを行い、部下のタイプ・状況に合った指導について体験することができました。
    部下のスキルだけでなくモチベーションなども考慮して、指導方法を変えていく方法を学ぶことができたため、良い経験になりました。

  • この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています